2017-11

ウラジオストク旅行記(1日目/ウラジオストク空港~ホテルへ)  - 2016.09.07 Wed

2016年6月のロシア、ウラジオストク旅行1日目です。

P6092600VLA.jpg
↑この飛行機が何だったのか思い出せません。デジカメのタッチパネルで知らぬ間に触っていたようです。

成田からたった2時間半のフライトで着いてしまうウラジオストク。
日本から一番近いヨーロッパです。

P6092601VLA.jpg

まずは緊張の入国審査。おそロシア。

私たちのパスポートには、使わなかった4月分のビザがそのまま付いていたりも
しましたが、それほど時間もかからずあっさり通過。ロシア、案外こわくない。

到着ゲートを出てすぐ、現地の係員の方に会えました。ひと安心。
タクシーの勧誘が何人か立っているくらいで、のんびりした雰囲気でした。

P6092604VLA.jpg

キリル文字が分からなさすぎて、わくわくします。薄暗いのもロシアっぽい。

P6092602VLA.jpg

旅行会社の車でホテルまで向かいます。曇っていて、ちょっと肌寒いです。

P6092605VLA.jpg

6月上旬ですが、日本だと桜が咲く頃のような気温かな。

P6092608VLA.jpg

ウラジオストクは、極東ロシアの海に張り出した軍事都市。
かつてソヴィエト時代などは、外国人の立入が制限されていたのだと言います。

そんな経緯もあり、何となく中国の東北地方、大連とハルビンを足して2で割って
もっと殺風景にしたような街なんじゃないかなと勝手に想像していました。

でも、思ったよりずっと普通にヨーロッパです。なかなかに美しい街並み。

P6113178VLA.jpg

そして、坂が多い港町でした。サンフランシスコに似ていると感じる人もいるそうです。

P6113215VLA.jpg

さて、ホテル着です。利用したツアーではホテルは指定不可で、代理店さんの
さじ加減やその他の事情で決まるようです。

P6092609VLA.jpg

ウラジオストク駅にほど近い、「プリモーリエホテル」でした。暗い。

翌日明るい時に撮った外観も載せておきましょう。

P6113240VLA.jpg

なんかとりあえず細長いホテルです。

P6092625VLA.jpg

中に入ってもやっぱり細長い。

高級感はあまりないけど、小ざっぱりした清潔感があって好もしい雰囲気。

P6092623VLA.jpg

窓辺にはアムールトラの置物。肉球すごい。

P6092621VLA.jpg

フロントは英語対応でした。カウンターに置かれたホテルガイドのモニターには、
日本語表示もあります。ちょっと変だけど。

P6092622VLA.jpg

外国人は滞在登録(レギストラーツィア)のため、パスポートをいったん預けるように
言われました。手続きを待つ間に、自室で荷解きなどしておきましょう。

上層階にはエレベーター(超絶小さい)か階段を利用して向かいます。

廊下の写真、まともなものがなくてすみません。こんな感じです。

P6102906VLA.jpg

さて、お部屋に向かいましょう。

ウラジオストク空港からプリモーリエホテルまでの移動の話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

さえさん、電車の中で拝見していたのですが、面白すぎて吹き出してしまいましたよ^^;
おそロシアって。。。そして、ホテルのモニター。。。この2箇所が吹き出しポイントでした。

ウラジオストクって、おっしゃる通りもっと殺風景なのかと思っていましたが、風景写真ではなんか想像より風情がありますね〜。
続きのレポート、楽しみにしてます!

おそロシアの浦塩ですね(笑)
成田から2時間半ですか…近くて遠いロシアですね。
ロシアは明るいイメージがありませんが、期待を裏切らない薄暗さで良かったですw
変でもホテルのモニターに日本語があるということは
それなりの数の日本人が行っているということなんでしょうか。
ロシアっぽい色合いの廊下の先の客室が気になります。

EkaterinaYoghurt さんへ

EkaterinaYoghurt さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

うふ、楽しんでいただけたみたいで良かったです。
「ホテルでプリモリエ」っていうモニター、じわじわ来ますよね。
Google翻訳とかにかけちゃったんでしょうか。

そう、もっと無機質で四角い建物ばっかりかなあと思ってたんですよね。
ホテルはその通りだったんですが(笑)、街はちゃんとロシアでした^^
また続きも読んでやってください!

ワンとも さんへ

ワンとも さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

ウラジオストクはかつて日本人がそれなりに居住していて、浦塩とか浦潮とかの
漢字をあてていたのだそうですね。

日本人は、観光客は見かけなかったのですが、貿易港なので商用で訪れるビジネスマンも
いらっしゃるようです。あとは駅に近いので、シベリア鉄道に乗る前後泊で
1日だけホテル利用、みたいな使い方もあるのかも。

なんか全体的に薄暗ーい感じ、ロシアっぽいですよね(笑)。イメージ通りでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toburaeba.blog.fc2.com/tb.php/423-5221998b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウラジオストク旅行記(1日目/プリモーリエホテル・ツインベッドルームの客室)  «  | BLOG TOP |  » ウラジオストク旅行記(1日目/熊本~東京・S7航空)

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR