2017-10

フィンランド・エストニア旅行記(4日目/ランシターミナル・タリン行き高速艇) - 2013.10.13 Sun

ヘルシンキ滞在も4日目、船で国境越えをしてエストニアの首都、タリンへ行く日です。

「船で国境を越える」などと言うと、ものすごいことを成し遂げる雰囲気です。

でも実は同じユーロ圏かつシェンゲン条約加盟国どうしなので、入国審査も
両替もいりません。そこそこ手軽な片道30€の日帰り旅です。

IMG_6897.jpg

9番のトラムで港につきました。

タリン行の船はマカシーニ・ターミナルから出るリンダラインもありますが、
私達はランシターミナルからのタリンク・シリアラインを利用しました。

ビルのように見えますが、この白いのが船です。

IMG_9061.jpg

ターミナルのまともな写真が残っていません。雰囲気だけお楽しみください。

IMG_3693.jpg

IMG_8798.jpg

いよいよ乗船です。ヘルシンキからタリンまでは約2時間の航海です。

IMG_7007.jpg

この船では、楽しい出会いがありました。

乗り場で隣り合わせたフィンランド人の紳士とお話しするうち、タリンまでの旅路を
ともにすることになりました。

職業はエンジニア。ユッカさんというお名前の、ダンディなおじさまでした。
週末を利用してタリンへ行き、ワークショップかセミナー(?)に参加するのだそうです。

船内は広く、テーブル席にソファ席、ラウンジ、スーパーなど盛りだくさんです。
私たちはカフェテリアへ行きました。


IMG_2219.jpg


ユッカさんがコーヒーをごちそうしてくれました。

IMG_3349.jpg


彼はタリンへよく行くらしく、旧市街の見どころや安くておいしいビールの
銘柄を教えてくれたりしました。

しかし如何せん自分の英語力が追いつかず、もどかしくもありました。

興味深かったのは、エストニアの独立の時はとても驚いたと言っていたことです。

エストニアを含むバルト3国の独立が国際的に認知されたのは1991年のこと、
私は中学生でした。
20年後にふらりと旅行で訪れる事になるなんて、当時は想像もしませんでした。

地理の授業で、教科書の「ソヴィエト連邦」の項目を丸ごと飛ばしたことしか
覚えていません。
国ってそんな簡単に無くなるものなの?と当時は思いましたが、どう考えても
簡単ではなかったはずです。

この時すでに大人だったユッカさんの目には、エストニア独立は、そして
ソヴィエトの崩壊はどう映ったのかな。

でもそんな込み入った会話ができる語学力はありません。

「FINISH PEOPLE はコーヒーとヨーグルトが好き」というユッカさんの発言の
意味が分からなくて、それがFINNISH PEOPLE(フィンランド人)の聞き間違いだと
気付いたのは15分後くらいでした。フィニッシュピープルて。

もっと英語を勉強したいなと思いました。というか旅行に行くたびに思っています。

いつの間にか雨が降ってきました。
デッキに出てみると、甲板はずぶ濡れです。

IMG_5242.jpg

Sさんも私も傘を持っていないけれど、大丈夫かしら。

心配しているうちに、タリンの港が見えてきました。次回はタリンへ上陸です。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

旅の醍醐味!

ステキな出会いがありましたね~☆
私の場合は『写真を撮ってもらえませんか~?』と
声をかけるのが精一杯で
そこまでじっくり会話を楽しむことまではできなかったので
さえさん、すごいな~!と感激しちゃいました☆
まさに旅の醍醐味、一人旅ならではの思い出ですね!

そして英語、私ももっとちゃんと勉強したいな~と
思いつつなかなか・・・
話せると一気に世界が広がりますもんね
買ったままの単語集、ひっぱり出して来ようと思います 笑

うっかり・・・!

次の記事を読ませていただいてハッ!としました~
一人旅ではありませんでしたね、ごめんなさい!

かおりさんへ

かおりさん、こんばんは!
次のコメントで訂正してくださってるとおり(笑)
私は友達と二人だったからこそ、話せたのかも、、、
一人旅だと、お話しできるのは嬉しくても何だか警戒して
しまうかもです^^
写真を撮ってほしいって声をかける相手も、すごく
迷っちゃいますよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toburaeba.blog.fc2.com/tb.php/28-7f437246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィンランド・エストニア旅行記(4日目/タリン旧市街・トーマス号)  «  | BLOG TOP |  » フィンランド・エストニア旅行記(3日目/イッタラ工場・ヘスバーガー)

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR