2017-07

伊勢・岐阜旅行記(2日目/内宮参拝・おはらい町で赤福) - 2015.01.24 Sat

2014年神無月のお伊勢参り旅行2日目、内宮に参拝します。

まずは手水舎で手を清めますが、もう少し先にも御手洗場というのがあります。

簡単に言うと、川です。

DSCN2979OIS.jpg

五十鈴川の水で手を清めることができるので、これが本来の形に近いのかもしれません。
いつもこちらにも立ち寄って、水に手をひたして清めることにしています。

DSCN2981OIS.jpg

森を抜けて皇大神宮の正殿へ。

DSCN2982OIS.jpg

着きました。写真を撮って良いのは、この階段の下までです。

1281OIS.jpg

数年ぶりにお参りをしました。

無心に手を合わせていたはずなのに、小さい頃、大好きだった祖母に手を引かれて初めて
ここを訪れた時のことを思い出し、ちょっと泣きそうになったりしました。




敷地内には別宮もたくさんありますが、すべて回るのはなかなか大変です。

第一別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)にはお参りしました。行列の出来る別宮です。

127OIS.jpg

それにしても、敷地内は5500ヘクタールほど。ピンとこない広さです。

ひとことで表すなら、広い森。神社って言うか、森です。
ひたすらに静かで深い森の中に、ぽつぽつと真新しい社殿。

DSCN2983OIS.jpg

お寺は御堂や仏像が古いほどありがたみを感じるのに、お伊勢さんはせいぜい20年です。

唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)の正殿は常にそこそこ新しいし、そもそも囲われていて
よく見えません。ご神体だって、目にすることはありませんよね。

DSCN2984OIS.jpg

この実体のとらえ難さが、いかにも伊勢神宮らしいと思います。

何だかよく分からないけど神様のおわしそうな雰囲気があって、静謐で清浄な森が
ただただ広がっている。本当に不思議なところです。

DSCN2985OIS.jpg

そしてこの広大な森林を維持し、たくさんの社殿や橋を20年ごとに一新し続けているのって、
やっぱりすごいです。興味のあるかたは、一度いらしてみてください。

DSCN2987OIS.jpg

お参りを終えて、再び五十鈴川を渡ります。おはらい町は、やっぱり大混雑でした。

DSCN2994OIS.jpg

神域を出た途端の、とてつもなく俗っぽい雰囲気が楽しいところです。

DSCN2993OIS.jpg

さて、何はなくとも赤福でしょう。お土産に買うより、店先でいただくのが好きです。

IMG_5543OIS.jpg

赤福は3個セットで290円のお手頃価格。番茶もついてきます。

133OIS.jpg

夏は赤福氷、冬は赤福ぜんざいと季節ごとの楽しみもあります。赤福氷も好きです。

なめらかな餡の、しっかりした甘み。出来立ての赤福は、柔らかくて美味です。

IMG_3268OIS.jpg

暖かい番茶をいただいて、ゆったりした気持ちで休憩できました。

久々のお伊勢さん、はじめて夫と一緒に参詣できて良かったです。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ウチは式年遷宮の前年に初めて行きましたけど、
今はもうすっかり新しくなってますね。
木が白いうちにまた行ってみたいです。

赤福はすぐ入店できました?
ワンとも達が行った時はスゴイ行列だったので
諦めて臨時駐車場の近くで買って帰ってきました。

ワンともさんへ

ワンともさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

2012年に行かれたんですね。
一番年季が入った状態をご覧になったのならば、それなりに新しいうちに
行くとまた違う印象を受けそうですね^^

赤福は、並ばずに入れてラッキーでした。
比較的人の少ない、内宮前支店に行ったからかも。

少し離れた本店のほうは大行列でしたね。

本来なら、川で手や口などを清めていたというのは、なるほどと思いました。
静謐な空気感の中に神様がいらっしゃりそうな・・・広大な森、そんなところから信仰って生まれたのだろうな〜と・・・それが日本の神様信仰として自然だろうと思いました^ ^

神様を拝んでいる時、おばあさまを思い出してエモーショナルになられたのは少しわかる気がしました。
私も拝む時は、少なからず神聖な気持ちになって、何だか感情が揺さぶられるようなことが多々あります。

最後は赤福!その場で食べたことがないので行ってみたいです。
前回の遷宮の時にしか伊勢には行ったことがないので、そろそろ行きどき?と誘われてしまうような記事でした^ ^
あ〜、なんかアンコものが食べたいよ〜^ ^

EkaterinaYoghurt さんへ

EkaterinaYoghurt さん、こんばんは。コメントありがとうございました。

お参りしていて祖母を思い出したのは、不思議な気もするし必然のような
気もしました。
伊勢のスケールが大きいせいか、色々な思いが去来しつつ、全部まあいいか
みたいな気持ちになりました。

赤福、すぐ固くなるので、お店で出来立てほやほやを是非一度味わって
みてください!
前回の遷宮となると、けっこうご無沙汰ですね^^
写真を見て、わたしもまた食べたくなっちゃいました♪

神聖な森☆

たしかにあの独特の雰囲気って
そこを歩くだけで体の中も心も
すべてが清められていくような気持ちになりますね!
五十鈴川で手を清めるのは知らなかったです~
次回があればぜひやってみることにします☆

そしてやっぱり赤福☆
私も赤福氷もどちらもいただきましたがおいしいですよねっ☆
お姉さんたちが餡を餅にペタっと
つけるところが見れるのも楽しいですし♪
うちの田舎は比較的東海に近くて
最寄り駅に普通に赤福が売ってるので
買ってきてもらおうかな~(笑)

かおり さんへ

かおりさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

何でしょうね、あのお伊勢さんの独特の雰囲気。。。不思議なところです。

五十鈴川で手を清めるの、赤ちゃん連れだと大変かもですが(笑)、
ぜひ一度試してみてください♪

そうそう、赤福のお店だと、ほんとに手作業でどんどん作っていく様子を
見られるのが楽しいですよね。

実家近くで赤福が売られているんですか~
でも関西~東海だと、けっこう広範囲の駅の売店に置いてありますね。

一度にそんなにたくさん食べられる訳じゃないせいか、しばらくするとまた
食べたくなる味なんですよね~^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toburaeba.blog.fc2.com/tb.php/226-0afd35d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊勢・岐阜旅行記(2日目/伊勢市駅前で昼食~JR岐阜駅まで移動) «  | BLOG TOP |  » 伊勢・岐阜旅行記(2日目/伊勢市駅から内宮へ参拝まで)

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。3日に1度を目途に
更新する旅行記ブログです。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (0)
東南アジア (31)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (7)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (1)
中国 (41)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (10)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (21)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (24)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (7)
その他 (35)
旅のお仕事 (20)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR