日帰り旅/玄界灘(道の駅むなかた・レストランはまゆう)

4 0
2014年8月、日帰りの福岡旅の続きです。宗像大社を後にしました。

DSCN2578MKT.jpg

玄界灘はすぐそこです。ランチはおいしいお魚をいただきましょう。

海鮮を食べられる飲食店が道沿いに並んでいましたが、ベタに「道の駅むなかた」です。
週末には駐車するのも一苦労というほど、人気の道の駅なのだそうです。

DSCN2579MKT.jpg

この日は平日で、特に問題なく入ることができました。とは言え、それなりの混雑です。
売店にはお土産もののほか、地元の野菜と新鮮な魚介がたくさん売られています。

DSCN2580MKT.jpg

安くて魅力的なものも色々あるけれど、お魚は持って帰るのが大変なのであきらめました。

DSCN2581MKT.jpg

さて、お昼ご飯です。レストラン「はまゆう」はセルフサービス式の食堂です。

DSCN2582MKT.jpg

夫は海鮮丼。鯛とハマチ、イクラだったかしら。ハマチというよりブリかな。

056MKT.jpg

お味噌汁つきで1080円だったと思います。

私は玄海茶漬け。これもうろ覚えですが800円位で、お漬物と貝汁付きセットでした。

055MKT.jpg

お醤油ベースのごまダレに漬かっているのは、日替わりのお造りです。

059MKT.jpg

ごまダレごとご飯にたっぷりかけて、ざくざく行きます。
これがもうびっくりするくらいの美味しさでした。

ちなみにお茶漬けと名のっていますが、カウンターにポットが置いてあってお好みで
お茶をかけてくださいという、若干適当な運用です。そういうの嫌いじゃないですが。

057MKT.jpg

しっかりした歯ごたえで、濃いめのタレにも負けないだけの、素材の力強さを感じます。

玄界灘に本気を出されたら、熊本のお魚は負けるかもと思います。
何の勝負か分かりませんが。

このレストランは、食べログのレビューでは余り評判が良くないので、ちょっと
油断していたかもしれません。玄界灘、全くもっておそるべしです。

まあ確かにフライや天ぷら、その他のおかず類などは懐かしの学食みたいな雰囲気
だったので、ものによっては外れもあるかもと思います。

そしてお魚の質は、その日の仕入れ状況によっても変わりそうですよね。

週末に30分待って入ったという口コミも見ましたが、並んでまで食べる価値があるかと
問われると、難しいところです。この時は、とても満足のいくものでした。

くらくらするほどおいしいお魚を食べた後は、ちょっと一息つくためにデザートです。

063MKT.jpg

あまおうとブルーベリーのミックス。さわやかで、暑い季節にもぴったりの味わいでした。

道の駅の裏手は、すぐ海です。

060MKT.jpg

せっかくなので、もう少し海を楽しんでみましょうか。
次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事
ページトップ