2017-04

2017年4月「たびねす」掲載記事  - 2017.04.29 Sat

Travel.jp「たびねす」のライター仕事、2017年4月も2本書きました。

3月頭に3泊4日、蘇州へのファムトリップに参加した関連記事です。
蘇州の世界遺産「芸圃」と、佐賀空港について書きました。

P3041181sg.jpg


下記のリンクのタイトルをクリックすると、別ウィンドウで開きます。
ご一読いただけたら、とても嬉しいです。




いちいち想像を超えてくる!佐賀空港の驚きポイント5つ

路地裏の世界遺産!蘇州観光の穴場「芸圃」で庭園散策




中国本土への旅について、たくさんの方に読んで楽しんでいただける記事を
書きたいとずっと思っています。

なかなか難しいな。

佐賀空港は初めて使ってみて、いろんな発見や驚きがありました。

なんだか良い意味で佐賀っぽくて、素敵な空港です。
とにかく周りに何にもなくて、見晴らし良すぎて、じわじわきます。

九州在住のライターとして、こういう場所をもっと紹介していこうと
思わせてくれるような空港でした。

今日は告知でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト

宮古島旅行記(1日目/島内ドライブと夕食)  - 2017.04.26 Wed

2017年1月の沖縄宮古島、1日目の残りの写真をアップしておきましょう。

194MYK.jpg

滞在中はずっとレンタカーを借りていたので、ちょこちょこ出かけました。
雑すぎる写真でお届けする「宮古島まもる君」。

P1074616MYK.jpg

ホテル前の与那覇前浜ビーチから見えていた来間大橋、気になったので
ドライブがてら近くまで行ってみました。

P1074624MYK.jpg

このあたりの砂も、さらさらのパウダーサンド。きれいです。

P1074623MYK.jpg

今回宿泊した「宮古島東急ホテル&リゾーツ」はとても素敵なホテルだけど、
周囲には何もありません。

ホテル内で食事をするのでなければ、レンタカーかタクシーで外へ出る
必要があります。

夕食は迷ったけれど、シギラリゾートの関連施設へ行ってみました。
アジアンリゾートっぽいのを想像していたけど、ちょっと違うような。

P1074649MYK.jpg

ホテルブリーズベイマリーナの向かい、「琉球の風アイランドマーケット」。

P1074650MYK.jpg

屋台村と名乗っていますが、フードコートっぽい感じかな。

P1074651MYK.jpg

ヒラヤーチー。平たく言うと沖縄のお好み焼きですね。

218MYK.jpg

グルクンの唐揚げ。オリオンビールとともにいただきます。

220MYK.jpg

味はまあ、普通かなあ。

品揃えの充実したお土産屋さんが併設されているし、ステージでは三線の
生演奏が行われていたりして、楽しい施設です。

P1074652MYK.jpg

特にシギラ系列のホテルに宿泊する時ならば、とても便利だと思います。

お酒はホテルの部屋でゆっくり飲むことにして、早々に宿へ帰りました。

P1074658MYK.jpg

何だかムーディー。

ホテルの売店で買ったお酒やおつまみで、のんびり過ごします。
オリオンビールのほかに、宮古島の泡盛をいただきました。

221MYK.jpg

「多良川」。地元の人の発音だと「タラガー」と聞こえます。

宮古島1日目、いつものことながら特に何もしていないけれど、大満足でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

宮古島旅行記(1日目/与那覇前浜ビーチの夕焼け)  - 2017.04.23 Sun

2017年1月の沖縄・宮古島の話です。

宿泊した「宮古島東急ホテル&リゾーツ」の目の前には、東洋一の呼び声高い
「与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ」があります。

お天気はあまり良くないけれど、ぎりぎりサンセットが見られそうな気がして
ビーチに行ってみることにしました。

宿泊していたオーシャンウィングのロビー階から外へ出て、庭を抜けると
もうビーチに出られます。

P1074630MYK.jpg

東洋一ってどんなんやねん、とちょっと思いつつ、見えてきたのは

P1074626MYK.jpg

粒子の細かい、さらさらのパウダーサンド。

P1074595MYK.jpg

ビーチリゾートにそれほどたくさん行った事がある訳ではないけれど、確かに
アジアのビーチでこんなにきめの細かい砂はあんまりないかも。

くもりまくった空で海の透明度は分かりづらいれど、期待できそうな感じ。
ベストシーズンでよく晴れたお天気だったら、めちゃめちゃきれいなのでしょうね。

P1074594MYK.jpg

自分が見たことのある海で比べるなら、サイパンの離島、マニャガハ島のビーチ
みたいな感じかなあ。

どんより分厚い雲がかかっていても、魅力的でした。遠くには、宮古島と来間島を結ぶ
来間大橋が見えます。

P1074627MYK.jpg

たしかにここは、素晴らしいビーチです。沖縄の海はやっぱりすごい。

そうそう、この時は思いのほか暖かいタイミングで、最高気温が25℃超えでした。

せっかくなので足くらい海に入ってみたい。ホテル内のお土産屋さんに売られていた
ビーチサンダルを買って、波打ち際へ行ってみました。

P1074645MYK.jpg

ビルケンシュトックのEVAシリーズ、水洗いOKの水辺用。

はりきってビーサンを持参しても、めっちゃ寒くてそのまま持って帰ってくるのは悲しいな
なんて思って用意していなかったのだけど、この日は本当に暖かくて余裕でした。
真冬なのにサンダル類がいくつも売店に置かれていて、とても助かりました。

タイミングが良ければ、1月でも足だけ海に入るくらいのことは充分にできるようです。

P1074641MYK.jpg

かなり微妙なお天気だったけれど、夕陽が沈んでいくのが見えます。

210MYK.jpg

空の色が、刻一刻と変わっていきます。桟橋に座って眺めるサンセット。

P1074642MYK.jpg

美しいです。飽きずにずっと眺めていました。

P1074643MYK.jpg

初めての宮古島、素敵な島です。来てみて良かった。

ちなみにホテルの客室に戻って窓の外を見ると、こんな感じでした。

214MYK.jpg

いつも読んでくださってありがとうございます。









関連記事

宮古島旅行記(1日目/宮古島東急ホテル&リゾーツの客室)  - 2017.04.20 Thu

2017年1月3連休の沖縄・宮古島旅行記、1日目の続きです。

宮古島東急ホテル&リゾーツ、宿泊した客室の写真をアップしておきましょう。
オーシャンデラックスツインの客室です。

P1074554MYK.jpg

レセプションのあるほうの建物、オーシャンウィングの最上階である6階の
お部屋にあたります。125センチ幅のベッドでした。

P1074569MYK.jpg

31.2㎡との事ですが、もっと広く感じました。
インテリアはブラウンベースの落ち着いた色使い。好みです。

P1074567MYK.jpg

定員3名、ソファセットは3人で使うことを想定した作りでした。

古い建物だけどきちんと改装されているので、水回りはとてもきれい。

P1074561MYK.jpg

独立型のバスルーム。洗い場も広くて使いやすいお風呂です。

P1074560MYK.jpg

ぶれぶれ写真ですみません。

洗面台もゆったり。

P1074557MYK.jpg

歯磨き用のグラスが南国仕様でかわいいです。

P1074559MYK.jpg

イスがシンクの下におさまる形状で、ドレッサーを兼ねた作りでした。

P1074564MYK.jpg

拡大鏡もちゃんとあります。

P1074578MYK.jpg

高級ホテルとして必要な設備はひととおりある、という感じの安心感。

P1074556MYK.jpg

テレビの並びにミニバーコーナー。

P1074575MYK.jpg

お水は1日2本、無料で置かれました。
ホテル内に売店もあるけれど、やっぱりこういうのは嬉しいですね。

P1074577MYK.jpg

冷蔵庫は空なので、いろいろ買って来て冷やしました。

P1074566MYK.jpg

クロゼットも大き目。連泊が基本の離島ステイ、荷物を置く場所が広いのって
重要ですよね。

P1074565MYK.jpg

総じて居心地の良いお部屋です。気に入りました。

とてつもなくスタイリッシュとか、ラグジュアリーとか、そういうものを求める場合は、
ちょっともの足りないかもしれません。

そんな時は、宮古にもいくつかあるプールつきのヴィラタイプのお宿のほうが
フィットしそうです。シギラとか、ヴィラブとか。

宮古島東急ホテル&リゾーツは、幅広い客層が安心して泊まれる老舗という
感じかなあ。宿泊客は私たちのような中年世代のほか、シニアカップルや子連れの
若いファミリーもいました。

そうそう、バルコニーに出てみましょう。

P1074570MYK.jpg

お庭越しに海が見えます。めっちゃくもりなのにきれい。

このバルコニー、とっても素敵な空間なんですがイスなどがありません。

テーブルセットでもあれば、ここでビールでも飲みながらサンセットを
眺められて最高なのに。

P1074583MYK.jpg

せっかくなので、目の前のビーチに行ってみることにしましょう。
与那覇前浜ビーチ、どんな景色が見られるでしょうか。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

宮古島旅行記(1日目/宮古島東急ホテル&リゾーツへチェックイン) - 2017.04.17 Mon

2017年1月の沖縄、宮古島旅行記、1日目です。

腹ごしらえもできたところで、ホテルへチェックインしましょう。

P1074552MYK.jpg

宮古島には素敵なホテルがたくさんあって迷ったけれど、今回選んだのは
「宮古島東急ホテル&リゾーツ」。

東洋一の美しさという呼び声も高い与那覇前浜ビーチに面した、老舗の
リゾートホテルです。
敷地内の駐車場に車を停めました。建物に隣接していて便利。

シーサーのいるエントランスから入ります。

P1094936MYK.jpg

開放感のある作りで、南国リゾートっぽい雰囲気です。

P1074596MYK.jpg

ロビーの照明が好みでした。二度見。

P1074553MYK.jpg

緑いっぱいのお庭に面したソファ。自然光がたっぷりさしこみます。

宮古島東急ホテル&リゾーツの開業は1984年、30年以上にわたって
愛されてきたホテルです。

P1074625MYK.jpg

レトロな外観。さっぱりと気持ちよく、広いお庭にはたくさんの花や木々。

177MYK.jpg

正面に見えるのはレストラン。赤瓦の屋根にシーサーが乗っています。

187MYK.jpg

海外のビーチリゾートにいるような気分で過ごせます。

P1074589MYK.jpg

プールは冬季休業中でした。

連泊が基本の離島ステイ、コインランドリーがあるのも便利です。

P1084661MYK.jpg

洗濯洗剤を買おうと思ったら、無料で使うことができました。地味に嬉しい。

P1084660MYK.jpg

そうそう、屋上には星を見るためのスペースがありました。
最上階の廊下から階段を昇って行くと

P1074585MYK.jpg

屋上にはデッキチェア。寝そべって星空観賞ができます。

P1074582MYK.jpg

って、めっちゃ曇り空ですけど。晴れたらきれいな星空でしょうね。

P1084869MYK.jpg

宮古島東急ホテル&リゾーツの共用部の話でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

熊本地震の記録:最初の大きな地震から1年が過ぎました - 2017.04.14 Fri

2016年4月14日の熊本地震から、今日でちょうど1年になります。
長かったような、あっという間だったような。

当時たくさんのお気遣いやメッセージをくださった皆さま、そのせつは
本当にありがとうございました。お世話になりました。

1年が過ぎ、変わらず毎日楽しく過ごせていることに感謝しています。

最近の熊本城はこんな感じ。めっちゃクレーンかかってます。

KUMAMOTOC170412.jpg

お城の足もとの桜、今年は間近に見る事はできないけれど、きれいな花が
咲いているようです。

まだまだ先は長いけれど、これからも熊本城を見守っていくことにしましょう。

また、ひとりでも多くの人が熊本に興味を持って、遊びに来てくださるように
熊本のすてきな場所やおいしいものをたくさん紹介しようと思います。

そして皆さま、日本に住んでいる限り地震は起きるものと考えて、ぜひとも
その時への備えを充分になさってください。

最近も全国あちこちで、小さいものですが地震が起きていますよね。

阪神大震災のころから、日本列島は長期的なスパンでの地震の活動期に
入っているのかもしれません。

地震をはじめ、さまざまな災害への備えは、定期的に見直しつつ継続して
いくことが必要なのだろうと思います。

旅行記ブログらしからぬ内容ですが、熊本地震から1年の区切りとして書きました。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

宮古島旅行記(1日目/出発~マグロと宮古そばでランチ) - 2017.04.11 Tue

2017年1月の沖縄、宮古島旅行記です。
沖縄3度目にして、初めての離島。

石垣島をベースに八重山の島々を巡るのが流行っているみたいだけど
私たちが出かけるのは宮古島。安くて、そしてすいているという噂です。

P1074545MYK.jpg

熊本からは那覇空港で乗継になります。乗継待ちに、沖縄気分を味わいたくて
スパむすび。ポーク卵のおむすびという感じかな。

P1074546MYK.jpg

那覇空港から宮古島空港までは、おおよそ50分ほどのフライトでした。

P1074548MYK.jpg

安定の曇り空。南国感があんまりない写真だけれど、空から見た宮古は、
ひたすら緑の島でした。

P1094986MYK.jpg

定刻どおり到着した宮古島空港の到着ロビーに、いきなりいました。

P1074551MYK.jpg

宮古島まもる君。島内各地に立っている警察官型の人形です。

外へ出ると、なかなかの曇り空。2泊3日の旅ですが、最終日までレンタカーを
借りて動くことにしました。

相変わらず行き当たりばったりの旅、まずはランチに行きましょう。

公設市場の2階「眞茶屋」さん。おしゃれさのカケラもなくて、すがすがしい。

P1074612MYK.jpg

宮古ぜんざいなどもあってお茶もできますが、私たちはがっつりごはん。

P1074613MYK.jpg

推しているメニューはこんな感じ。

P1074615MYK.jpg

という訳で、宮古そば。

P1074605MYK.jpg

そしてマグロの漬け丼セット。沖縄に来たら、何はなくともマグロです。

P1074608MYK.jpg

別盛りになっているマグロを、少しずつ白ご飯にのせていただきます。

P1074609MYK.jpg

鮮度が違うのかな。ものすごくおいしかったです。

P1074610MYK.jpg

曇り空だけど、これはなかなか幸先良いスタートかもしれません。

公設市場そのものは小ぶり。連休中だからなのか、時間が遅かったのか、
休んでいるお店も多かったです。

P1074614MYK.jpg

にぎやかな時には、屋外のスペースまで野菜などが売られているようですね。

ともかく初めての宮古島。まずはホテルへ向かいましょう。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

日帰り旅/宇城と上天草(永尾神社・スパタラソ天草)  - 2017.04.08 Sat

2017年2月の日帰りドライブの話です。
すでに「たびねす」の記事(→リンク)で書いた場所の写真も混ざっています。

熊本市内から天草方面へ出かける途中、宇土半島でちょっと寄り道。

宇城市不知火町。その名のとおり、八代海に不知火が見えるあたりです。

ずっと気になっていた「永尾(えいのお)神社。」永尾剱神社とも呼ばれています。

P1285021STA.jpg

道路沿いに鳥居があったのに気づかず、一度通り過ぎてしまいました。初めて行く
場合は、入口がちょっと分かりづらいかな。

というか、神社の全貌が見えてから改めて考えてみると、海側から向かうのが
本来の参道なのかもしれません。

この神社の、海の中に立つ鳥居を一度見てみたいと思っていました。

P1285006STA.jpg

めっちゃ海の中です。厳島神社状態。全体に小ぶりだけど。

P1285000STA.jpg

そこそこ潮が満ちているタイミングのようです。不思議な景色ですね。

P1285008STA.jpg

鳥居を見ながら振り返ると、小高い丘。この上に永尾神社の社殿があります。

P1285019STA.jpg

小さなお社が、海に向かって建っています。清浄な空気が気持ち良いです。

お昼は天草へ。上天草市大矢野町にある「スパ・タラソ天草」でランチと温泉です。

P1285023STA.jpg

まずは腹ごしらえ。館内のレストラン「海席」で、天草の海の幸をいただきましょう。

P1285044STA.jpg

テーブル席もあるけれど、案内されたのは座敷席です。あら絶景。

P1285024STA.jpg

海鮮胡麻だれ丼御膳、1380円だったかな。

P1285027STA.jpg

ゴマだれ漬けの魚はもちろん、わっさーと盛られた海藻がびっくりするくらいおいしい。

P1285025STA.jpg

夫のオーダーした定食のお造りも良かったです。

P1285029STA.jpg

食後は温泉。貸切風呂と大浴場があります。なかなか良いお湯でした。
大浴場だけなら大人500円(2017年4月現在)です。

P1285041STA.jpg

今回は利用していませんが、タラソテラピーを体験できるプールもあります。

ちなみにこの「スパ・タラソ天草」がある大矢野の辺りは、まだまだ天草の前半戦という
感じの場所なのですが、海もきれいです。

P1285035STA.jpg

沖縄かな?と見まごう美しさ。熊本の内海なんですけど。

天草でのんびり過ごして、帰りにもう一度永尾神社へ。夕景を見ておきたかったのです。

きれいでした。

P1285054STA.jpg

宮司さんにお話を聞いたところでは、ここは夕日の写真を撮る名所として知られて
いるのだそうです。この日も三脚とバズーカを持ったおじさまがいらしていました。

こっちはいつものコンデジでがんばります。ぐっとくる夕焼けでした。

P1285063STA.jpg

熊本県内の近場でも、まだまだ知らない、素敵な場所がたくさんありますね。
宇城と上天草の話でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

次の旅行の計画について(2017年4月)  - 2017.04.04 Tue

2017年4月、新年度になりました。

いつになく遅めの桜も、ようやく咲き始めています。

春ですね。

熊本城の桜も、この週末くらいには見頃になりそうです。雨っぽいけど。

P6102999KMC.jpg

復旧作業のため、ずっと通行止めになっている行幸(みゆき)坂。
桜のシーズンということで少しだけ歩くことができました。

満開が楽しみです。



思えば地震からのリカバリだけで終わってしまった昨年のGW。

今年は何も考えずに、遊びに行けそうです。

いつもながら短い旅だけど、そしてあまりかわりばえしない東アジアだけれど、
目的地は初めての街です。

どんな出会いがあるのかな。

いつまでたってもカタコトの中国語、少しでも進歩させたいところです。

さらに先のことを考えるなら、夏休みには遠出したいなと思いつつ、こちらはまだ
予定がたてられない状態です。

目下の近場アジアを、楽しむことにしましょう。

みなさまも良い旅を。
いつも読んでくださってありがとうございます。













関連記事

2017年3月「たびねす」掲載記事  - 2017.04.01 Sat

Travel.jp「たびねす」のライター仕事、2017年3月も2本書きました。

2本とも中国です。江蘇省、蘇州と周荘(周庄)という街について書きました。

3月頭に3泊4日、佐賀から上海浦東へ飛んでの旅行でした。

DSCN5724SZ.jpg
↑これは2015年の蘇州で撮った写真です。

下記のリンクのタイトルをクリックすると、別ウィンドウで開きます。
ご一読いただけたら、とても嬉しいです。




探していた中国はここにある。「周荘」は上海からすぐ行ける水郷

蘇州観光もホテルステイもまったり満喫!スコラーズホテルピンジャンフー蘇州





今回の旅は、江蘇省観光局の方たちが企画してくださったものに、たびねすの
ナビゲーターとして参加したものでした。

とても楽しく、貴重で素敵な経験ができたけれど、絶対にここの記事を書かねばと
思うとそれなりにプレッシャーでもありました。

ふだんの旅では、事前に取材の申込みはしていません。
実際に行ってみて、ぜひと思ったら初めて掲載許可をいただくことにしています。

もともと趣味で行っている旅行なので、記事にできそうなところ、ものを見つけたら
たびねすに書く、というスタンスです。これは多分これからもずっとそう。

その場でスタッフのかたにお声がけしたりするので、掲載許可をいただくのに
手こずることもあるけれど、その代わり、意外としょぼいいまひとつかなと思ったら
記事にしない、ということができます。

今回は必ず複数の記事を書く、という前提での旅です。

楽しみつつも、常に記事の材料を集めねば、素敵な写真を撮らねば、と思いながらの
4日間でした。

そして更に、いざ掲載されてもアクセス数が伸びないと冷や汗、だったりもします。

いつもは個人的な趣味の旅を書いているので、ウラジオストクの記事なんて誰も
読まんやろとか自分でも思いつつ書き散らかしたりしているけれど、今回の蘇州・
周荘は読んでもらわなくてはならないのですよね。

なかなか難しいです。

でも来月もまだまだ書きます、蘇州話。読んでもらえるやつ、書きます。

ブログにも追って旅行記を書いていきたいと思います。

今日は告知でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (9)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (3)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR