2017-01

京都旅行記(1日目/古民家宿「京町家 西倶」へチェックイン) - 2017.01.29 Sun

2016年11月の京都旅行、宿泊したお宿の話です。

276KSG.jpg

初めての町家ステイ。西陣の古民家を1棟借り切って、4人で宿泊しました。
一軒家を丸ごと貸すタイプのお宿は、最近増えてきているように思います。

今回選んだのは「京町家 西倶」さん。
色々ドキドキしながらうかがいましたが、とてもすばらしい宿でした。

ふつうのホテルとは違うので、オーナーと待ち合わせてのチェックイン。
約束の時間にオーナーが鍵を開けて待っていて下さいます。

278KSG.jpg

大きな看板などはなく、扉の脇に控えめな表札がかかるのみ。京都っぽい。

リノベーションされているけれど、雰囲気は十二分でした。美しいです。

PB054152KSG.jpg

ある程度の土地勘があるエリアだったけれど、今出川通りからちょっと中に入る分、
若干分かりにくい場所ですね。その分静かで、本当に暮らしているような気分で滞在
できる立地です。

PB054153KSG.jpg

庭に面した座敷にはちゃぶ台とテレビがあり、居間として使いました。

271KSG.jpg

1階に3部屋・2階に2部屋で定員5名。

PB054141KSG.jpg

ひどい写真ですみませんが、レトロな階段で2階へあがってみましょう。

274KSG.jpg

2階は二間つづきの和室です。

273KSG.jpg

寝室を1階と2階に分けて利用しました。メンバー構成によって融通できますね。

水回りは1階奥にまとまっています。最新鋭できれい。

PB054144KSG.jpg

ガチの町家仕様の台所で「おくどさん」とか呼ばれるかまどだったりしても困っちゃうし、
このくらいでちょうど良い感じ。細長い水回りの雰囲気はそのままで楽しいです。

PB054147KSG.jpg

追い炊きOK、窓もあるお風呂。

トイレも白ベースできれい。

PB054157KSG.jpg

お洗濯もできるので、連泊するのも良いですね。物干し台もあります。

PB054146KSG.jpg

洗面台と別に、ドレッサーコーナーがあるのも便利でした。

PB054164KSG.jpg

座敷の先の庭。昔ながらの町家には井戸があったと聞いたことがあるけれど、
こんな感じだったんですね。

PB054143KSG.jpg

ガラス戸をしめれば、季節を問わずお庭を楽しめます。

PB054142KSG.jpg

居住性は高いのに、昔ながらの町家の風情はたっぷり。満足でした。

PB054165KSG.jpg

「京町家 西倶」さん、貸切ステイの話でした。
ホテル・旅館・ゲストハウス、どれとも違う新しい体験です。

立地や利便性はほどほどでOK、雰囲気のある古民家に手ごろな価格で泊まって
みたいという人には、おすすめです。




いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

京都旅行記(1日目/澤屋の粟餅・北野天満宮・生ゆばでランチ) - 2017.01.25 Wed

2016年11月初旬の京都旅、1日目。おなかも減ったし、ランチに行きましょう。

264KSG.jpg

烏丸今出川からバスに乗って、北野白梅町方面行のバスに乗って、北野天満宮まで
移動しました。

「とようけ茶屋」で生ゆば丼でも、と思ったけれど、車道にはみだすほどの大行列。

PB054132KSG.jpg

とりあえず甘いもので休憩しましょう。並びにある「澤屋」で粟餅です。

PB054131KSG.jpg

小さい方、3個のセットは450円だったかな。お茶が無料で付いてきます。

PB054129KSG.jpg

風味は豊か、食感は軽め。ごはんの前後でもついつい食べてしまう感じです。


食後は北野天満宮にお参りです。参道からすごい人の数。

PB054133KSG.jpg

秀吉の茶会でもやってるのかと思うほどの人出でした。

PB054134KSG.jpg

お参りの後は御土居のもみじ苑でも見て行こうかと思っていたのですが、
「紅葉はまだ色づきはじめです」という京都とは思えない親切な貼紙がありました。
北野天満宮のホスピタリティすごい。

紅葉には早い、という割には混んでいるようだし、今回は見送りましょう。

粟餅を食べたばかりだけど、せっかくなので生ゆばでランチをいただくことにしました。

266KSG.jpg

北野天満宮の脇にある「桜井屋」さんです。

メニューと価格帯はこんな感じ。

267KSG.jpg

生湯葉とか生麩、大好きです。

268KSG.jpg

久しぶりに会ったMちゃんと、つもる話をしながらおいしくいただきました。

おなかもいっぱいになったし、散歩がてら宿へ向かいましょう。

PB054138KSG.jpg

石畳の道を歩きます。

PB054139KSG.jpg

風情ある、名もなき路地。

まあ京都の場合、通りには名前がついているんですけどね。

上七軒は渋すぎて、このエリアに興味が出てきたのなんて30歳を過ぎてからの
ように思います。

PB054136KSG.jpg

「北野をどり」も一度見てみたいなと思っています。

北野天満宮界隈の話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

京都旅行記(1日目/出発~京都御所界隈)  - 2017.01.22 Sun

2016年11月、年に1度の京都旅行の話です。

紅葉はまだちょっと早いかもしれないけれど、ハイシーズンです。
そして今回の旅はホテル泊ではなく、町家1棟借り。4人で滞在します。

PB054102KSG.jpg

自分以外の3人は関東から来るので、ひとりで京都入りしました。
定刻どおり伊丹へ到着。思ったより暖かいかな。

いつものコース、空港からはモノレールと阪急電車を乗り継いで京都へ向かいます。
今回は秋の特別公開シーズン、見たいものが色々ありました。

本まで買って、準備万端のつもりだったのです。



烏丸で阪急電車を降ります。京都市営地下鉄・烏丸線に乗り換え、丸太町で下車。

254KSG.jpg

しかし11月の京都、混んでいるだろうなとは思っていたけれど、想像以上の人出でした。

柳馬場二条上ル、京都ハリストス正教会。

PB054107KSG.jpg

2016年10月28日~11月7日まで、内部が初公開ということで、気になっていました。

PB054111KSG.jpg

ところが大手旅行会社のツアーバスが乗りつけており、敷地の外まで大行列。
入れ替え制の見学になるため、2回分くらい待つようです。

PB054112KSG.jpg

外観だけ堪能して、帰りましょう。この人数では、しっかり見学もできなさそうです。
開け放たれていた出口の扉から、ちらっとイコンも見えたし。

御所南エリアの独特の静けさ、心地よいです。

PB054114KSG.jpg

丸太町駅まで戻ったところで、Mちゃんと無事に合流できました。

気を取り直して次の目的地へ。烏丸下立売、正アグネス教会。
平安女学院の礼拝堂でもあり、主教座聖堂でもある、格式高い教会です。

256KSG.jpg

と、何とこちらは結婚式の最中で見学不可。何やら今日はフラれる日かもしれません。

PB054116KSG.jpg

とりあえず京都っぽい観光を、ということでそのまま北上。護王神社です。

PB054120KSGg.jpg

いのししモチーフが可愛い神社。

PB054119KSG.jpg

狛犬も、手水舎も、とにかくいのしし。足腰の悩みにご利益があるのだそうです。

259KSGg.jpg

参拝を終えて、今出川方面を目指します。蛤御門から御所に入り、散策がてら北上。

PB054122KSG.jpg

ちらほらと紅葉が始まっていました。暖かいけれど、朝晩は冷えるのかな。

PB054124KSGg.jpg

御所を抜け、烏丸上立売下ル。
なかなか良いと評判の、同志社大学のフレンチレストランでランチにしましょう。

263KSG.jpg

と、まさかの満席表示。予約なんて考え付きもしなかった時点で、完全に出遅れました。
予想以上に、京都の街に人が集まっている日のようです。

262KSGg.jpg

同志社大学のチャペルでも結婚式が行われていました。先負の午前中からフル稼働。

結婚式に七五三に、秋の特別公開、山のほうでは紅葉も始まった季節。
今回の京都旅はなかなか手ごわいかもしれません。

PB054127SKG.jpg

おなかも減ったし、とりあえず何か食べに行きましょう。
いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

日帰り旅/島原(浜の川湧水・銀水のかんざらし・南風楼)  - 2017.01.19 Thu

長崎県、島原日帰り旅、最終です。

PA293934SBH.jpg

島原鉄道の車両を見かけました。おもちゃみたいで可愛いです。

さて、湧水めぐりの仕上げ「浜の川湧水」へ行きましょう。

PA294083SBH.jpg

4つに区割りされた、自噴する井戸です。現役で使われています。

PA294082SBH.jpg

区切られているのは、それぞれ使い分けがなされているからです。

PA294094SBH.jpg

実際に近所の人がこの「1」食品用の区画で大根を洗って、そのまま家へ持って
帰るところに遭遇しました。

普通に使われているのって、すごいですね。

そんな湧水の傍らにたつ一軒家カフェ「銀水」で休憩しましょう。

PA294095SBH.jpg

建物内に入ると、ここにも湧水。透明度が高すぎて何もないみたいに見えるけれど、
なみなみと水をたたえています。

PA294089SBH.jpg

カウンター、テーブル、座敷席があります。座敷に座りました。

PA294091SBH.jpg

ここの名物はローカルスイーツの「かんざらし」です。

PA294086SBH.jpg

やわらかい白玉を、ほんのり甘いシロップでいただきます。
透明感あるおいしさ。水が良いところならではのスイーツかもしれません。

PA294087SBH.jpg

甘いものが苦手な人には、ところてんもあります。こちらも美味。

窓からは、先ほどの「浜の川湧水」がよく見えます。

PA294088SBH.jpg

のんびり休憩できて、なかなか居心地の良いお店でした。

最後は温泉に入ってから、熊本に帰ることにしましょう。

オーシャンビューの老舗温泉宿「ホテル南風楼」」です。

PA293943SBH.jpg

10月だったので、ロビーはハロウィン仕様でした。

PA293940SBH.jpg

海が目の前で、人気のお宿です。庭もひろびろ。

PA293941SBH.jpg

日帰り入浴を利用しました。大人1000円(2017年1月現在)。

露天風呂からは海がよく見えました。写真がなくてすみません。

ここは島原半島の東海岸なので、朝早くに温泉に入るのが良いのだそうです。
日の出や朝焼けが見られたら素敵っぽい。

とは言えこの日は日帰り、夕景のみ楽しんで、フェリーで熊本へ帰ります。
一度ゆっくり泊まりで来てみたいな。

PA294099SBH.jpg

2016年秋の島原でした。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

日帰り旅/島原(鯉の泳ぐまち・四明荘)  - 2017.01.16 Mon

2016年10月の長崎県島原半島の日帰り旅、ランチの後は湧水めぐりです。

島原市新町というアドレスの辺りまで移動しました。

237SBH.jpg

鯉の泳ぐまち、というキャッチコピーがついています。

238SBH.jpg

確かに泳いでる。

240SBH.jpg

きれいな写真を撮るなら午前中のほうが良いのかな。
腕の問題っていう気もするけど。

お土産もの屋さんの軒先では、こんな光景も。

PA294077SBH.jpg

10月でも比較的暖かい日だったので、ラムネがよく売れているようでした。

さて、この辺りへ来た目的は、以前から憧れていた場所「四明荘」を見学
するためです。

PA294048SBH.jpg

敷地の入口には、水神様の石碑がありました。
その足元に流れている水の透明度、すごいです。

PA294051SBH.jpg

入りましょう。

PA294047SBH.jpg

四明荘は登録有形文化財です。こちらも武家屋敷と同様に無料開放されていて、
座敷に上がって庭を見学できます。

PA294052SBH.jpg

敷地内に湧いている水。恐ろしいほど透き通っていました。

建物の全景を撮りたかったのですが、完全な逆光でまともな写真がありません。

そんな状態でしたが、ここは本当に想像以上に素晴らしいところでした。

SHIMEISO2SBH.jpg

庭が、ほぼ池。

島原地域の伝統的な住居の一形態で「水屋敷」というのだそうです。

PA294065VSBH.jpg

縁側の下まで水が来ています。もはや水上コテージのような状態。

PA294070SBH.jpg

個人の邸宅だったものが、代変わりを経て島原市の所有になったのだそうです。
維持するのも決して簡単ではなさそうな邸宅が、ちゃんと受け継がれていて素晴らしい。

水の流れる音に耳を傾けながら、ずっと庭を眺めていました。

PA294064SBH.jpg

全然飽きません。むしろここに住みたいくらい。

かなり長い間ぼんやりと過ごしたあと、穏やかな気持ちで四明荘を後にしました。
素敵なところでした。

島原の街歩きの話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

日帰り旅/島原(島原城・武家屋敷・平野鮮魚) - 2017.01.13 Fri

長崎県、島原半島へ行って来ました。熊本港からフェリーで行けます。

204SBH.jpg

何度か訪ねているエリアですが、初めてのスポットもいくつかありました。

PA294023SBH.jpg

まずはここから、島原城。大人540円(2017年1月現在)。

PA293992SBH.jpg

内部の展示を見学しながら上って行きます。キリシタン関係多め。

PA294009.jpg

よく晴れて気持ち良いお天気です。

PA293996SBH.jpg

最上層の展望台から景色を眺めます。

PA293993SBH.jpg

それにしても、海と山に挟まれた地形ですね。
島原半島の東側は、この城の上からかなり幅広く見渡せる感じです。

続いては城の裏手に連なる武家屋敷群。

208SBH.jpg

3つの屋敷が内部まで公開されていて、無料で見学できます。

PA293979SBH.jpg

座敷のしつらいよりも、人形にじわじわ。

こっちもかなりの密度。じわじわ。

PA293983SBH.jpg

武家屋敷が連なる通りの真ん中には、湧水が通る水路があります。

PA293975SBH.jpg

雲仙岳からの伏流水が、あちこちで湧いているのだそうですね。

ランチは車で移動して、「平野鮮魚」。

PA293968SBH.jpg

ここはお魚屋さんが経営する人気店。週末のピークタイムは行列に
なったりするようです。

PA293961SBH.jpg

座敷席もあるけれど、せっかくの秋の晴天、屋外テラス席を選びました。

PA293955SBH.jpg

なかなかのオーシャンフロントぶり。穏やかな入江の風景が心に沁みます。

そうこうしているうち、海鮮丼がやってきました。

206SBH.jpg

どーん。これで900円です。
色鮮やかで立体感もあって、なかなかフォトジェニックな出で立ち。

でもグッドルッキングなだけではなくて、味も良いです。
ごちそうさまでした。

島原の旅、ランチまでの話でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

宮古島旅行記(0日目/なんとなく余韻にひたりたくて) - 2017.01.10 Tue

3連休を利用して、沖縄に行って来ました。



今年も曇天気味だったけれど、初めての離島でのんびりと過ごす
ことができました。

ビーチで眺めた美しいサンセット。
これを見るだけでも、行った甲斐があったかな。

MYKSS0110.jpg

ずっと眺めていたい、忘れがたい風景でした。

いつになく気温にも恵まれたようです。夏日になることもあり、
海辺で風があっても、それなりに暖かく過ごせました。

サンダル履きで過ごした3日間、戻ってみると熊本の寒さが身に
沁みますね。

追って旅行記を書いていくことにしましょう。
まだまだ、旅の余韻にひたっていたい気分です。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

次の旅行の計画について(2017年1月) - 2017.01.07 Sat

新しい年が来たと思ったらもう一週間、早いものですね。

くまモンも新年から頑張っています。2017年の生くまモン。

IMG_20171KMM.jpg

ちなみに、くまモンの毛並みまでリアルにとらえた写真が撮れるなんて、
新しいiPhoneに変えて良かったと改めて思ったりします。

そんなことはさておき2017年、今年の旅行の計画を、ぼんやりとでは
ありますが立てています。



【国内ルーティン】

年1回の京都旅、どこかの季節でふらりと出かけたいと思っています。
最近行けていない奈良にも足を伸ばしたい。

あとは冬の恒例になりつつある沖縄、寒い季節に暖かいところで
のんびり過ごす予定です。

旅行ではないけれど、自分の実家への帰省もありますね。これは
冠婚葬祭系の行事とからめての日程になります。

【国内その他】

昨年末の東京は用事を済ませるのがメインだったので、もう少し
ゆっくりしたかったところです。でも東京は単純な旅行として行くよりは
何かのついでになりそうかな。

どこか新しい旅先にも出かけたいと思います。考えてみれば、九州だけでも
まだまだ知らないところがたくさんあります。

【海外】

まだ具体的にはなっていません。
ヨーロッパ西側への旅を、夏前後に入れたい。甥っ子たちに会って、
合間にパリの街を歩くくらいの旅程になることでしょう。

あとは近場アジア、これは日程やコストで良さそうなものがあれば
思いついた時に弾丸で出かけたいところです。





そんなところかな。まだ未定な部分が多いものの、書くと実現するので
とりあえず書きとめて置くことにしましょう。

2016年は何だかまとまった休みが取れない年だったので、今年はもう少し
時間を作ります。

2017年に行きたいところ、羅列でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

日帰り旅/阿蘇(久々の阿蘇ミルク牧場) - 2017.01.04 Wed

ちょっと前のものですが、かわいい動物の写真が出てきたのでアップします。
すべて熊本県阿蘇郡西原村「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」で撮ったものです。

P6052435ASM.jpg

「らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場」は、熊本市内から1時間前後で手軽に行ける
体験型の牧場です。

P6052526ASM.jpg

入場料は大人350円(2017年1月現在)。

P6052443ASM.jpg

冬が来る前だったので、緑がきれいでした。

P6052444ASM.jpg

アルプスの少女気分で乗りたいブランコ。

P6052448ASM.jpg

ヒーターの下でぬくぬくしている子牛たち。

P6052451ASM.jpg

さらにかたまっていて暖かそう。

P6052452ASM.jpg

ちなみにこれ、やってみたかったです。

P6052506ASM.jpg

午後から行ったのが敗因かな。

P6052510ASM.jpg

お子様向けアトラクションも充実していました。大人気の乗馬体験。

ふれあい系も色々あります。

P6052489ASM.jpg

かわいかったシリーズその1はポニー。

P6052462ASM.jpg

その2は子ひつじ。うとうと。

P6052480ASM.jpg

2017年の干支ということで、にわとり。目線いただきました。

P6052501ASM.jpg

シャイなのもいます。

P6052502ASM.jpg

このほか、乳製品を加工している工場が敷地内にあり、バターやパンなどを
作る体験教室などもあります。

食事はレストランがひとつあるほか、パン屋さんや軽食のお店があります。

家族連れで半日くらいは過ごせる場所です。6歳の甥っ子も楽しんだようでした。

阿蘇ミルク牧場の写真たちでした。
いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

2017年の年始に・あけましておめでとうございます - 2017.01.01 Sun

新年あけましておめでとうございます。
2017年ですね。

KMT12.jpg

年末年始の休暇はそれなりの日数があると思っていたけれど、あっという間に
もう新年、うかうかしていられませんね。

新しい年の始まりって、良いものです。



今回は姉と二人でホテルで過ごして、姉妹水入らずでの年越しとなりました。

年越しそば食べてないねと言いつつ、通りすがりの居酒屋さんに吸い込まれて
ハイボール。

IMG_1881FO.jpg

福岡の郷土料理「ごまさば」をお願いしたら、サバを切らしているという事で
カンパチと鯛でした。もはやごまさばではないのだけど、とても美味しかったです。

さらにホテルへ帰る道すがら、コンビニでシャンドンを買ってお部屋へ戻り、
カウントダウンからウェーイとか言って乾杯しました。それにしても良い年した
女二人の酒盛りが全然終わらない。

初めての試みだったけれど、楽しい年越しでした。

kLA12.jpg

今年も家族みな健康で、世界が穏やかでありますように。

楽しく働いて、いっぱい遊んで旅に出て、たくさん笑って過ごします。

本年もよろしくお願いいたします。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR