2016-12

2016年の年の瀬・ありがとうございました - 2016.12.29 Thu

年末ですね。何やら色々あった2016年も、あと残りわずかです。

今年はやはり4月半ばの熊本地震に見舞われたことが、最大のインパクトある
出来事でした。

基本的には旅に関する事を書いている旅行記ブログなのに、全然関係ない
地震の話を何度も書かずにはいられなかったほどでした。

P8073644ASS.jpg

とは言え私の住む地域は、震源から多少の距離があるので震度6強くらいで
済み、数日間の断水と避難所暮らし程度で乗り切れました。

このブログで交流のある皆様からも、たくさんのお気遣いやお声がけを
いただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで家も体も家族も無事、今となっては良い思い出です。



海外旅行の新規開拓としては、ロシアに行けた事が収穫でした。

地震のせいで二ケ月ほどリスケして出かけたウラジオストク旅行、結果的には
割と暖かい6月に行けて良かったです。

P6102905VLAL.jpg

極東ロシアは日本からあんなに近いのに、全く別の文化圏で、全く別の人種。
とても楽しく、新鮮な体験でした。

世界はやっぱり広いんだなと、近所に出かけたからこそ感じる事ができました。

来年はもう少し長い休暇を取って、遠い国にも行ってみるつもりです。

皆さまも良い旅を。

今年も色々とお世話になりありがとうございました。
来たる年も、何卒よろしくお願いいたします。







関連記事
スポンサーサイト

2016年12月「たびねす」掲載記事  - 2016.12.26 Mon

Travel.jp「たびねす」のライター仕事、2016年12月は2本書きました。

10月に日帰りで行った長崎県・島原で1本、12月上旬に出かけた東京で1本、
書いています。

KSFSB.jpg


下記のリンクのタイトルをクリックすると、別ウィンドウで開きます。
ご一読いただけたら、とても嬉しいです。




大人の渋谷!「渋谷グランベルホテル」はおしゃれで快適デザイナーズ


城・名水・絶景庭園そして温泉!長崎「島原」半日観光コース





島原については先月書きかけていたのですが、同じく熊本在住のライターさんと
記事の掲載タイミングがかぶりそうになり、1ヶ月ほど寝かせてのアップにしました。

その教訓(?)を生かして、東京のホテルは泊まってすぐに書いてみました。

旅行記ブログは完全に季節がずれてしまっていますが、やはり早く書けるなら
それに越したことはないですね。

そうそう、今回の東京であちこちでカメラをかまえてみて、新しい機材がちょっと
欲しくなってきました。

今使っているコンデジ「OLYMPUS STYLUS SH-2」は使い勝手も良いし、全く
壊れたりはしていないけれど、来年あたりひとつ買い足してみようかしらん。

今日は告知でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

日帰り旅/山鹿(八千代座・ツルバラでランチ・足湯)  - 2016.12.23 Fri

2016年のこまごま写真、まだ載せていなかった分をアップしておこうと思います。
5月末に撮ったものなので、季節感がなくてすみません。

熊本県山鹿市。豊前街道沿いの宿場町として栄えた街です。

P5222306YCY.jpg

2015年にも出かけた際に記事を書きました。該当記事は→こちら

まずは八千代座です。登録有形文化財の、明治の芝居小屋。独特の風情。

P5222161YCY.jpg

今なお玉三郎や海老蔵が来ては歌舞伎の公演がかかる日もある、現役の芝居小屋です。

お芝居や公演のない日は、ガイドさんつきの見学ツアーで内部を見ることができます。
大人520円(2016年12月現在)。

P5222166YCY.jpg

震源から遠いエリアなので、地震の影響もなく元気に営業中。

P5222182YCY.jpg

赤い柱は創建時のもの。黒い柱は後から耐震補強したもの。
この補強の成果なのかな、びくともしていません。

P5222189YCY.jpg

天井の広告もシャンデリアも、すべてそのままに残っていました。

P5222199YCY.jpg

見学のあとは、近隣を歩いて散策。
ランチは「ピッツェリア・ダ・ツルバラ」で石窯のピザです。

P5222270YCY.jpg

熊本っぽいのは馬すじカレー味。ちょっと甘みもあって美味。

P5222257YCY.jpg

個人的にはこれも好きでした。トマトベースのしらす乗せ。

P5222267YCY.jpg

イタリアワインをグラスで軽くいただけるのも、なかなか良かったです。

P5222253YCY.jpg

なんだか妙にすいていましたが、ラッキーだったという事かしらん。

腹ごなしに、ぐるりと周辺を歩きましょう。

風情のあるレトロ建築は、山鹿灯籠民芸館。先ほどの八千代座とのセット券を買うと
お得に入館できます。って、それ買ってなくて今回は入ってないんですけど。

P5222305YCY.jpg

民芸館を通り過ぎて坂道を下りて行くと、足湯があります。

P5222301YCY.jpg

ぬるめのお湯で、夏でも気持ち良く入れます。のんびりひと休み。

P5222302YCY.jpg

道向こうには共同浴場の「さくら湯」もありました。

P5222288YCY.jpg

ここは昔ながらのスタイルで、石鹸やシャンプーもすべて持参する必要があります。
今回も手ぶらで行ってしまった私たちは、入る事なくまた次回チャレンジかな。

販売されているものを購入することも出来るようですが、近所のかたは石鹸類一式を
持って通っておられるようでした。

P5222176YCY.jpg

熊本県、山鹿市の話でした。熊本市内中心部から40分そこそこでアクセスできるので、
手軽に足を伸ばせる観光地としておすすめです。

いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

帰省(2016年10月/セントレア・長良川うかいミュージアム) - 2016.12.20 Tue

2016年10月の帰省、1年ぶりの岐阜の話です。
今回も特にとりたててどこかへ出かけた訳ではないけれど、備忘録として写真を
アップしておきます。

中部国際空港・セントレアに到着です。

143CRG.jpg

ターンテーブルの前で荷物が出てくるのを待っていると、目の前にドアラのぬいぐるみ。
名古屋感がすごいです。

145CRG.jpg

そう言えば今回はお土産にくまモンを買ってきました。ゆるキャラ対決。

152CRG.jpg





基本的には実家でのんびり過ごしましたが、ちょっとだけお出かけ。

PA093960CRG.jpg

長良川うかいミュージアム・岐阜市長良川鵜飼伝承館へ行ってきました。

PA093959CRG.jpg

長良川の鵜飼いは5月11日から10月15日までがシーズンです。
ちなみに2014年に鵜飼を見に行った時の記事は→こちら

それ以外の時期でも鵜飼にふれられる場所を、ということで作られたのがこの
ミュージアム。もちろん鵜飼シーズンに、鑑賞前にこちらで予備知識を得るのも
良いと思います。

何だかキッチュでシュールな展示も。じわじわ来ます。しかも調整中。

PA093961CRG.jpg

ミュージアムカフェでランチも出来ます。金華山と長良川ビューの窓際席がおすすめ、
と言いつつ写真がなくてすみません。

PA093984CRG.jpg

大好物の、ふるさとの鮎。今年も食べることができました。

楽しい時間はあっという間に過ぎます。

PA103990CRG.jpg

思えば4月の熊本地震の時のこと、避難所になった小学校のグラウンドに停めた
車の中で寝泊まりしながら、立て続けにやって来る余震にちぢこまりながら、
給水を待つ行列に並びながら、かつてないほど、ふるさと岐阜が恋しかったのです。

帰りたい。走って家に帰って(もういないけど)祖母に飛びついて、おばあちゃん、
ただいまー!!って言いたい。

そんなことばかり考えていました。

166CRG.jpg

とは言え余震がおさまって日常生活を取り戻して、ようやく岐阜に帰ったのは
地震から半年後。何やかんやと、いつもの帰省でした。

168CRG.jpg

帰るところが、あって良かった。

PA103988CRG.jpg

帰省の話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

ホテル宿泊記(コンフォートホテル中部国際空港) - 2016.12.17 Sat

2016年10月の帰省ついでに利用した「コンフォートホテル中部国際空港」の
写真をアップしておきましょう。その名のとおり、セントレア利用の前後泊に
ぴったりの宿です。

PA073905CHC.jpg

空港直結という意味では「中部国際空港セントレアホテル」がターミナルを
出て目の前にあるという素晴らしい立地ですが、その分宿泊料も高めです。

PA073907CHC.jpg

コンフォートホテルは、そこからフラットな通路を歩いてのアクセスです。
空港徒歩5分の表示です。雨風はしのげるし、段差もないので特に問題なし。
連休のタイミングでも割安感がありました。

PA073910CHC.jpg

複数の航空会社のクルーが定宿にしているらしく、パイロットやCAさんを
たくさん見かけました。

部屋の広さは充分。

PA073916CHC.jpg

大きなスーツケースを広げるスペースがある事は、エアポートホテルに
おいてはやっぱり重要。

PA073925CHC.jpg

最近珍しくなりつつある、カンカンに明るい会議室みたいな照明。

PA073931CHC.jpg

風情はありませんが、ビジネスユースで、がっつり書類を読み込みたい、
みたいな時にはいいかな。

PA073922CHC.jpg

水回りはごく普通のビジネス仕様。

PA073924CHC.jpg

特に問題はありませんでした。

PA073927CHC.jpg

冷蔵庫。空港ターミナルビルを出てすぐのコンビニで、飲み物を買って
来ると良いと思います。

PA073921CHC.jpg

ちなみにフロント脇に無料のドリンクベンダーがあるので、コーヒーなどは
ここを利用できて便利でした。

PA083945CHC.jpg

朝になりました。海側のお部屋からの眺望。

PA083935CHC.jpg

朝ごはん。1Fのカフェレストランでバフェです。

PA083939CHC.jpg

和洋いろいろ。高級感はないけれど、居心地良好でした。

PA083940CHC.jpg

レストランの近くにはフィットネスジムも。長距離フライトの前後など、
需要がありそうです。

PA083937CHC.jpg

コンフォートホテル中部国際空港の話でした。

PA073920CHC.jpg

いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

東京旅行記(3年ぶりの東京散歩) - 2016.12.14 Wed

東京に行ってきました。

毎度ながら弾丸ではありますが、そぞろ歩きの時間も少し取れました。

最近はトランジットで立ち寄るくらいのものだったので、ちゃんと東京の街を
歩いたのは、実に3年ぶり。

KITTE161211.jpg

もう、東京の歩き方を忘れてしまいました。

新宿駅の南口改札に向かうつもりが小田急の乗り換え口に突撃してしまったり、
その後南口からちゃんと出たものの、テレビでしか見たことのないバスタ新宿が
目の前にそびえていてつい二度見したり、そのせいで道行く人にぶつかったり、
おのぼりさん全開でありました。

すっかり地方都市の暮らしに慣れてしまった私にとって、東京の大きさとスピード感は
なかなかのものです。

今日は何かのお祭りなんだろうかと、いぶかしんでしまう雑踏でした。
つい4年前まで、こんな街で私は一体どうやって暮らしていたのかしら。

宿泊したホテルのことなど、追って書いていきたいと思います。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

日帰り旅/福岡(博多駅前のクリスマスマーケット)  - 2016.12.11 Sun

博多駅前に、今年もクリスマスマーケットがたちました。
「FUKUOKA Christmas Market」というのだそうです。って、そのままですけど。

053XM16.jpg

ちょっと前に地下鉄延伸工事中の道路が派手に陥没して日本中の度胆を
抜いた博多の街も、平常運行に戻っているようです。

055XM16.jpg

友人と合流して、恒例の忘年会です。
まずはクリスマスマーケットをひととおり流しましょう。

056XM16.jpg

グリューワインの良い香り。今年のマグカップは黄色です。

051XM16.jpg

去年・一昨年とひとつずつ買って自宅で使っていましたが、4月の熊本地震で
ひとつ割れてしまいました。買い足すしかないですね。

052XM16.jpg

おつまみは定番のカリーブルスト。3人で分けましたがそこそこのボリューム。

ローストチキンやシュトーレン、ホットドッグなどのお店もありました。
年々食べ物のバリエーションが増えているような気もします。

グッズ売り場も色々出ています。

057XM16.jpg

イルミネーションはどんどん色が変わっていきます。きれい。

063XM16.jpg

人が多くなってきたところで、近くのお店に移動してもつ鍋。

064XM16.jpg

こちらも忘年会で大賑わいでした。博多の街にも、年の瀬が迫っています。

皆様も、どうぞ素敵なホリデーシーズンをお過ごしください。

048XM16.jpg

博多駅前のクリスマスマーケットの話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

ハウステンボス旅行記(風車・ドムトールン・カナルクルーザー)  - 2016.12.08 Thu

ハウステンボス、残りのパーク内の写真もアップしておきましょう。

208HTB.jpg

エントランスでお出迎えしてくれるキャラクター。チューリーというそうです。

サンリオ的可愛さ。ハートのあたりがメッシュ状だから、あのへんから視界を
確保しているのかなとか観察してはいけません。

P7093368HTB.jpg

カメラを向けると斜めにポーズをとってくれます。

ハウステンボスはかなり何でもありのテーマパークなのですが、イメージ通りの
景色もありました。

P7103570HTB.jpg

お花畑に風車。

P7103606HTB.jpg

オープン当初の、オランダの風景を再現、というポリシーはもう捨ててしまった
ようですが、ちゃんと残っているところもあります。

P7103584HTB.jpg

大人としては、今の節操のないハウステンボスにはちょっと戸惑いもあるけれど、
子供達にはうけているようだし、戦略としては成功なのでしょう。

P7103553HTB.jpg

実際のところ甥っ子は、この手のものに大はしゃぎでした。

P7103589HTB.jpg

アニメやロボットと、お化け屋敷があったかと思うと西洋風の街並み。
深く考えずに楽しむのが良いのでしょう。


若いカップルもたくさん見かけました。

P7093431HTB.jpg

ちなみに九州に住み始めてから知ったのですが、こちらでの結婚パーティーの
生い立ち&なれそめムービーにおけるハウステンボス旅行写真の出現率は
かなり高いです。

P7103527HTB.jpg

さて、シンボル的な存在の塔、ドムトールンに上ってみましょう。

P7103530HTB.jpg

本物のヨーロッパの塔だと、ひたすらの階段でどえらい目にあったりするけれど、
こちらはエレベーターでびゅーんです。

P7103541HTB.jpg

展望台からパーク内を一望。

P7103531HTB.jpg

海も見えます。その手前の建物が、宿泊した「ホテルアムステルダム」です。

こちらは甥っ子が大喜びしていたプール。

P7103539HTB.jpg

未就学児でも遊べるウォータースライダーかあり、満喫したようです。

パーク内の運河を走る、カナルクルーザーにも乗ってみました。

P7103545HTB.jpg

ドムトールンの足元から、パーク入口付近まで戻れるのは便利でした。

P7103552HTB.jpg

もちろん逆方面にも運航しているので、パークに入ってすぐに乗船して
一気にホテル近くまで移動ということもできます。

P7103551HTB.jpg

ハウステンボスの話でした。甥っ子たちのおかげで、意外なところへ
出かけられました。たまには家族旅行も良いものです。

P7093376HTB.jpg

このあとしばらくして、弟・妹・甥っ子はフランスへ帰って行きました。
甥っ子が最後にくれたカードには、覚えたてのへたくそな平仮名で「おばちゃん
おりがとう」と書いてありました。

最近はフランス語のほうが得意になりつつあるようなので、彼がパリの街を案内
してくれる日も近かろうと思っています。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

ハウステンボス旅行記(夜のパーク内の風景) - 2016.12.05 Mon

2016年7月のハウステンボス旅行記、夜のパーク内を散策した時の写真です。

P7093459HTB.jpg

ライトアップが始まりました。人通りは減って静かな雰囲気。

P7093463HTB.jpg

お散歩に出かけましょう。

P7093464HTB.jpg

多色使いで、派手でにぎやかな雰囲気のイルミネーションです。中国っぽい。

P7093468HTB.jpg

運河を走る船「カナルクルーザー」に乗って、夜景を見るのも人気のようでした。

敷地内は広いので、小さな子供の足だと移動も大変です。船を使いこなせると便利です。

P7093470HTB.jpg

ほんのりダサい庭園イルミネーション。昭和か。

P7093471HTB.jpg

更にその先には「光の動物園」というエリアがありました。

P7093475HTB.jpg

イルミネーションが動物モチーフになっています。

P7093477HTB.jpg

うら若きカップルや、小さな子どもにはぐっとくるスポットのようでした。

P7093479HTB.jpg

この辺りはなかなか楽しいですね。

P7093486HTB.jpg

ちなみに動きは一切ありません。

P7093474HTB.jpg

夜景に強いカメラを持参しての記念撮影も楽しいかもしれません。

一回りしてホテルアムステルダムへ帰りましょう。
お土産もののカステラ屋さんの裏手、突如現れる傘のストリート。

P7093496HTB.jpg

昨今の絶景ブームで有名になった、ポルトガルのアグエダの傘の道というのを
イメージしているようです。翌日にもう一度通ったけど、青天の時が良さそうですね。

P7103602HTB.jpg

個人的には地震の感覚がどうにも抜けきらないせいか、ちょっと怖い。
ちゃんと固定されているのかな、なんて考えながら見上げていました。

この辺りはアムステルダムの夜景っぽいです。

P7093489HTB.jpg

かと思いきや、こんなのもありました。

P7093499HTB.jpg

光のバンジージャンプ。

P7093487HTB.jpg

こういう半ば節操のない、雑多な感じを良しと出来るかどうかが、ハウステンボスを
楽しめる人とそうでない人の分かれ目のような気がします。

写真がありませんが、プロジェクションマッピングも複数の会場で行われていました。

P7093500HTB.jpg

夏でも楽しめるけれど、空気の澄んだ真冬などはさらに美しいのかな。

ハウステンボスの夜、パーク内の様子でした。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

ハウステンボス旅行記(夜景観賞・ホテルアムステルダムの朝食) - 2016.12.02 Fri

2016年7月のハウステンボス旅行、続きです。

248HTB.jpg

宿泊した「ホテルアムステルダム」の夜と、朝食レストランの写真をアップして
おきましょう。

夜には外観のライトアップがきれいです。

P7093502HTB.jpg

あらムーディー。

P7093462HTB.jpg

パーク内に泊まっているという利点を生かして、夜まであちこちうろうろするのも
良いですね。

一方で、お部屋の灯りを消してカーテンを開ければ、そのまま夜景観賞ができると
いうのもひとつの選択肢です。

P7093503HTB.jpg

ドムトールン、大迫力。なんか思ったのと違うテイストのような気もするけど。

P7093455HTB.jpg

また、このホテルではロビーラウンジでコンサートが開かれるというのもおもしろい
趣向です。基本的には毎晩、20:40から1時間ほどのステージがあるようでした。

P7093504HTB.jpg

アムステルダムに宿泊していればミュージックチャージは無料です。
ワンドリンクオーダー制なので、お酒かコーヒーなどをいただきながら音楽鑑賞が
できます。

P7093507HTB.jpg

ハイドンやモーツァルトに始まって、ピアソラのアルゼンチンタンゴなんかもあって
なかなか楽しかったです。

もうひとつ、仮面舞踏会というものも開催されているようでしたが、こちらは
手を出していません。ベネチアみたいな感じでしょうか。

P7103524HTB.jpg

遊び疲れた夜、ゆっくり休みましょう。
アメニティのボトルを見ると、ローラアシュレイと書かれていました。

P7093512HTB.jpg

スリッパも良い感じのふかふか具合です。おやすみなさい。

P7093509HTB.jpg



朝になりました。開園前のパーク内はとても静か。

P7093425HTB.jpg

この時間のお散歩は、アムステルダム宿泊者だけの楽しみです。

朝食は1階のレストラン「ア クールベール」でバフェ。

P7093421HTB.jpg

パンは種類豊富。プディングもありました。

P7103515HTB.jpg

九州各地のおいしいものも色々。さつま揚げが人気でした。

P7103514HTB.jpg

気に入ったのは、長崎の中華街にインスパイアされた中華粥。

P7103518HTB.jpg

ハウステンボスのパーク内にあるオフィシャルホテル、「ホテルアムステルダム」でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR