2016-06

沖縄旅行記(2日目/ハイアットリージェンシー那覇沖縄で朝食を)  - 2016.06.30 Thu

2016年1月の弾丸沖縄旅2日目、ハイアットリージェンシー那覇沖縄の朝です。

P1170984HNH.jpg


朝ごはんはクラブラウンジでいただきます。

窓際の二人掛けの席につきました。まだ薄暗い街並み。

P1170973HNH.jpg

沖縄は日の出時刻が遅く、1月半ばは7:18前後です。

ゆっくりと朝焼けが広がってきました。

P1170979HNH.jpg

なめらかなオレンジ色の陽がさす中で、少しずつ動きだす街。
おもちゃみたいに、ゆいレールも走り始めました。

見飽きない景色に気を取られつつ、朝ごはんです。

P1170974HNH.jpg

コールドミール系は一式あり、ゆで卵とスクランブルエッグも揃っていました。
連泊するのなら、クラブラウンジと1階のレストランに交互に通うのも良さそうです。

P1170975HNH.jpg

もずくやジーマーミ豆腐などの郷土料理もありました。

IMG_0060HNH.jpg

にんじんのしりしりと、ゴーヤの和え物。丸いのは何だったかしら。

P1170981HNH.jpg

もずくが美味しかったです。毎度の雑な写真。

P1170977HNH.jpg

野菜も色々いただきました。食後はコーヒーでのんびり。

屋外テラス席にも出てみました。

P1170971HNH.jpg

風はやや強め。寒がりの人は上着があったほうが良いかな。

P1170969HNH.jpg

というか、寒がりの人は室内の席にしておきましょうか。

P1170972HNH.jpg

のんびり朝ごはんをいただいて、ゆっくり目が覚めてきました。

今日の午後には熊本に帰らなくてはなりません。

P1160839HNH.jpg


名残惜しい那覇の街、ちょっとお散歩しましょう。

P1160895HNH.jpg

朝ごはんの話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事
スポンサーサイト

沖縄旅行記(1日目/国際通り屋台村)  - 2016.06.27 Mon

沖縄旅行1日目、ホテルのクラブラウンジで軽く飲んでからの続きです。

もう少し飲みたいし、何かローカルなものを食べに行きましょう。

IMG_0050HNH.jpg

昼間に通りがかって気になっていた「国際通り屋台村」。

2015年6月に出来た屋台街です。良い雰囲気。

P1160935HNH.jpg

敷地内には離島マルシェというショップもあります。
いろんな島の特産品、塩や黒糖、たくさんの泡盛などなどが並んでいます。

P1160846HNH.jpg

ツアーデスクもありました。離島にも行ってみたいな。

P1160843HNH.jpg

寿司や串揚げの店もあるけれど、観光客らしく沖縄料理にしましょう。

2軒はしごしましたが、おそらくここと

P1160851HNH.jpg

ここだったと思います。

P1160923HNH.jpg

まずはやっぱりオリオンビール。うっかり飲んだ後の写真ですみません。

IMG_0052.jpg

海ぶどうもとても美味。

IMG_0053HNH.jpg

沖縄で食べるとこんなにおいしいのは、鮮度の違いなのかしらん。

ソーキの梅煮。ほどよくさっぱりいただけました。

IMG_0054HNH.jpg

定番のゴーヤチャンプルー

IMG_0056HNH.jpg

いつもながら、ピントが合っていない写真でお送りしております。すみません。

そしてグルクンのウニソース焼き。

P1160934HNH.jpg

満喫しました。1月でも暖かい沖縄、屋台向きですね。

P1160924HNH.jpg

国際通り界隈のホテルステイで軽く飲むところを探すなら、けっこう使えると思います。

ちなみにランチの時間帯からいくつかの屋台が営業しています。

ホテルに帰る道すがら、ちょっと寄り道して「桜坂劇場」。

P1160946HNH.jpg

沖縄のサブカルチャーの中心地みたいな場所です。

単館系の映画から音楽イベントなども行われ、1階のショップもぐっとくる
品揃えです。ふらっと訪れても楽しめました。

P1160954HNH.jpg

入口のカフェには、またしても猫。

P1160952HNH.jpg

何だか、ねこ歩き状態の旅です。

心地よい風が吹き抜けて、ゆるやかに更けて行く夜の街をぼやぼやと歩いて、
ホテルに戻りました。

P1160955HNH.jpg

おやすみなさい。

P1160956HNH.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

沖縄旅行記(1日目/リージェンシークラブラウンジでまったり)  - 2016.06.24 Fri

2016年1月の沖縄旅行1日目、続きです。波上宮とビーチを堪能しました。

ゆいレールで牧志まで戻り、ハイアットリージェンシー那覇沖縄へ帰って来ました。

行きたいところは色々あるけれど、ホテルでのんびり過ごすというのも、今回の旅の
大きな目的のひとつです。

せっかくクラブフロアの客室を取ったことだし、ラウンジで休憩しましょう。

P1160914HNH.jpg

最上階である18階のリージェンシークラブラウンジです。

P1170966HNH.jpg

ゆったりした空間です。

P1160898HNH.jpg

席数は充分だと感じたけれど、繁忙期は満席になったりするのかな。

P1160897HNH.jpg

夕暮れ時の那覇の街並みを眺めながら、まずはスプマンテ。

IMG_0048HNH.jpg

夫は安定のオリオンビール。

IMG_0045HNH.jpg


飲み物はスタッフのかたが持ってきてくださいましたが、忙しそうな場合は
セルフサービスで対応したほうが早いかなと思います。

P1160901HNH.jpg

オードブルも色々あって楽しめます。郷土色は弱めです。

P1160899HNH.jpg

オリーブにハム、スモークサーモン、チーズなどをいただきました。

スナック類は、定番のクッキーやチップス類に混じって、沖縄銘菓ちんすこうも
置かれていました。

P1160904HNH.jpg

ちんすこうって、口の中の水分を奪われる感じが何とも言えず好きだったりします。

このラウンジでおもしろいのは、何と言っても屋外テラス席です。

P1160909HNH.jpg

お昼は開放感たっぷり。夕暮れから夜にかけてはぐっとムーディー。

P1160910HNH.jpg

南国の風を浴びながら、ガラス越しでない夜景を眺めるって、なかなか良いです。

P1160907HNH.jpg

喫煙スペースを兼ねているため、ちょっと煙いことだけがネックです。

P1160912HNH.jpg

充実していて、楽しいラウンジだと思います。

すっかり日が暮れた所で、そろそろ外飲みに切り替えましょう。

部屋に戻ると、ターンダウンサービスも終わっていました。

P1160917HNH.jpg

静かになったロビーを抜けて、出かけます。

P1160919HNH.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

沖縄旅行記(1日目/波の上ビーチの猫・波上宮)  - 2016.06.21 Tue

2016年1月の沖縄旅行1日目、観光の続きです。
那覇市内唯一のビーチ「波の上ビーチ」から、隣接する神社へ行きましょう。

IMG_0032HNH.jpg

と思いきや、猫。キジトラです。

P1160879HNH.jpg

寄って来ました。

IMG_0035HNH.jpg

あまりにかわいくて、しばらく遊んでもらいました。

P1160878HNH.jpg

沖縄って、何だか猫が多くて楽しいですね。

P1160881NHN.jpg

目的を忘れるほど猫とまったり過ごしましたが、気を取り直して神社です。

P1160889HNH.jpg

沖縄総鎮守、波上宮(なみのうえぐう)。一の鳥居です。

続いて二の鳥居。新しいですね。

P1160883HNH.jpg

沖縄に日本神道、ってちょっと不思議な気もするけれど、古くからの拝所と
いうか聖地と言うか、御嶽と言うか、とにかくそんな場所だったのだそうです。

琉球王国の古典「おもろさうし」にも登場しており、江戸時代初頭にはすでに
国王がお参りするほどの場所としての地位を確立していたようです。

おもろさうし(上) [ 外間守善 ]
価格:1836円(税込、送料無料)



狛犬風に立っているけれど完全にシーサー。沖縄感がすごいです。

P1160884HNH.jpg

琉球瓦がのった拝殿が見えて来ました。

P1160886HNH.jpg

拝殿の中では結婚式が執り行われていて、琉球式の婚礼衣装がとっても素敵でした。

P1160885HNH.jpg

全体に新しいのは、太平洋戦争で被災してしまったためのようです。
こんなところにも、さらりと影を落としているのですね。

裏手に回って、もう一度ビーチを眺めます。

P1160893HNH.jpg

波上宮、という名前にうなずける景色。ここからなら、本殿の様子もよく分かります。

IMG_0039HNH.jpg

1月は遊泳禁止のはずが、泳いでいる人がいました。寒くないのかしらん。

IMG_0042HNH.jpg

入ってはいないけれど、きれいな海が見られて満足です。

IMG_0043HNH.jpg

ビーチリゾートに行くたびに思うのは、海の美しさと街の賑やかさは、たいてい
トレードオフの関係にあるということです。

自然が豊かで静かで海の透明度が高いところで過ごすなら、買い物や観光は
いさぎよく諦めるのが一番というもの。

P1160892HNH.jpg

その点、沖縄本島は、ほどよいです。

地方都市からでも直行便で手軽に一泊旅行に行けて、のんびりできる雰囲気も
あるのに何でもあって便利。

海も、眺めるだけならば充分にきれいです。沖縄、やっぱり好きです。

いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

沖縄旅行記(1日目/ゆいレールで波の上ビーチへ)  - 2016.06.18 Sat

2016年1月の沖縄旅行1日目、続きです。

「ゆいレール」の1日乗車券も買ったことだし、観光に出かけましょう。

今回は那覇ステイとは言え、沖縄に来たからにはやっぱりきれいな海が見たいです。
目的地は那覇市内で唯一のビーチというふれこみの、「波の上ビーチ」です。

P1160756HNH.jpg

宿泊したハイアットリージェンシー沖縄那覇の最寄の「牧志」駅から乗車。

P1160853HNH.jpg

と、改札近くにシーサーがいました。

P1160755HNH.jpg

空港方面行きに乗って3つ目、「旭橋」駅で降りました。

見上げるレール。青い空です。

P1160855HNH.jpg

国際通りと反対方向に、のんびり20分ほど歩いたかな。

P1160859HNH.jpg

緑、育ちすぎ。

P1160860HNH.jpg

などと言っていたら、着きました。波の上ビーチです。

P1160861HNH.jpg

何だか暗い写真ばかりですみません。

P1160862HNH.jpg

光が差すと、海の色がぐっと明るく、魅力的になりますね。

P1160863HNH.jpg

繁華街のすぐ近くにある割には、十二分な美しさだと思います。

国際通り界隈から歩けるというだけでなく、那覇空港にも近く、車で15分ほどの
距離です。旅行の最後にちらっと寄ってみる、なんていう使いかたも良いかも。

風はそれなりにあるけれど日差しが暖かく、気持ちの良い気候です。

IMG_0025HNH.jpg

足元に打ち寄せる波。

タオルを持ってきたら、足を浸すくらいできたのに、とちょっと後悔しました。

IMG_0021HNH.jpg

ビーチの端は岩場になっています。

P1160864HNH.jpg

この岩場の上には、何と神社があるのだといいます。行ってみましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

沖縄旅行記(1日目/ハイアットリージェンシー那覇沖縄の客室)  - 2016.06.15 Wed

2016年1月の沖縄旅行1日目、続きです。

宿泊したホテル、ハイアットリージェンシー那覇沖縄の客室に入りました。

P1160823HNH.jpg

どーん。何か暗いけど、そこはかとなく、リゾート感出して来てます。

IMG_9993HNH.jpg

リージェンシークラブデラックス、ダブルのお部屋を選びました。32平米。

キングサイズのベッドが1台、やや硬めです。壁にはサンゴのモチーフかな。
クラブフロアを選べば、ターンダウンのサービスも入ります。

IMG_0044HNH.jpg

テレビの下がデスクになっています。

P1160824HNH.jpg

窓から見えるのは、那覇の繁華街。アジアの雑踏ビュー、嫌いじゃないです。
海はかすかに見える程度です。

P1160829HNH.jpg

全体にローカル色はあまりないと思いきや、茶器が伝統的な「やちむん」でした。

P1160816HNH.jpg

エスプレッソマシンも完備、その隣には無料の水が2本。

冷蔵庫も、自前の水やビールを入れるくらいの余裕は充分にありました。

P1160825HNH.jpg

ミニバーもありますが、コンビニも徒歩圏にある以上、あまり使わないかな。

P1160826HNH.jpg

クロゼットは1泊2日ならば充分なサイズでしたが、それほど大きくはありません。
大きめの雨傘が2本ありました。

IMG_0003HNH.jpg

水回りもシンプルで機能的。いい感じです。シンク下には、厚手のバスローブが2枚。

P1160820HNH.jpg

レインシャワーとハンドシャワー。

IMG_9996HNH.jpg

ごく普通の四角いバスタブ。開業半年ほどなので、どこもピカピカです。

IMG_9997HNH.jpg

バスソルトは2種類。それぞれラベンダー、オーシャンと書いてありました。

IMG_0058HNH.jpg

アメニティはACCA KAPPA。イタリアの化粧品ブランドなのだそうです。

P1160821HNH.jpg

その他、シンク脇の箱の中に一式揃っていました。

P1160822HNH.jpg

超ラグジュアリー!というほどではないけれど、居心地はなかなか良いです。
1月半ばはオフシーズンのため、かなり安く取れて大満足でした。

便利な立地で全294室、夏季は屋外プールもあったりして、なかなか使い勝手の
良いホテルだと思います。気に入りました。
沖縄本島の街中ホテルで言えば、ナハテラスと双璧をなす存在かなあ。

お部屋の探検が終わったので、夕方までちょっと観光に出かけましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

ウラジオストク旅行記(0日目/帰国しました) - 2016.06.12 Sun

地震の影響で延期していたロシア、ウラジオストク旅行に行ってきました。

URA0001.jpg

とは言え、今はまだ半年も前の沖縄旅行記をぼちぼち書いています。

そういう色々が終わったら、ウラジオストクのことも書いていこうと
思っています。

ウラジオストクは極東ロシア、成田からたった二時間半のフライトで
着いてしまうヨーロッパ。

初めてのことばかりで、とても楽しかったです。

成田からウラジオストクよりも、熊本の自宅から成田までの道のりの方が、
はるかに遠かったという驚愕の事実。

次回からは再び沖縄旅行記です。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

沖縄旅行記(1日目/ハイアットリージェンシー那覇沖縄へチェックイン)  - 2016.06.09 Thu

2016年1月の沖縄旅行、宿泊したホテルの話です。

今回もホテルはとても悩みましたが、いかんせん1泊2日の短い滞在です。
立地重視で、「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」を利用することにしました。

P1160810HNH.jpg

ゆいレール「牧志」駅から徒歩7分。
国際通りと壺屋やちむん通りの間という感じの立地です。

と、いきなり裏口に着いてしまったようです。からめ手から攻める派。

P1160811HNH.jpg

これは車寄せのあるメインエントランスではなく、裏手の商店街側にある入口に
あたります。

P1160812HNH.jpg

所せましと繁茂する木々が良い味を出しています。南国ですね。

P11608132HNH.jpg

都心のビルディング型のホテルながら、アジアンリゾート感があるのは嬉しいです。

気を取り直してメインエントランスからの写真です。

P1160838HNH.jpg

中に入ると、最初に目につく巨大な壺。壺屋やちむん通りリスペクトかな。

P11608152HNH.jpg

実は当日の朝まで、せっかくの沖縄だし、やっぱりビーチ沿いのホテルにすべきだった
かしらなどと思ったりしていましたが、結論から言うと全く問題なしでした。

IMG_0009HNH.jpg

2015年の夏にオープンした当初は、接客など今ひとつという評判も聞きましたが、
特に気になることもなく、とても満足のいく滞在が出来ました。

IMG_0008HNH.jpg

吹き抜けのロビーフロア。おしゃれ空間だけど、ゆったりした雰囲気です。

P11608352HNH.jpg

インテリアはやや無国籍なアジア風。

P11710242HNH.jpg

ロビーの突き当たりは「ザ・ラウンジ」。入口にはシーサーがいて可愛いです。
と言いつつ、ひどい写真ですみません。

P11710222HNH.jpg

ちなみにこのラウンジでは、アフタヌーンティーもいただけるようです。
数日間滞在するなら、ぜひとも行ってみたかったです。

ロビーのソファに腰をかけると、目の前には南国らしい庭。
決して広くはないけれど、雰囲気のある庭でした。

P11710232HNH.jpg

フライトはANAのマイレージの特典航空券だった分、ホテルはちょっと贅沢
しましょうということで、クラブフロアをとりました。

クラブラウンジでチェックイン手続きをしたあと、お部屋に向かいます。

P11608332HNH.jpg

エレベーターからの眺めは、格子に阻まれてあまりよく見えません。

さて、どんなお部屋でしょうか。

P11608312HNH.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

沖縄旅行記(1日目/壺屋やちむん通り・茶屋すーじ小でランチ)  - 2016.06.06 Mon

2016年1月の沖縄旅1日目、ゆいレールの「牧志」駅で下車しました。

ホテルにチェックインする前に、「壺屋やちむん通り」でランチにしましょう。

P1160760HNH.jpg

入口のシーサーがかわいいです。そして背後は、がじゅまるの木。沖縄感すごい。

IMG_9967HNH.jpg

やちむん、は沖縄の言葉で焼き物のことなのだそうです。300年ほど前から窯場が集まる
一大産地で、沖縄戦の戦火を免れたことから、比較的古い建物が残る場所でもあります。

IMG_9975HNH.jpg

とは言え特に陶器にこだわりがある訳でもなく、焼物関係の知識は皆無。
ホテルの近くだし、せっかくだから行ってみようという感じで出かけました。

東のはずれにある井戸。もともとは300年ほど前に掘られた古い井戸なのだそうです。

P1160769HNH.jpg

石畳の道を進みます。両側には「やちむん」を売る店が連なっています。

P1160777HNH.jpg

道沿いにもまた別の井戸がありました。

IMG_9971HNH.jpg

お店には、器だけでなくシーサーも多発。

P1160776HNH.jpg

土曜のお昼時なのに、そして国際通りも近いのに、観光客はまばらでした。

P1160780HNH.jpg

メインストリートからちょっと中に入って行くと、さらにのんびりした雰囲気になります。

IMG_9977HNH.jpg

古民家カフェ、茶屋すーじ小(ぐわー)。すーじ小、は小道という意味なのだそうです。

P1160790HNH.jpg

いい雰囲気です。

P1160793HNH.jpg

オーダーしたのは、沖縄ぜんざいと温かいさんぴん茶のセット。
沖縄のぜんざいは、本土のものとはちょっと違う、とは聞いていたけれど、

P1160797HNH.jpg

まさかの三角錐。

P1160800HNH.jpg

台湾のかき氷みたいな、ふわふわ系の氷がたっぷり乗っています。
そしてその下のベースは小豆ではなく金時豆。器はもちろん「やちむん」ですね。

夫は沖縄そばと「じゅーしー」のセット。こちらも美味でした。

IMG_9982HNH.jpg

開け放たれた窓から、良い風が入ってきます。屋外の席も良さそう。

P1160792HNH.jpg

のんびりできました。国際通りから徒歩圏なのに、何だかずいぶん遠くに来たような
気持ちになれる場所です。

P1160806HNH.jpg

何となく来てみた壺屋やちむん通り、なかなか気に入りました。

博物館は臨時休館だったけど。ちなみに翌日も臨時休館だったけど。

IMG_9989HNH.jpg

「臨時」という割に案内表示の完成度が高すぎませんか。臨時感が低めです。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

沖縄旅行記(1日目/那覇へ出発・ゆいレール)  - 2016.06.03 Fri

2016年1月の沖縄旅行の話です。
ANAのマイレージが貯まったので、特典航空券で出かけることにしました。

P1160734HNH.jpg

1年ぶりの、冬の沖縄。ふたたび1泊2日の弾丸トラベルでした。

P1160736HNH.jpg

ANA1867、定刻の11:05に熊本を離陸。

P1160737HNH.jpg

今年は良いお天気だといいなあ。

P1160741HNH.jpg

機内誌を見ていたら、ANAの機体に並んでミレニアム・ファルコンがいました。
乗れるの?

P1160740HNH.jpg

時間通り12:40に那覇に降り立ちました。近いですね。

P1160742HNH.jpg

ターミナルビルを出ました。

P1160743HNH.jpg

暖かく、よく晴れています。東京でいうところの、GWくらいの感じかな。

P1160744HNH.jpg

空港を出て5メートルほど歩いただけでも、南国っぽいあたたかい風に満足。
来て良かったです。

P1160745HNH.jpg

今回は那覇市内のみの滞在のため、レンタカーは利用せず、ゆいレールで
動くことにしました。

P1160746HNH.jpg

券売機で1日乗車券を購入。(大人700円・2016年5月現在)
とりたてて安くは感じませんが、このチケットの良いところは、利用開始手続きから
24時間有効であるという点です。

P1160747HNH.jpg

利用開始から24時間という方式は、海外では珍しくないのかもしれないけれど、
国内では決して多くないように思います。発券日の当日限り有効、という方が
一般的ですよね。

24時間方式は、1泊2日の国内旅行にはとても便利だと思います。

東京メトロも、2016年3月からようやく24時間券が出来たようですね。京都や大阪の
地下鉄も、そうなることを期待しています。

P1160749HNH.jpg

さて、出かけましょう。

P1160753HNH.jpg

ゆいレールは、ラッシュの時間帯や深夜を除き、およそ10分に1本の運行です。

P1160754HNH.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR