2016-01

上海・蘇州旅行記(2日目/双塔・蘇州の街歩き)  - 2016.01.30 Sat

2015年7月の上海・蘇州旅2日目、続きです。

午後には中国新幹線で蘇州から上海へ向かう予定です。
朝ごはんを食べて近所をうろうろしただけなので、さすがに少し観光スポットにも
出かけておくことにしました。

DSCN5729SZU.jpg

と言っても、宿泊したホテル「平江客棧」から徒歩圏にあった所です。

DSCN5728SZU.jpg

「双塔」。30メートル超の高さがあり、遠くからもよく見えます。

IMG_6993SZU.jpg

名前の通りの2つの塔です。北宋の時代、およそ1000年ほど前のものなのだそうです。

086SZU.jpg

塔の中に入る事はできません。はしごみたいなものは見えたけど、怖そうです。

092SZU.jpg

もともとは唐代に創建された大きな寺院だったようですが、双塔のほかは回廊や小さな
御堂などが残されているのみです。

DSCN5738SZU.jpg

入場料はひとり8元(2015年7月現在)でした。

DSCN5734SZU.jpg

キッチュな獅子?狛犬?鼻つやつやです。

DSCN5731SZU.jpg

古い仏像なども、少しだけ並んでいました。

DSCN5732SZU.jpg

建物の跡と思われるがらんとした空間を眺めて、外に出ました。

DSCN5737SZU.jpg

双塔のまわりは下町の風情で、個人商店が並んでいます。

DSCN5726SZU.jpg

ふさふさの大型犬。暑くないのかなと思ったら、冷蔵庫から取り出したお豆腐を
もらってかじっていました。

DSCN5727SZU.jpg

ホテルへ戻ります。小さな路地に入ると「世界ふれあい街歩き」のような風情です。

DSCN5739SZU.jpg

何だか雑な感じの遊具もありました。ちょっと乗りたかったです。

DSCN5740SZU.jpg

めっちゃ洗濯物干してます。

DSCN5742SZU.jpg

次々に目の前に迫ってくる洗濯物たち。

DSCN5741SZU.jpg

完全に世界ふれあい街歩きでよくあるやつですね。

平江路ほどの洗練された雰囲気はないけれど、ごく普通の小さな路地も、なかなか味わい
深くて楽しめました。

DSCN5747SZU.jpg

そろそろ蘇州駅に向かって出発しましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト

「たびねす」ナビゲーター2ヶ月目に書いた記事たち - 2016.01.27 Wed

駆け出しのライター稼業、2ヶ月目の進捗報告です。

旅行ガイドサイトTravel.jp「たびねす」のナビゲーターとしての仕事を始めたのが
2015年12月のこと、下記のリンクは最近書いた記事たちです。(タイトルをクリック
すると別ウィンドウで開きます。)



コスパ良好!神戸のアートなゲストハウス「ユメノマド」

ビジネスホテルで温泉を満喫!「西鉄リゾートイン別府」

三世代旅行にも!子どもも楽しめる別府温泉の立寄りスポット



↑何だか「!」が多めで、妙にテンション高くてすみません。

神戸のゲストハウス・別府のビジネスホテル・別府温泉の立ち寄り観光スポットについて
それぞれ書いたものです。

どれもまだブログでは全然追い付いていませんが、昨年出かけたところでした。

ブログに比べると、どうしても記事の作成から掲載までに時間がかかりますが、来月も
10日に1本くらいのペースで書いていきたいなと思っています。

一応設定されているガイドラインや文字数に沿うように書いていますが、こんな表現で
良いのかなあとか、相変わらずの手探りです。

そして文章が長すぎても短すぎても伝わらないような気もして、なかなか難しいですね。

何だか読む人が置いてけぼりになっていそうだなあ、とか考えたりします。

更にそれは普段のブログでもそうなんでは、とかうすうす気づいたりもして、おそれ
おののく毎日でもあります。文章ってむつかしい。

旅先で見たもの、体験したものたちはどれも本当にすばらしいのに、どうにも自分の
筆が追い付かないという感じです。

ともあれ精進あるのみですね。今後もおつきあいくださると、とっても嬉しいです。

今日は告知でした。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

上海・蘇州旅行記(2日目/白楽天の気分で平江路街歩き) - 2016.01.24 Sun

寒い日が続いていますね。更にあちこち大雪になっているようです。

九州に住むようになって3年、近所で雪が積もっている様子は一度も見ていませんが、
今日は朝からちらちらと舞っています。

みなさまも、寒さと降雪、積雪にお気を付けください。



2015年7月の上海・蘇州の旅、2日目の続きです。

蘇州の平江路でうろうろしつつ、撮った写真たちをアップしておきます。

DSCN5688SZU.jpg

しっとりと落ち着いた、水郷の美しい風景です。古都の風格。

058SZU.jpg

白居易の詩など思い出しながら歩きます。
1200年前から、ここは運河が張り巡らされていたのかなあ。

059SZU.jpg

水路を行き交う小舟も、なかなか趣がありました。

DSCN5713SZU.jpg

こちらは呼び込み中。乗ってかへんか~みたいな事言ってます。

DSCN5701.jpg

メインストリートからちょっと入ると、観光客だけでなく、地元の人たちもいます。

067SZU.jpg

こんな歴史地区で、普通に暮らしているのですね。

DSCN5694SZU.jpg

もうおなかがいっぱいだけれど、おいしそうなものが並んでいると気になります。

DSCN5703SZU.jpg

満州人の装束に身を包んだ、呼び込みの人たち。辮髪つきの帽子がちょっとかわいいです。

DSCN5716SZU.jpg

レストランだったかな。

DSCN5698SZU.jpg

さえずる小鳥。木や竹の鳥かごは、雰囲気があって素敵です。えらくブレてますけど。

DSCN5693SZU.jpg

カフェも充実しています。どちらかと言えば台北にありそうな可愛い系。

064SZU.jpg

台湾系カフェも気になりつつ、スターバックスで休憩しました。

DSCN5744SZU.jpg

蘇州デザインのタンブラーが欲しかったからです。写真がなくすみません。

なんだかうろうろしているうちに、1時間くらい簡単に過ぎてしまいました。

大きな寺院と世界遺産の庭園に出かけることと、この手の水路沿いの街並みを歩くこと、
個人旅行で蘇州に行くならこの二つをメインに据えると良いかなと思います。

063SZU.jpg

特に何もしていないけれど、満足してホテルに戻りました。

DSCN5745SZU.jpg

夕方までには上海に移動しなければなりません。あまり時間がないのです。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

上海・蘇州旅行記(2日目/蘇州・平江路で朝ごはん) - 2016.01.21 Thu

2015年7月の中国、上海・蘇州の旅2日目、蘇州の朝食の話です。

098SZU.jpg

もともと前日の欠航ですっかり予定がずれ込み、初日は何も観光が出来ませんでした。

早起きして庭園の観光に行くというのも考えたけれど、また気軽に来られる蘇州です。
のんびり近所をうろうろするだけでも良いねとSちゃんと話し合いました。

何よりも、この歴史ある平江路界隈の雰囲気をすっかり気に入ってしまったことが
大きかったかもしれません。

DSCN5697SZU.jpg


宿泊したホテル「平江客棧」を起点に、平江路をお散歩がてらの朝食です。

DSCN5707SZU.jpg


観光地とは言え、朝はやっぱり人も少なめ。このエリアに宿泊している人は、それほど
多くはないのかもしれません。

運河沿いを歩きます。

辺りはとても静かで、時おり通る原付の音のほかは、鳥のさえずりが響いています。

076SZU.jpg

朝から食事が出来るお店はたくさんありました。

DSCN5704SZU.jpg

朝ごはんは何にしましょうか。

068SZU.jpg

楽しげなものも色々あります。蘇州式の点心。ひとつ40円から100円くらいです。

DSCN5700SZU.jpg

店先に大型犬。困り顔がかわいいです。

DSCN5705SZU.jpg

おしゃれな雰囲気のレストランに入ってみました。外観の写真を撮り忘れるという
痛恨の、でもまあまあの頻度で発生しているミス。

DSCN5712SZU.jpg

中国の茶器、好きです。

DSCN5709SZU.jpg

器やオブジェがいちいち素敵でした。

DSCN5711SZU.jpg


大好物の生煎。でもSちゃんも私も、ちょっと好みのものとは違いました。

079SZU.jpg

ふつうの肉まんに近い感じです。蘇州の生煎はこんなものなのかな?

大根餅もいただきました。こちらはとても美味でした。3人分とは言え多め。

078SZU.jpg

そして小龍包、決して食べかけではありません。きれいに並べないところがすごいです。

080SZU.jpg

店員さんも優しくみな笑顔で、心地良いお店でした。

満足して外に出ると少しずつ日ざしが強く、そして暑くなってきました。

覚悟はしていたものの、なかなかの蒸し暑さです。昼間に世界遺産の庭園群を観光するのは、
体力勝負かもしれません。

085SZU.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

上海・蘇州旅行記(2日目/蘇州平江客棧の朝) - 2016.01.18 Mon

2015年7月に出かけた上海・蘇州の旅2日目、蘇州の朝です。

ちょっと早くに目が覚めたので、宿泊したホテル「平江客棧」の中庭を探検してみました。

DSCN5676SZU.jpg

寝室の奥にある勝手口のような扉から、直接中庭に出られました。

044SZU.jpg

小さいながらも緑豊かな庭です。辺りはとても静かでした。

たった1泊の滞在だったこともあって、他のゲストをほとんど見かけませんでした。
白人カップルのほか、北京語を話すファミリーとすれ違ったくらいです。

各部屋は回廊でつながっています。

043SZU.jpg

求めていた中国っぽさに満足。こういうの好きです。

DSCN5679SZU.jpg

向かいは別のタイプの客室のようです。中は見えません。

DSCN5678SZU.jpg

中庭の小道を抜けると、共用部です。

DSCN5680SZU.jpg

ライブラリかと思ったら、ビジネスセンターと書いてあります。

053SZU.jpg

今まで宿泊したホテルの中で、ベストビジネスセンター賞を贈呈したい雰囲気です。

052SZU.jpg

卓上には中国将棋なんかもあるので、ライブラリのような使いかたも出来ますね。

その隣の棟がエントランスロビーです。

083SZU.jpg

柔らかな自然光が入って、趣があります。

084SZU.jpg

アンティーク家具がたくさん並んでいます。心地よい重厚感です。

024SZU.jpg

コンシェルジュにあたる人は特にいませんが、各種パンフレットや地図などがいくつか
置いてありました。写真奥の棚のあたりです。

このホテル「平江客棧」、客室から共用部まで、とても気に入りました。

DSCN5722SZU.jpg

メゾネットの客室で、この時はルームチャージで1泊1万円ほどでした。

DSCN5683SZU.jpg

5つ星ホテルに泊まる楽しみは上海に取っておいて、蘇州では古都らしい古民家ホテルに
するという選択肢、なかなかおすすめです。

DSCN5720SZU.jpg

うろうろしていたら、おなかが減って来ました。ホテルの朝食は付けていません。
ローカルな朝ごはんを食べに、街に出てみましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

上海・蘇州旅行記(1日目/蘇州平江客棧に宿泊) - 2016.01.15 Fri

2015年7月、蘇州で宿泊したホテルの話です。

今回の旅の目的はSちゃんにアンメルツヨコヨコ3本を届けることを除けば、この
ホテルに泊まることだけでした。

022SZU.jpg

明の時代の古民家を改装した宿である「蘇州平江客棧(ヘイコウキャクサン)」、中国語
(普通話読み)ではpingjiangkezhan、英語名は「Suzhou Ping Jiang Logde Hotel」です。

025SZU.jpg

最も古い箇所は築450年にもなるそうです。小ぢんまりとしたところで、静かに滞在できました。
何といっても中国ですから、静かであるというだけでもポイント高めかもしれません。

客棧というのは古い中国語でホテルを表していて、日本語でいうところの宿とか旅籠、の
ようなニュアンスがある言葉のようです。

082SZU.jpg

宿泊したのは1階、メゾネットタイプの部屋。扉はオートロックです。

DSCN5651SZU.jpg

空調も思ったより効いていて快適です。ただし古い建物ゆえに扉や窓にわずかな隙間があり、
真冬は若干すきま風が入って寒いこともあるようです。

DSCN5643SZU.jpg

控えめな照明の、レトロでクラシカルなお部屋。

本物のアンティークの家具が入っているので、しっとりと重厚な雰囲気です。

スリッパが適当に投げられている感じが、何とも中国の4つ星ホテルらしくて好きでした。

034SZU.jpg

デスクも素敵。フロントで借りたWi-Fi用のルータを使って、ネット接続もできました。
やや不安定ですが、まあ許容範囲です。デポジットのみで無料で借りられます。

DSCN5666SZU.jpg

水回りも思いのほか充実していました。洗面ボウルはおしゃれ陶器。

DSCN5645SZU.jpg

ゆったりしたバスタブのほかに、独立したシャワーブースもありました。この辺りは
お部屋によって作りが違うようです。

DSCN5646SZU.jpg

清潔感も充分だと感じました。そして水圧や排水も、私の宿泊時は問題ありませんでした。

026SZU.jpg

クロゼットにはバスローブが2着。セイフティボックスもありました。

DSCN5654SZU.jpg

冷蔵庫には無料のボトルウォーターが2本。

DSCN5648SZU.jpg

湯沸しポットとお茶、コーヒーも置かれていました。

DSCN5649SZU.jpg

そして一番気に入ったのは、この天蓋つきのベッド。いい夢が見られそうです。

DSCN5652SZU.jpg

ベッドサイドの電話も、文脈に沿ったものを置いています。もちろん使えます。

DSCN5653SZU.jpg

蘇州らしくて楽しいホテルで、満足でした。フロントでは英語対応も可能です。

020SZU.jpg

蘇州にはインターコンチネンタルやシャングリラ等もありますが、こういう古民家系も
なかなか良いものですね。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

上海・蘇州旅行記(1日目/蘇州到着・地下鉄・平江路の街歩き) - 2016.01.12 Tue

2015年7月の上海・蘇州の旅、1日目の続きです。

上海浦東空港発、蘇州行の長距離バスに乗りました。途中、上海虹橋空港にも寄ります。
交通事情にもよりますが2時間半~3時間ほどで蘇州市の中心市街地へ到着します。

DSCN5629SZU.jpg

蘇州市内では、蘇州駅の他に2、3箇所に停車します。Sちゃん任せにしていたので
どこで降りたのかよく分かりませんが、地下鉄「文化博覧中心」駅すぐの交差点でした。

DSCN5631SZU.jpg

ここから地下鉄1号線でホテルまで向かいます。初乗り2元だったかな。安いです。

019SZU.jpg

ちなみに地下鉄のセキュリティチェックは、上海に比べると厳しめのようです。
スーツケース以外のショルダーバッグなども、検査レーンを通すように言われました。

5つ目の「相門」駅で下車しました。宿泊する歴史地区「平江路」が目と鼻の先です。

運河の脇にのびる石畳の道を歩き、ホテルにチェックインしました。

DSCN5632SZU.jpg

平江路では、スーツケースはやや引きづらいかな。石畳ゆえの段差や水たまりにも注意、
原付もよく通るし人民もいっぱい歩いています。

ホテルの様子は次回に書くことにして、今日は周辺の街の様子をアップしておきましょう。

本当は午後にはこの街へ着いて、庭園か道教の寺院の見学にでも行こうと思っていたのに、
欠航の影響でずいぶん遅くなりました。結局、夕食と近所の散歩のみで終了です。

021SZU.jpg

でも、なかなか趣ある街並みで、短い散策でも充分に楽しめました。

シャッタースピードが遅かったせいか、激しくブレています。すみません。

DSCN5659SZU.jpg

夕食は、運河沿いのローカル食堂に入りました。

DSCN5660SZU.jpg

紅焼肉(豚肉の醤油煮込み)、エビとセロリの炒めもの、卵とトマトのスープなど。

037SZU.jpg

どれも江南らしい料理、そして江南らしい味付けです。

038SZU.jpg

039SZU.jpg

ビールは初めて見かけた銘柄の「雪花」。常温でもおいしく飲める味でした。

028SZU.jpg

ほろ酔いで、ふらふらと歩いてホテルへ戻ります。

美しい古都の街並みを歩く、ロマンティックな夜です。ちょっと蒸し暑いけど。

古民家リノベーションのスターバックスもありました。

DSCN5636SZU.jpg

こちらはどこかの少数民族モチーフのお店のようです。

DSCN5658SZU.jpg

初めての蘇州、ごく狭いエリアしか歩いていないけれど、なかなか良い手応えです。

DSCN5656SZU.jpg

いつの間にか夫がハルビンビールと包子を買っていました。

夫にとっては初めての中国で、ちょっと心配もしていたけれど、どうやら彼もこの街を
気に入ったみたいです。ホテルの部屋で飲み直しましょう。

DSCN5662SZU.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

上海・蘇州旅行記(1日目/上海浦東国際空港へ到着・長距離バス乗り場へ) - 2016.01.09 Sat

2015年7月の上海・蘇州の旅、欠航により半日遅れになりながらも何とか出発です。

DSCN5608SZU.jpg

CA916、15:40発、現地時間16:25の到着予定です。

DSCN5607SZU.jpg

上海の空港で待合せ予定のSちゃんに連絡をして、時間の変更を伝えておきました。

せいぜい1時間40分のフライトなので、機内食はまあ、こんなものかな。

DSCN5609SZU.jpg

シートモニターもないので、本を読んだりして過ごします。

DSCN5610SZU.jpg

ほぼ定刻どおり、16:30頃に上海浦東空港に到着しました。

DSCN5612SZU.jpg

前回は2013年の12月だったので、しばらくぶりの上海です。
到着ロビーで待っていてくれたSちゃんとも無事に会うことができました。

さて、蘇州までの交通手段は、大別すると下記の3つです。


1. 車チャーター
2. 高速鉄道(中国新幹線)
3. 長距離バス



最も楽で確実なのは1ですが、事前予約が必要な上、それなりにコストもかかります。

上海入りが虹橋空港ならば、2も便利です。虹橋空港駅から高速鉄道に乗れるのです。

福岡からは浦東空港インになるため、空港から高速鉄道の駅までに1時間程かかり、
あまりうまみがありません。という訳で、今回は3の長距離直行バスに決めました。

DSCN5614SZU.jpg

空港ターミナル内に、長距離バス乗り場の表示が出ているので安心です。

時間帯にもよりますが、杭州や蘇州へは1時間に1本程度は運行しています。
蘇州までの運賃は84元(この時1元=約20円)、所要時間はおよそ2時間半程度でした。

DSCN5615SZU.jpg

と、切符売場が長蛇の列。外国人は切符購入時にパスポートを提示する必要があるため、
Sちゃんに事前に買っておいてもらうことも出来ないところが不便です。

DSCN5616SZU.jpg

しばらく並んでようやく順番が来たと思ったら、直近のバスの座席は残念ながら完売。
仕方なく、1本後の18:10発のチケットを購入しました。

018SZU.jpg

朝の欠航から、色々なことが少しずつずれ込み、ずいぶん遅れて来ています。

とは言え、今から高速鉄道に変更するのも面倒です。白タクのような業者から勧誘も
受けましたが、素性の分からない人の車に乗るのは避けようという判断でスルーしました。

さまざま積もる話をしながら、アンメルツヨコヨコを手渡したりしながら、中国のグリコで
おやつを食べたりしながら、次のバスを待ちました。

DSCN5618SZU.jpg

18時過ぎ、ようやくバスに乗り込みます。荷物を預け、指定の席に座りました。

DSCN5619SZU.jpg

謎のカンフー映画が大音量で流れるバスで、蘇州へ出発です。

DSCN5620SZU.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

上海・蘇州旅行記(1日目/出発まで・福岡空港でまさかの欠航) - 2016.01.06 Wed

新しい年になったところで、新しい旅行記です。と言っても2015年7月の話なのですが。

久々の中国です。上海・蘇州へ行ってきました。

124SZU.jpg

ものの発端は6月、上海在住の親友・中国人Sちゃんと、何気なくやり取りしていたチャットでした。
そろそろ会いたいねという話になり、

「そうね、久しぶりに中国に行こうかな。何か日本から買って来て欲しいものはある?」

と尋ねたところ(資生堂の化粧品、みたいな答えを想定していました)、

「アンメルツヨコヨコ」

と、想定していた範囲をはるかに超えてくる返答でした。



これはもう、何を置いても届けに行くしかありません。
アンメルツヨコヨコ3本を握りしめて、私は機上の人となりました。

ちなみに直前になって「追加でサンテFXネオ2本も」というリクエストも来ました。

【第2類医薬品】参天製薬 サンテFXネオ 12ml

【第2類医薬品】参天製薬 サンテFXネオ 12ml
価格:498円(税込、送料別)



腕利きエンジニアのSちゃんは、もともと目や肩に負担がかかる生活ではありますが、
それにしても疲れすぎじゃないかしらん。



さて、そんな訳で2015年7月、上海・蘇州2泊3日の旅です。
中国国際航空で福岡-上海浦東への往復でした。ANAのマイレージも少し付きます。

午前便で上海に入り、Sちゃんと一緒に高速鉄道で蘇州まで移動というスケジュールにしました。
蘇州はずいぶん昔に、無錫への出張の途中に車窓から眺めて気になっていた街です。

わくわくと出かけましたが、福岡空港でまさかのアクシデントに遭遇しました。

DSCN5605SZU.jpg

出発1時間半前なのに、カウンターが開いていないのは何故かしらと思ったら、
「CA804、上海行きは機材繰りの都合で欠航」とアナウンスが流れはじめました。

最近は帰りにディレイや欠航に合うことが多く、ある程度の事では驚かないつもりです。

それでも、行きの便がさっそく飛ばないだなんて、予想外の展開でした。

その後ようやく開いたカウンターでは、同じ中国国際航空の午後便への振替を提示されました。

福岡からは中国東方航空でも上海行きが飛んでいます。そちらへ変えてもらえないか交渉して
みようかなと思っていたのですが、なんとそれも2時間超のディレイとの事。

前日に大阪あたりを通った台風のために、機材があちこちで足りなくなっているようです。

中国国際航空の午後便CA916への振替+1,000円分の空港内ミールクーポンで決着しました。

015SZU1.jpg

旅行中の数時間って、1,000円では済まないなあとも思うけれど、当日中に飛んでくれるだけ
良しとしましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

2016年の年始に・あけましておめでとうございます - 2016.01.03 Sun

あけましておめでとうございます。

今年最初の写真は、母のふるさとの小さな島で撮りました。

IMG_9934HSM.jpg

どこまでも静かで穏やかなところです。

世界には美しい海がたくさんあるけれど、私にとって、ここ以上に懐かしくて愛おしい
海はないかもしれません。

皆様どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (9)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (3)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR