2015-11

日帰り旅/唐津(くんちの曳山14台を全部見てみた) - 2015.11.28 Sat

2015年春の唐津日帰り旅、最終です。くんちの舞台を訪ねましょう。

唐津くんちは毎年11月に行われる唐津神社の秋季例大祭で、漆で美しく装飾された
14の曳山(ひきやま)が、城下町を練り歩くさまは圧巻です。
人口12万ほどの街に、祭りの期間中にはのべ50万もの人が訪れるともいわれます。

まずは唐津神社にお参りしました。

DSCN5390YBK.jpg

意外なほど小さなお社ですが、空気が清廉で気持ちの良いところでした。

DSCN5391YBK.jpg

続いては神社に隣接する「唐津くんち曳山展示場」。

DSCN5366YBK.jpg

入場料は大人300円(2015年11月現在)です。敷地内に無料の駐車場もありました。

DSCN5367YBK.jpg

ここで、何を置いても見たかったのが、五番曳山の「鯛」。

DSCN5372YBK.jpg

かわいいです。資料映像によると、エラなど動くらしいです。かわいすぎます。

DSCN5373YBK.jpg

そして驚くべきは、この曳山達がどれも実に古いことです。

最も古いのは一番曳山の「赤獅子」。1819年の作なので、もう200年近く現役です。
さっきの鯛(1845年作)から見たら赤獅子先輩、って感じでしょうか。

DSCN5368YBK.jpg

赤獅子が造られた1819年は文政二年、まさに化政文化の時代です。
ダイナミックで技巧にたけて、そしてどこか諧謔的。江戸の感性が全開です。

せっかくなので、他の曳山もご紹介しましょう。二番曳山「青獅子」

DSCN5369YBK.jpg

三番曳山「亀と浦島太郎」、亀ってこんなんでしたっけ?

DSCN5370YBK.jpg

ガラスの映り込みが見苦しくてすみません。四番曳山「源義経の兜」

DSCN5371YBK.jpg

目つきの悪さがたまらない六番曳山「鳳凰丸」

DSCN5375YBK.jpg

七番曳山「飛龍」

DSCN5377YBK.jpg

八番曳山「金獅子」

DSCN5378YBK.jpg

これもけっこう好きでした。九番曳山「武田信玄の兜」

DSCN5379YBK.jpg

十番曳山「上杉謙信の兜」

DSCN5380YBK.jpg

独特の世界観の十一番曳山「酒呑童子と源頼光の兜」

DSCN5381YBK.jpg

十二番曳山「珠取獅子」は、少し離れた修理庫「曳山の蔵」で修復中でした。

DSCN5394YBK.jpg

最後の二つは最も新しく、明治9年の作です。十三番曳山「鯱」

DSCN5383YBK.jpg

十四番曳山「七宝丸」

DSCN5384YBK.jpg

どれもこれも迫力があってリズミカル、見飽きることがありません。じっくり楽しめました。

唐津は、なかなかに奥行のある街でした。唐津城も遠くから眺めただけだったし、
またの機会を作って、改めて訪れたいところです。

DSCN5396YBK.jpg

往路に見かけた松浦川も、なかなかに心惹かれました。万葉集の歌枕です。

DSCN5284YBK.jpg

大伴旅人の気持ちで、ふらふらと歩いてみるのも楽しそう。再訪するしかないですね。

佐賀、唐津の日帰り旅でした。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事
スポンサーサイト

日帰り旅/唐津(ふく萬坊でスケスケのイカ)  - 2015.11.25 Wed

2015年4月の佐賀県・唐津の日帰り旅、続きです。
七ツ釜遊覧船「イカ丸」を楽しみ、「マリンパル呼子」の船着き場に戻りました。

DSCN5343YBK.jpg

ちょっと遅めのお昼ご飯に出かけます。呼子でランチと言えば、イカ一択です。

DSCN5344YBK.jpg

めっちゃ回ってますし。

いかしゅうまい発祥の店「萬坊」は、呼子大橋近くにある本店の海中レストランが
有名ですが、この船着き場近くにも支店があります。行ってみましょう。

DSCN5355YBK.jpg

「ふく萬坊」。イカとふくの店です。2階の座敷でいただきました。

呼子いか活き造りコース、税込2,860円。

150426 135259YBK

小鉢は、茎わかめとイカの和え物。

150426 135218YBK

茶わん蒸しとか

150426 142833YBK

名物のいかしゅうまいなども出てきますが

150426 14155YBK

やっぱりメインはこれです。

150426135638YBK.jpg

スケスケのイカ。イカの種類は、季節によって変わります。

150426 135654YBK

しっかりした歯ごたえの後から、甘みがやって来ます。おいしいです。

身を食べ終わった後の下足は、天ぷらか塩焼きを選んで調理してもらいます。

150426 142737YBK

この天ぷらが、お造りに負けず美味でした。柔らかくて簡単にかみ切れます。

身が硬いために中身だけ取れて箸のほうに衣だけ残って、もはや何を食べているかよく
分からない、みたいなことにはなりません。低レベルな話ですみません。

単品メニューもあります。いかうに丼。九州のちょっと甘目のお醤油がよく合いました。

150426 142013YBK

福岡や熊本でもおいしいイカの活け造りを食べることが出来るお店はあるのですが、
やはり一度は呼子で食べてみたかったのです。

デザートに辿り着いたころには、すっかりおなかがいっぱいになりました。

150426 142509YBK

ごちそうさまでした。

「萬坊」本店は、連休などは開店前から大行列になったりしているようです。

私達がおじゃました「ふく萬坊」もそれなりに混雑していましたが、本店に比べれば
すいている事が多いようです。ご参考までに。

DSCN5351YBK.jpg

さて、熊本に帰る前にもうひとつ、唐津市内で寄りたいところがあります。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

日帰り旅/唐津(マリンパル呼子のイカ丸・七ツ釜遊覧)  - 2015.11.22 Sun

2015年はディスカバー九州、ということであちこち出かけていますが、佐賀の話です。

おいしいイカを食べるため、呼子(よぶこ)への日帰り旅です。

呼子は佐賀県唐津市の一部です。くんちに唐津城に朝市と、観光資源の多いところですね。

DSCN5286YBK.jpg

呼子に着くと、朝市にはもう遅いけれど、ランチには若干早い時間です。
奇岩と洞窟の景勝地、七ツ釜の遊覧船に乗ることにしましょう。

DSCN5287YBK.jpg

船着き場「マリンパル呼子」近くの有料駐車場に車を停めました。
目の前の海には、イカ釣り漁船が並んでいます。

DSCN5288YBK.jpg

イメージ通りの呼子っぽい景色にときめきつつ、乗船チケットを購入します。

DSCN5290YBK.jpg

船は2種類クジラをかたどった海中展望船「ジーラ」とイカをかたどった七ツ釜遊覧船
「イカ丸」です。そのネーミングセンスに驚愕しつつ、私達は「イカ丸」に乗船します。

DSCN5341YBK.jpg

予想以上のイカ感。乗船料は大人1,600円(2015年11月現在)。40分ほどのクルーズです。

DSCN5292YBK.jpg

9:30~16:30まで、1時間毎に船が出ています。季節により増発等の変動もあり、
また天候によっては欠航もあるので、当日の運航状況を事前にウェブサイト等で
確認されることをおすすめします。

出航しました。

DSCN5298YBK.jpg

全然海育ちではないのに、漁村の景色って、何だか懐かしい気持ちになります。
美しいフォルムの呼子大橋を遠巻きに眺めます。

150426 132453YBK

しばらく進むと、奇岩が見えて来ました。

DSCN5310YBK.jpg

港を離れるにつれ、少しずつ風が強くなって来ます。脳内BGMはソフトバンクホークスの
応援歌「いざゆけ若鷹軍団」の冒頭「♪玄界灘の潮風に~」の一択。

DSCN5307YBK.jpg

さらに船は進み、七ツ釜の洞窟の入口に着きました。

150426 130327YBK

玄武岩の断崖が波によって削られ、7つの洞窟が出来たので「七ツ釜」です。

150426 131008YBK

洞窟の中まで、イカ丸は入っていきます。久しぶりに、気分は川口浩探検隊。

DSCN5319YBK.jpg

船が入れるような大きい洞窟で、間口は3メートルほどあります。

DSCN5318YBK.jpg

玄武岩が目の前で、なかなかの迫力。波が高い時は入れないだろうなあという感じです。

DSCN5323YBK.jpg

堪能しました。思ったほど海の透明度は高くないけれど、おもしろい体験でした。
近隣の宿やイカ料理店では割引クーポンが置いてあることも多いので、ご確認ください。

DSCN5314YBK.jpg

さて、そろそろおなかが減って来ました。イカが私を呼んでいます。

DSCN5331YBK.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

NIKON COOLPIX P330 の電源が入らない件 - 2015.11.19 Thu

買って2年ほどしか経っていないカメラ、NIKON COOLPIX P330が、何だか動いてくれません。

IMG_9798ITF.jpg

何だか動いてくれないというか、電源が入りません。

電源が入らない、というのはけっこう重症という気もしますが、とりあえずGoogle検索に
頼ってみたところ、意外な対処法を発見しました。

「バッテリーの電源供給面の金属部分(↓の赤丸のあたり)をメガネクロス等の柔らかい布で拭き、
再度電源を入れなおすと復活する」というもの。P330での実績ありです。

IMG_7326ITF.jpg

本当かしらんと疑いつつも試してみると、なんと本当に立ち直りました。

さくっと電源が入りました。「メガネクロスで拭いてみる作戦」は案外有用です。
同じ症状でお悩みのあなたも、ぜひ一度試してみてください。

バッテリーの復活具合を確かめるべく、さっそく撮影に出かけました。
熊本県庁のイチョウ並木は、紅葉の美しい11月にはライトアップがあるのです。

DSCN6285ITF.jpg

夜景モードです。

DSCN6283ITF.jpg

まあまあ撮れていますが、肝心の紅葉があまり進んでいないような気がします。

DSCN6277ITF.jpg

むしろきれいな緑ですけど、大丈夫でしょうか。

DSCN6281ITF.jpg

紅葉見物に来ている人たちがみんなして、ちょっとでも葉が色づいている場所を
見つけては寄ってたかって撮影する、という何だかシュールな光景でした。

ともあれP330復活の慶賀であろう、と思ったのですが、家に帰って再生しようとした
ところ、再び電源が入らなくなってしまいました。

「メガネクロスで拭いてみる作戦」は、私のカメラにおいては短命だったようです。

その後も何度もバッテリーを取り出しては拭きまくっているのですが、残念ながら
成果はあがっていません。

Amazonなどでバッテリーを買い足すか、いっそP330以外のカメラに買い替えて
しまおうか、今ちょっと悩んでいます。

もともと写真撮影が趣味というほどではないし、最近はスマートフォンのカメラ機能も
本当に素晴らしいのですが、やっぱりデジタルカメラは旅の重要アイテムですよね。
それがたとえ安価なコンデジであっても。

最近出ているカメラを見るために、お店にも行ってみようかなと思っています。そして
「メガネクロスでバッテリーを拭く」以外の解決策も、探してみようかしら。

DSCN6282ITF.jpg

いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

帰省(2015年10月/中部国際空港・矢場とんの味噌かつ) - 2015.11.16 Mon

現地時間の2016年11月13日夜に、パリで起きてしまった同時多発テロのこと、
パリ近郊に私の家族が住んでいますが、全員無事でした。

月曜になり、少しずつ平穏を取り戻しつつあるようです。

まだこの先どうなるか分かりませんが、すべての国や地域で、このような事が二度と
起きないことを願っています。そして犠牲となった人々の、ご冥福をお祈りします。



さて、2015年10月の帰省で撮った、残りの写真をアップしておきましょう。

往復とも利用したのはセントレア(中部国際空港)です。

IMG_9334CRH.jpg

国際線側のデッキに出てみると、飛行機がたくさん並んでいました。

IMG_9279CRH.jpg

ルフトハンザにチャイナエアライン、大韓航空。東方航空の向こうはエアチャイナかしら?

IMG_9280CRH.jpg

小ぶりなJALの先はタイ航空にベトナム航空、キャセイもいました。遠くへ行きたいです。

この時は、デッキのイルミネーションはありませんでした。先ほど公式サイトを見たら、
11月7日から始まったようです。2016年3月末までの点灯なのだそうです。

DSCN6093CRH.jpg

イルミネーションがなくても、夕暮れ時の空港はロマンティックです。

IMG_9340CRH.jpg

この日はちょっと肌寒かったけれど、お散歩は楽しめました。

職場その他へのお土産も空港で調達しました。エビフライを抱えるリラックマが山積み。
「えびふりゃー」と本当に発音する人に、一度で良いから会ってみたい。

DSCN6095CRH.jpg

ちなみにその横、雷門の提灯を持ったくまモンって、一体どこのお土産なんでしょうか。

そんな事が気になりつつもお土産を無事に揃え、最後に名古屋めしで夕食です。

DSCN6090CRH.jpg

味噌かつの「矢場とん」に入りました。ひれとんかつ定食1,836円。

IMG_9336CRH.jpg

さらっとしたタレはしつこくなく、甘みが強い味付けでした。辛子やゴマで調節すると
良い感じです。

好き嫌いの別れる味ではありますが、矢場町の本店は行列必至とも聞きますし、空港で
手軽に名古屋めしを食べてみたい、という時にはおすすめです。

DSCN6088CRH

ちなみに愛知や岐阜の街には、「矢場とん」の他にも味噌かつを食べられるお店がたくさん
あります。むしろ味噌とか一切書いていない普通の「とんかつ」を注文しても、デフォルトで
味噌がついて来たりしますので、苦手なかたはご注意を。

そんなこんなで帰省を終え、熊本に戻りました。今年の帰省はこれでおしまいかな。
いつだって、ふるさとはやっぱり、良いものです。

いつも読んでくださってありがとうございます。


名古屋名物みそかつ矢場とん みそだれ

名古屋名物みそかつ矢場とん みそだれ
価格:540円(税込、送料別)






関連記事

帰省(2015年10月/国宝犬山城・五平餅) - 2015.11.13 Fri

2015年10月、帰省の話の続きです。
少しくらい地元の名所にも行っておこうかなという事で、犬山(いぬやま)城です。

犬山城の所在地は愛知県犬山市ですが、愛知と岐阜の県境を流れる木曽川のほとりに
建っているため、川の向こうにたたずむ様子が岐阜県民からも親しまれています。



岐阜県側からのビューポイントで車を停めて、しばし見物しました。

DSCN6040IYJ.jpg

と、お城に見とれていたら、背後からお囃子が聞こえてきました。
ちょうど秋祭りの時期だったようです。御神輿の行列に出会うことができました。

IMG_9301IYJ.jpg

曇りだからか、思いきりビニールかぶせられてますけど。

御神輿を見送った後、犬山城へ移動しました。お城近くの有料駐車場が満車だったため、
市役所の隣の駐車場を利用して、15分ほど歩いて向かうことになりました。

城下町の風情ある街並みを散策するのもまた楽しいので、良しとしましょう。

DSCN6045IYJ.jpg

犬山城の築城は室町時代、今なお天守が現存する貴重な城です。

DSCN6050IYJ.jpg

現在は財団法人になっていますが、私が子供のころの犬山城は、個人の所有でした。
旧藩主の成瀬家が、長年に渡り城を維持されてこられたのは、すごいことだと思います。

DSCN6052IYJ.jpg

入場料は大人550円(2015年11月現在)。

IMG_9310IYJ.jpg

国宝の天守は何だか小さいです。居城ではなく、戦闘の場としてのリアルなサイズ感。

DSCN6056IYJ.jpg

階段が急な上に、すべりやすくなっています。寒い季節、靴下などお気をつけください。

DSCN6067IYJ.jpg

最上部の狭い回廊が大混雑。牛歩戦術状態で進みました。

DSCN6060IYJ.jpg

お天気が良くないものの、なかなかの眺めです。木曽川が天然のお堀なのですね。

DSCN6063IYJ.jpg

お城のふもとの針綱神社にお参りをして帰ります。
修繕なのか耐震補強の類か分かりませんが、狛犬がとらわれた風情に見えました。

IMG_9326IYJ.jpg

帰り道、五平餅を買ってみました。五平餅は中部地方で広く作られている郷土料理です。

IMG_9329IYJ.jpg

餅と名乗っていますが、きりたんぽを平たくして、くるみやゴマを合わせて甘く味付けた
味噌を塗って香ばしく焼いたものをイメージしてもらえば大体OKです。

岐阜の五平餅は小判型が多いのですが、これは平たくて丸い形状でした。
地域によって違うのかしらん。形は違えど、なつかしい郷土の味です。

今回は岐阜から向かいましたが、犬山は名古屋からも近いところです。

DSCN6058IYJ.jpg

名古屋駅から犬山駅までは、名鉄電車で30分足らずでアクセスできます。名古屋に
来たついでに犬山城に立ち寄る、というのもおすすめです。ご参考までに。

いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

帰省(2015年10月/最初で最後のジェットスター) - 2015.11.10 Tue

2015年10月、帰省した話の続きです。
前回はホテルのことを書いたので、フライトについても備忘録です。

行きはANA 336で阿蘇くまもと空港-中部国際空港(セントレア)でした。

DSCN6007CRH.jpg

金曜の最終便で、スーツ姿のビジネスマンからガイドブックを持った観光客まで、客層は
さまざまです。単身赴任風の人の姿もちらほら。

小さなプロペラ機での運航です。ボンバルディアDHC8‐Q400でした。

DSCN6015CRH.jpg

沖止めなのは、機体が小さいからでしょうか。ぞろぞろ歩いて乗ります。

DSCN6014CRH.jpg

満席で、やや遅れての出発でしたが、セントレアには定刻どおりに到着できました。

帰りは3連休の最後、日曜の最終便を狙ったため、何とANA、FDA(JAL)ともに満席。

キャンセル待ち状態が続くのも落ち着かないので、初めてジェットスターに挑戦しました。

ジェットスターは国際線・国内線ともに未経験です。緊張しつつのぞみました。

DSCN6088CRH.jpg

とは言えセントレアも熊本も、LCCターミナルがある訳でもなく、その他の航空会社を
利用する時と、それほど大きな違いはありません。

私が取っていたチケットは、預入手荷物の重量は10キロまでという制限があったので
ちょっとドキドキしたくらいです。

DSCN6087CRH.jpg

計測すると9.95キロ。
ギリギリやないかーいと心の中でつっこみつつ、手荷物カウンターを無事にクリアしました。

旅行の荷物は少ないたちですが、帰省は色々と持たせてもらって、ものが増えがちです。

DSCN6096CRH.jpg

国内線でたった1時間のフライトでは、機内も特にどうということはなかったです。
CAさんが何だかフランクな口調なのと、ブランケットや飲み物が有償な事くらいでしょうか。

DSCN6098CRH.jpg

革張りのシートも問題なし。非常口席だったため、座席の足元はゆったりしていました。

今後もANAやJALが取りづらい時期にはお世話になろうかしらと思っていたものの、この
時から一ヶ月足らずで、ジェットスターの名古屋-熊本便は運休になってしまいました。

IMG_9344CRH.jpg

ある意味貴重な経験になったかしら。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

ホテル宿泊記(中部国際空港セントレアホテル) - 2015.11.07 Sat

帰省のついでに、一年ぶりに中部国際空港セントレアホテルを利用しました。

2015年10月です。昨年と変わり映えしませんが、写真をアップしておきましょう。

IMG_9259CRH.jpg

中部国際空港セントレアホテルは全221室、空港直結という立地が最大の魅力です。

仕事を終えて、熊本空港発の最終便で中部国際空港に着いたのが21:30のこと。

DSCN6018CRH.jpg

預入手荷物を受け取り、チェックインしたのは22時くらいだったと思います。

IMG_9261CRH.jpg

ダブルベッドの客室は32㎡。そこそこゆったりとした印象でした。

IMG_9272CRH.jpg

IMG_927ACRH.jpg

スタンダードツインも同じ広さです。カップルでの利用でスーツケースを二つ広げたい、と
いうような場合は、有効床面積の広いダブルベッドの客室をおすすめします。

IMG_9270CRH.jpg

航空機の離着陸に伴う騒音は、今回も特に感じませんでした。

DSCN6019CRH.jpg

総じて好きなホテルですが、夜遅くの到着の場合は食事に困るのが難点です。

21:30の到着の場合、空港のレストランはほぼ終わっています。
2階の到着ロビーにある刀削麺屋さんか、ホテル隣のカフェバーPRONTOの二択。

PRONTOに行ってみましたが、なんと入口に行列が出来ていました。
東方航空のCAさん達も、制服姿でキャリーケースを携えて並んでいます。

仕方なく隣のファミリーマートでお酒と食糧を調達し、お部屋で飲みました。
もう少し、夜遅い時間でも食事が出来る場所があると嬉しいです。

さて、ごはんも食べたし、お風呂にしましょう。安定の水回り。

IMG_9265CRH.jpg

IMG_9268CRH.jpg

IMG_9269CRH.jpg

IMG_9267CRH.jpg

洗い場のあるビューバスです。客室面積を考えれば、上出来の広さでしょう。

IMG_9266CRH.jpg



朝になりました。滑走路でドリームライナーがお仕事中。おつかれさまです。

DSCN6020CRH.jpg

朝食はロビー階の「レストラン コスモス」です。

DSCN6023CRH.jpg

高級感はありませんが、空港ビューが楽しく、けっこう好きです。

DSCN6024CRH.jpg

ついついやってしまう小倉トースト。

IMG_9278CRH.jpg

子どものころから見かけていたせいか、小倉トーストがとてつもなく奇異な食べ物の
ように語られるのが不思議です。あんぱんと大して変わらないですよね。

IMG_9275CRH.jpg

バフェでたっぷりいただきました。宿泊プランに含まれない場合も、朝食は1,620円で
利用することができるようです。

深夜に実家に着くよりは気楽で、のんびり過ごせました。

フライトの前後泊にはおすすめのホテルです。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

温泉探訪(由布院・湯の坪街道・金鱗湖)  - 2015.11.04 Wed

別府温泉の旅行記のついでに、由布院温泉の話です。
たまたま由布院に立ち寄る機会があったので、備忘録的に書いておきましょう。

150405 101458BPS

基本的にこのブログは「○○へ行って○○をして楽しかった」と、小学生の日記のような
スタンスで書いていますが、今日は失敗談というか、今ひとつだったなという話になります。

あ、もちろん否定したり、けなしたりする意図はありません。

残念ポイントというか敗因としては、以下の点かと思います。

  1. お天気が良くなく、由布岳が見られなかった
  2. 宿を取っていないため、静かな場所で過ごせなかった
  3. 日曜のお昼前という、混雑するタイミングで行ってしまった
  4. 前評判が良すぎたせいか、自分でハードルを上げていた

とりあえず分かったのは、由布院はふらりと通りがかって楽しめるところではなさそうだと
いう事です。やはり高級旅館に泊まり、お部屋でのんびり過ごすのが良いのでしょう。

メインストリートの「湯の坪街道」は賑わっていますが、日本各地の有名観光地によくある
雰囲気。例えるなら鎌倉の小町通り、京都の嵐山みたいな感じでしょうか。

DSCN4996BPS.jpg

修善寺や城崎のような落ち着いた温泉街を想像していたので、ちょっと拍子抜け。

DSCN4997BPS.jpg

スイーツの美味しいお店もあると聞きますが、どこも大行列でした。
私が訪れたのは日曜の午前、とにもかくにも人が多すぎたようです。

DSCN4994BPS.jpg

土地勘のある人は、街の喧騒から少し離れて過ごしておられるのかもしれません。

ビギナーの私はメジャー観光地の金鱗湖にたどり着いてしまいました。

150405 104456BPS

朝霧のタイミングに行けたらとても素敵なのかなと思います。
昼間に見る限りは、普通だなあと思ってしまいました。何なら湖というより池です。

DSCN4992BPS.jpg

紅葉の季節に、そして朝霧の時間帯にでも再訪してみたいです。

150405 104617BPS

そうこうしているうちにも、大型バスでどんどん団体客がやって来ます。

退散しましょう。
さて、そんな金鱗湖からすぐに、御三家のひとつがあります。亀の井別荘。

150405 104917BPS

さすがの風格がある門構えでした。

150405 105051BPS

隣接して亀の井別荘のお土産物屋さん「鍵屋」があり、宿泊者でなくとも出入りが出来ます。

おしゃれなお店ですが、国内外からの観光客でごった返していて、かなり賑やかでした。

150405 104854BPS

そんなこんなで、あまりの喧騒に気勢をそがれて、立ち寄り湯にすら行かず、早々に
帰ってきてしまいました。

DSCN4999BPS.jpg

歓楽街がなく、美味しいスイーツが多いので女性に人気というのが由布院の売りのひとつ
ですが、街の雰囲気としては、私は別府のごちゃごちゃ感の方が好みかな。

次に由布院に行く機会があれば、吟味した宿を予約して、のんびり過ごしたいと思います。

参考にならない記事ですみません。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

温泉探訪(別府湾SAでピザ・うみたまご) - 2015.11.01 Sun

別府、鉄輪温泉の記録の続きというか残り、周辺の写真です。

昭和な温泉だけでは物足りないあなたにも、参考にしていただければ幸いです。

熊本から別府までは、高速道路を利用しました。
ちょっと早めのランチに立ち寄ったのは、別府湾SAです。

DSCN4858BPS.jpg

フードコートもあるけれど、今日はレストラン「アルテジオダイニング」に行きましょう。

DSCN4862BPS.jpg

古民家を移築したという一軒家レストランで、サービスエリアの敷地内であることを
忘れるほどの居心地の良さでした。

DSCN4863BPS.jpg

お天気が良ければ別府湾を一望のはずが、この日はあいにくの曇り空。
でも石窯のピザは、天候に関係なく美味です。

150404133445BPS.jpg

ふわふわのシラスに、かぼすの果汁を絞っていただきます。

しっかり酸味のあるトマトと、ルッコラの香り豊かなビスマルクも良かったです。

150404 134139BPS

大満足のランチの後で立ち寄った観光地も、紹介しておきましょう。
別府のすぐ隣、大分市にある水族館「うみたまご」に行きました。

DSCN4876BPS.jpg

入場料は大人2,200円(2015年10月現在)。

DSCN4888BPS.jpg

トドやセイウチのショーが見られるというのがちょっと珍しく、人気のようです。

150404 150235BPS

水槽がインフィニティプール状態のエリアも。どこのアジアンリゾートですか。

150404 152925BPS

何だか無闇におしゃれに見えますが、手前が「タッチプール」というゾーンで、ちびっこたちが
ヒトデに触ったりしていました。

この時はまだ工事中でしたが、今は「あそびーち」という施設が出来ており、イルカと
触れ合ったりできるというのが売りのようですね。

その他、うみたまごの生き物たちを載せておきましょう。

150404 151359BPS

150404 151651BPS

150404 151319BPS

150404 152302BPS

150404 153427BPS

150404 152551BPS

うみたまごの隣には国立公園の「高崎山自然動物園」もあるので、ファミリーで
出かけて一日中遊ぶ、なんていう使い方も人気のようです。

セット券等の割引料金の制度があれば良いのですが、今のところ設定は無いようです。

別府温泉の関連情報でした。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR