2015-07

鹿児島旅行記(1日目/ソラリア西鉄ホテル鹿児島)  - 2015.07.29 Wed

九州北部もようやく梅雨明けしたようですが、早速うだるような暑さです。

全国的にも、あちこちで高温注意報が出されたりしているようですね。
どうぞ皆様ご自愛ください。

367KGM.jpg

涼しい季節が恋しいので、2015年2月の鹿児島旅、宿泊したホテルの話です。

鹿児島中央駅前に建つ、「ソラリア西鉄ホテル鹿児島」を予約していました。

DSCN4325KGM.jpg

宿泊者は、無料で駐車場を利用できます。ビルの外観はこんな感じ。

376KGM.jpg

チェックインの際に、女性には追加のアメニティを見せてくださいます。
クリップとシュシュをいただけたので、とても便利でした。

DSCN4331KGM.jpg

客室フロアまでのエレベーターは、カードキーをかざして動かすタイプです。

直前すぎる予約だったため、残念ながら桜島側の客室は満室でした。
桜島ビューは、ロビーの窓から楽しむことにしましょう。

362KGM.jpg

鹿児島中央駅側のコーナーダブルのお部屋です。二面採光。

364KGM.jpg

駅前立地なので、客室は小さめです。このタイプで22.2㎡でした。

大きなスーツケース二つを広げたい、というような人には向いていないかな。

デスク周りに備品は一通りそろっています。加湿器も実装でした。

365KGM.jpg

写真では分かりづらいのですが、電気ケトルと緑茶もありました。ペットボトルの水は2本。
また、製氷機は各階にあり、ビルの1階にコンビニが入っています。

クロゼットの幅はスリッパ2足分と少し。

369KGM.jpg

窓際のソファは二人掛けの小さいものでした。

366KGM.jpg

総じてコンパクトな作りですが、機能性と清潔感は充分です。

370KGM.jpg

水回りはこの通り。そこはかとなく無印良品風味。

371KGM.jpg

基本のアメニティも二人分そろっていました。

373KGM.jpg

独立したバスタブのあるビューバス。まあ見えるのは主に隣のダイエーなんですけど。
客室の面積の割にはゆったりとしていて、なかなか快適なお風呂でした。

372KGM.jpg

窓からの眺め。鹿児島中央駅と、駅ビル「アミュプラザ」の観覧車がきれいです。

DSCN4335KGM.jpg

ホームに九州新幹線が停まっている様子も見えました。鹿児島中央駅は終点なので、
白いライトが赤に変わり、博多行きとして折り返していく様子を眺めることができます。

DSCN4336KGM.jpg

鉄子でなくとも、けっこう楽しめました。

駅ビルが目の前にあり、夕食は目星をつけていた屋台村に歩いて行けて、便利でした。

格安という訳ではないものの、居心地の良さと立地を考えれば、選択肢のひとつとして
悪くないと思います。桜島側のお部屋なら、鹿児島らしい眺望も楽しめるのかな。

次回は屋台村の夕食の話です。いつも読んでくださってありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト

鹿児島旅行記(1日目/世界遺産登録前の尚古集成館・安納いも)  - 2015.07.26 Sun

2015年2月の鹿児島旅1日目、続きです。仙巌園の見学を終え、尚古集成館に向かいます。

345KGM.jpg

と、仙巌園の出口に向かう途中のお土産物店で、見つけてしまいました。大好物の安納芋。

DSCN4300KGM.jpg

濃厚な甘み。観光地価格だったけれど、熊本のスーパーに置いてあるものとは別次元のおいしさでした。
種子島に安納いもを食べに行く旅も、いつか計画したいです。

360KGM.jpg

さて、仙巌園の隣にある尚古集成館です。1,000円の共通チケットで入場できます。

DSCN4304KGM.jpg

島津斉彬の興した「集成館事業」における機械工場として江戸末期、1865年に竣工した
石造りの洋館です。国の重要文化財にも指定されています。

348KGM.jpg

そして2015年7月に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、
石炭産業」の構成資産のひとつでもあります。

この時はまだ登録前のオフシーズンだったからか、すいていました。

内部の写真がなくてすみません。薩摩ってすごい、と小学生みたいな感想を持ちました。

薩摩藩は江戸や京、大坂から遠く離れ、ちょっと海に出れば東シナ海という地理条件です。

とんでもない外様に置かれても、へこたれるどころか琉球に侵攻してみたり、幕末には
英国を相手に戦ってみたり、ついには江戸幕府をひっくり返す原動力を持ったり、薩摩藩、
島津家はモンスターみたいな存在です。

そしてやみくもに刀を抜いて戦うだけではなく、集成館事業で製鉄・造船・紡績などの
西洋式の産業を興し、近代化を進めようとしたなんて、斉彬は恐るべき人物です。

350KGM.jpg

でも世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の中では、
尚古集成館はやや分かりづらいタイプの資産かもしれません。

351KGM.jpg

一連の遺産群で、軍艦島や万田坑、韮山反射炉などは、見た目のインパクトがありますよね。

例え世界遺産登録において評価された本来の意義、当時果たしていた役割や歴史的位置
づけや希少性を知らなくても、何かすごい、かっこいい、みたいに楽しめます。

廃墟がかっこいいから世界遺産になった訳ではなくても、ビジュアル面のインパクトが
大きいものほど、観光客を呼べそうなのは確かでしょう。

DSCN4306KGM.jpg

尚古集成館は、私の知識の浅さや想像力の乏しさのせいもあるけれど、展示を見て説明
書きを読み、当時の薩摩藩と幕府、朝廷、諸外国の動きなどを考えてみてようやくその
素晴らしさが分かったように思います。

「幕末」「薩長」みたいなキーワードにノスタルジイを感じない外国人観光客などにも
アピールするならば、見せ方にもさらに工夫の余地があるかもしれません。

まあ、私に心配される筋合いは無いのですが、そんな事をちょっと感じました。

DSCN4266KGM.jpg

その後は克灰袋(降った桜島の灰を回収する袋)を眺めて鹿児島らしさを感じつつ

DSCN4323KGM.jpg

「西郷銅像撮影ひろば」を通りがかったりしてみました。

DSCN4320KGM.jpg

西郷さんのてっぺんに鳥がとまっていますが大丈夫でしょうか。動揺して、ぶれました。

DSCN4314KGM.jpg

広場の隣に建つ中央公民館(登録有形文化財)も、なかなか素敵な建物でした。

354KGM.jpg

次回は宿泊したホテルの話です。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

鹿児島旅行記(1日目/名勝仙巌園・両棒餅) - 2015.07.23 Thu

2015年2月、かき氷「白くま」の季節でもないのに鹿児島に行ってきました。

309KGM.jpg

急に思いついて出かけたので、ノープランです。まずは仙巌園に行ってみましょう。

303KGM.jpg

入場料は大人1,000円(2015年7月現在)。隣の尚古集成館も同じ入場券で見学できます。

仙巌園(磯庭園)は17世紀の半ば、島津家の19代である光久によって築かれた別邸です。

306KGM.jpg

日本史に明るくない私は、島津斉彬くらいしか知らなかったのですが、斉彬で28代目と
いうことなので、仙巌園が造られたのはずいぶん前になりますね。

庭園のはずなのに、入ってすぐに大砲。奥の石垣は反射炉の跡です。

DSCN4302KGM.jpg

薩英戦争でイギリスの船まで弾が全然届かなかったという大砲はこれかしらん。

DSCN4301KGM.jpg

でもそういう事を言うと関係者(?)に怒られそうなので、先に進みましょう。

この時は2月上旬、カンヒザクラの類が咲いていました。うつむいて奥ゆかしいです。

DSCN4272KGM.jpg

噂に聞いていた両棒餅(ぢゃんぼもち)のお店を発見しました。

DSCN4270KGM.jpg

310円で6個も出て来ます。小さめとはいえ、2人で分けて充分な量でした。

339KGM.jpg

ゆるい甘さが鹿児島らしい、おいしいお餅です。夏は白くま一択ですが。

腹ごしらえもたっぷり出来たので、広い園内を歩きます。

島津の家紋の入った朱色の門は、錫門(すずもん)と言うそうです。

DSCN4278KGM.jpg

庭園の向こうには、ぽっかりと桜島。南国風の木も生えていて、独特の景色です。

329KGM.jpg

レトロな洋館、と思ったら瓦屋根の宝蔵庫。良い雰囲気です。

324KGM.jpg

そうかと思えば、どこか中国風の東屋もありました。

328KGM.jpg

この大きな建物が「御殿」です。

330KGM.jpg

別料金のガイドツアーで見学できるようですが、全力でスルーしてしまいました。

薩摩切子のギャラリーと称する建物もあります。

332KGM.jpg

どれもこれも、とても繊細で素敵なものですが

DSCN4293KGM.jpg

いかんせん高いです。下の写真のもので64,800円。見るだけで満足です。

DSCN4294KGM.jpg

高台に上ってみました。

庭園の外は、10号線と日豊本線の線路を超えればもう海です。
そしてその向こうには、どこまでも雄大な桜島。

336KGM.jpg

実はこの日はお天気がいまひとつで、桜島は長いこと雲に隠れていました。
雲が切れた時には、わあ、とあちこちから歓声が上がっていました。

DSCN4295KGM.jpg

仙巌園の観光は、よく晴れて桜島がくっきりと見える時に行くことをおすすめします。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

上海・蘇州旅行記(0日目/帰国しました) - 2015.07.20 Mon

帰国しました。

1年半ぶりの中国でした。

↓こんな街。

IMG_8947SZH.jpg

最近の旅行では、帰りの飛行機で欠航や遅延に遭遇することが多かったので、今回も
ちょっと心配していました。

もし帰れなくなったら、なんてシミュレーションを色々としていたのですが、今回はなんと
行きにトラブルに遭遇しました。

予定が数時間ずれこみ、色々とタイトで思いがけない旅になりました。

考えていたところに全然行けてないような気もします。

とは言え、一時は旅行そのものが中止かと思ったところ、行けただけ良しとしましょう。
今回も、とても楽しく素敵な旅でした。

追って旅行記を書いていきたいと思います。

まだ他が色々溜まっているので、次回からは全く別口の国内旅行記です。

いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

次の旅行の計画について(2015年7月) - 2015.07.17 Fri

もう7月も半ばです。すっかり暑くなりました。

この夏の旅行について、ちょっと書いてみようと思います。

IMG_1422KBT.jpg
↑熊本のソウルフード「コバルトアイス」。この色合いで、まさかの蜂蜜味。

近場の海辺で1泊してきました。

そして近いうちに海外に行く予定です。いつもながらの弾丸旅です。

最近は新規開拓があまり出来ていないし、初めての国に行こうと思っていたのですが、
日程が短いこともあり、目新しさは少なめの行先になりそうです。

とは言え、初めての街にちょっと足を踏み入れる予定があるので、まあ良しとしましょう。

行ったことのない所へ行くのって、やっぱり特別にわくわくします。

今回初めて行く街は、以前ちらっと高速列車の車窓から眺めて、いつか街歩きに来ようと
決めていた場所です。あれから数年を経て、ようやく実現します。

どんな出会いがあるのか、とても楽しみです。

梅雨が明けたら、ヴァカンスの季節です。皆様も良い旅を。

いつも読んでくださってありがとうございます。



関連記事

日帰り旅/佐世保(九十九島遊覧船・パールクイーン」)  - 2015.07.14 Tue

2014年10月の佐世保日帰り旅、続きです。
九十九島パールリゾート内の水族館「海きらら」を出ました。

そろそろ遊覧船の時間です。

DSCN3429SSB.jpg

「パールクイーン」は50分ほどかけて、九十九島の湾内を巡るクルーズ船です。

手元の写真を見るとチケットには1,240円と印字されていますが、公式サイトを見ると
大人1,400円(2015年7月現在)との記載がありました。値上がりしたのかしら。

DSCN3377SSB.jpg

水族館「海きらら」の半券提示で1,190円になるようです。

乗り場に向かうと、すでに並んでいる人たちがいました。大手旅行会社のバスツアーの
団体客などもいるようです。

DSCN3304SSB.jpg

座席の指定がないので、繁忙期は少し早めに並ぶほうが良いのもしれません。

DSCN3381SSB.jpg

乗船しましょう。ちょっとレトロな船です。

DSCN3428SSB.jpg

ゆったりしたシートです。窓際に座ることができました。

DSCN3384SSB.jpg

出航しました。

DSCN3389SSB.jpg

穏やかな海に、たくさんの小さな島が次々と現れます。

DSCN3400SSB.jpg

雰囲気が全く伝わらない写真ばかりですみません。

DSCN3396SSB.jpg

静かな入り江です。

DSCN3393SSB.jpg

岩肌が間近に見えるような難所も、すいすいと進んでいきます。

DSCN3406SSB.jpg

海の色がちょっと残念かな。透明度もそれほど高くないようです。

DSCN3407SSB.jpg

折り返し地点からは、デッキ席に行ってみました。

DSCN3413SSB.jpg

風が通って気持ち良いです。真夏や真冬でなければ、室内よりこちらが良いかな。

DSCN3415SSB.jpg

美しい眺めです。

DSCN3416SSB.jpg

予定通り50分足らずで、出航した桟橋へ戻ってきました。

DSCN3425SSB.jpg

揺れも少なく、どちらかと言うと、まったり系のクルーズでした。

下船したところで目についたのは、金色の碇。実際に使っているのかな?

DSCN3427SSB.jpg

佐世保は意外に広い街ですが、九十九島エリアのみならば半日あれば充分楽しめます。

日程に余裕があれば泊りがけで来て、ハウステンボスのイルミネーションなどを
組み込むのも良さそうです。

と言いつつ、次に来ることがあったら、おいしい佐世保バーガーを探して食べ比べ
してみたいなとも思っています。

佐世保の日帰り旅でした。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

日帰り旅/佐世保(九十九島水族館「海きらら」) - 2015.07.11 Sat

日帰り佐世保探検の続き、水族館の話です。

九十九島パールシーリゾート内にある水族館「海きらら」へ行きました。
いつもながら雑すぎる写真ですみません。

DSCN331SSB0.jpg

入場料は大人1,440円(2015年7月現在)。遊覧船の当日チケットを見せると、割引価格の
1,230円になります。もちろん乗船前でも後でも大丈夫です。

DSCN3311SSB.jpg

クラゲのエリアが一番広いという、なかなかエキセントリックな構成です。
ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士に関する展示もありました。

277SSB.jpg

でももちろん普通の魚や、その他の海の生き物もたくさんいます。

272SSB.jpg

ぶれ気味のアオウミガメ

DSCN3317SSB.jpg

カットインしてきたのはシュモクザメ

DSCN3345SSB.jpg

ミノカサゴに

DSCN3313SSB.jpg

ハコフグかな?

DSCN3324SSB.jpg

エイもいました。

DSCN3316SSB.jpg

魚のエサやりコーナーがありました。「各種動物へのエサやり」が趣味の夫が挑戦。

DSCN3330SSB.jpg

1カップ100円のエサ(オキアミかしら?)を購入して、水槽に向かいます。

DSCN3326SSB.jpg

どえらいことになっています。オキアミ大人気。

DSCN3329SSB.jpg

ひときわ大きいのが「九十九島湾大水槽」です。

269SSB.jpg

大水槽は、屋根がなく自然光が入ります。見上げると、太陽の光がきらきらしています。

DSCN3349SSB.jpg

素敵だなあと思って眺めていたのですが、屋上に上がってみると

DSCN3357SSB.jpg

鳥が普通に魚を捕って食べていました。手前の鳥は完全に一匹くわえているし、奥の
小さい鳥もかなり真剣に水面を狙っています。

まさに弱肉強食の大自然ですね。ここ水族館ですけど。

そんな大水槽の隣はイルカのプールです。意外なほど小さいものでした。

DSCN3360SSB.jpg

臨場感あるショーが売りのようだけど、窮屈じゃないのかしらん。

DSCN3353SSB.jpg

まあでも楽しそうにしているから良いのかな。かわいいです。

268SSB.jpg

堪能しました。「海きらら」は、規模は小さ目ながら、なかなか味わい深い水族館です。

次回は遊覧船の話かな。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

日帰り旅/佐世保(九十九島パールシーリゾート・佐世保バーガー) - 2015.07.08 Wed

日帰りで長崎県、佐世保市に行ってきました。2014年10月です。

米軍基地と自衛隊の街、というイメージを裏切らない景色。

DSCN3283SSB.jpg

と言いつつ、信号にピントが合ってしまいました。移動中に写真を撮るのは難しいです。

DSCN3284SSB.jpg

スケールの大きい工作物ってかっこいいです。コンビナートやダム、何ならビルでも
わくわくします。

DSCN3290SSB.jpg

「九十九島パールシーリゾート」に到着しました。

遊覧船乗り場、水族館、レストランにショップなどがある複合施設です。

DSCN3294SSB.jpg

もう少し広域の話をすると、九十九島は長崎県西北部に位置する「西海国立公園」の一部です。

なかなか広大な国立公園で、平戸や五島列島までがその範囲に含まれています。



平戸も五島も、いつか行ってみたいところです。長崎って広いですね。

今日は九十九島を楽しみましょう。

何やらおしゃれな空間のグランドデッキ。穏やかな入江に、もこもこした島が浮かんで
いるのがちょっと見えています。九十九島っぽい。

DSCN3306SSB.jpg

と、遊覧船が帰ってくるのが見えました。乗船チケットを買いに行きましょう。

DSCN33031SSB.jpg

色々な船があります。サイズ違いの遊覧船のほか、カヤックやヨットもありました。

DSCN3296SSB.jpg

私達は14:00の「パールクイーン」という遊覧船のチケットを購入しました。
それまでの時間に、ランチや水族館に行けそうです。

佐世保に来たからには、とりあえず佐世保バーガーを食べましょうか。

おいしいと言われるお店は市内にいくつもあるようですが、有名店は行列覚悟とも
聞きます。

DSCN3297SSB.jpg

という訳で、目の前にあったお店で買ってみました。500円くらいだったかしら。

DSCN3307SSB.jpg

アメリカンサンドという若干適当な名付けが気になり、隣に売っていたサンドイッチも購入。

マリーナビューのベンチでいただきます。

DSCN3299SSB.jpg

まあ普通かな。次回は専門店にも行ってみたいと思います。

255SSB.jpg

サンドイッチも普通。

259SSB.jpg

飲みものは、デッキに建つハワイアンなお店「ALOHA kitchen Honu Honu」で

DSCN3371SSB.jpg

ラテ系のコーヒーを買いました。甘すぎて驚愕。ハワイってこんなに甘いのかしらん。

280SSB.jpg

猫が2匹、デッキの付近をうろうろしていました。

DSCN3372SSB.jpg

どちらも首輪をつけていないけれど、ここで暮らしているのかな?

281SSB.jpg

たくさんの観光客たちに全く動じることなく、くつろいでいました。

258SSB.jpg

さて、おなかも満たされたところで、水族館「海きらら」へ行きましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

日帰り旅/日奈久温泉(温泉神社・街歩き・ちくわサラダ) - 2015.07.05 Sun

熊本県八代市の日奈久温泉、日帰り旅の続きです。2015年3月です。

012HNG.jpg

老舗旅館「金波楼」で和定食と温泉を楽しみました。昭和の香りただよう温泉街の
散策に出かけましょう。

DSCN4641HNG.jpg

温泉神社にお参りします。山へ続く石段を上ります。

014HNG.jpg

眼下には、肥薩おれんじ鉄道の線路が走っていました。

013HNG.jpg

こじんまりしたお社ながら、よく手入れされています。

DSCN4657HNG.jpg

地域の人たちに、大切に守られてきたという事なのかな。

DSCN4658HNG.jpg

温泉神社の近くの大きな建物は、「日奈久温泉センター」通称「ばんぺい湯」です。

DSCN4630HNG.jpg

大人510円(2015年7月現在)。22時まで営業しているので、温泉旅館の日帰り利用が
出来ない時間帯でも安心ですね。

ただし、個人的にはこちらの共同浴場が気になりました。「西湯」。

DSCN4673HNG.jpg

大分の別府温泉などにもこの手の公衆浴場がたくさんあって、地元の人たちが利用して
いるのを見かけます。次回はこういうお風呂に挑戦してみたいです。

建ち並ぶお土産もの屋さんも、完全に昭和仕様。

DSCN4629HNG.jpg

思わずインスタグラムとか始めたくなるような雰囲気です。

DSCN4672HNG.jpg

おしゃれなスイーツの店や、ハイセンスな和雑貨屋さんなどは皆無だけれど、この
雰囲気こそが日奈久ならではの味だと思います。

DSCN4631HNG.jpg

そうそう、日奈久ならではの味と言えば、名物の「ちくわ」を忘れてはいけません。

DSCN4683HNG.jpg

焼きたての竹輪が店先に並びます。1本だけ買って、その場でいただくことも出来ます。

010HNG.jpg

風味豊かでおいしい竹輪でした。獅子丸の気持ちも今なら分かります。

晩酌のおつまみに「ちぎり」も購入しました。(1P=1ピースではなく1パックです。念のため。)

DSCN4682HNG.jpg

ちなみにこの時は京都から来た友人が一緒にいたので、友人には熊本のローカルB級
グルメ「ちくわサラダ」をおすすめしておきました。

ちくわの中にポテトサラダを詰めて衣をつけて揚げるというもので、熊本で生まれ
育った人には、何とも言えない郷愁をそそる食べ物のようです。

036HNG.jpg

熊本ではスーパーのお惣菜コーナーなどにもよく置かれているので、ご興味あるかたは
のぞいてみてください。ちくわサラダというネーミングセンスもすごいです。



日奈久温泉は、いつまでも昭和のままであるような、愛すべき温泉街でした。
個人的には、九州で好きな温泉トップ3に入ります。

DSCN4671HNG.jpg

のんびりお散歩をするだけでも、なかなか楽しい所でした。
前回紹介した「金波楼」のほかにも、昔ながらの温泉旅館がいくつもあります。

また行きたいな。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

日帰り旅/日奈久温泉(金波楼でランチと日帰り入浴) - 2015.07.02 Thu

再びきわめてローカルな日帰りお出かけ、熊本県内の温泉の話です。

DSCN4689HNG.jpg

熊本の温泉と言えば、旬なのは黒川でしょうか。
大分の湯布院に飽きた人たち(温泉版・意識高い系みたいな人たち?)が流れてきて、
首都圏からのお客様も含めて賑わっているようです。

でも、今回はそんなハイファッションな黒川を全力でスルーして、昭和の香り漂う
八代市、日奈久(ひなぐ)温泉に行ってきました。2015年3月の話です。

熊本市内から1時間半ほどかかったかな。日奈久温泉に着きました。

DSCN4685HNG.jpg

まずは本日のメインテーマ。木造3階建て、登録有形文化財の宿「金波楼」です。

DSCN4632HNG.jpg

開業は明治43年。なかなかに風格ある佇まいです。

005HNG.jpg

長野の渋温泉「金具屋」あたりの雰囲気が好きな人にも、フィットするかな。

DSCN4639HNG.jpg

圧巻は、見事に磨き上げられた床。つやつやしています。

006HNG.jpg

宿泊のほか、日帰りでの客室の利用も出来ますが、残念ながらこの日は満室。
全14室ということで、週末などは早めの予約をおすすめします。

032HNG.jpg

客室の利用が出来ないと分かっていながら、ここへ来たのはランチのためです。

024HNG.jpg

食事処で、1500円でランチをいただくことが出来るのです。

DSCN4667HNG.jpg

こちらは予約も不要なので、急な思い付きでも大丈夫。

DSCN4666HNG.jpg

有明海の新鮮な魚介が並ぶ、和定食でした。

021HNG.jpg

煮つけにお造り、茶わん蒸し。

022HNG.jpg

ランチをいただくと、プラス500円で大浴場の利用も出来ます。(2015年7月現在)

大浴場は先客がいらした事もあって写真がありません。

029HNG.jpg

弱アルカリの単純泉ということで、癖のないさらっとしたお湯です。

八代特産の柑橘類、甘夏や晩白柚(ばんぺいゆ)がぷかぷか浮いていて、楽しい
お風呂でした。露天風呂もあります。

DSCN4662HNG.jpg

そのほか、館内の写真を少し紹介しておきましょう。

中庭を囲む回廊。木造建築って、美しいですね。天井が素敵。

DSCN4670HNG.jpg

洗面スペースに釘づけでした。タイル大好き。

023HNG.jpg

大浴場の隣には、休憩スペースもあります。自動販売機でビール冷たい飲み物などを
買って、しばらくだらりと過ごしました。

客室の利用はできませんでしたが、満足です。ゆったりとした気持ちになれました。

DSCN4634HNG.jpg

せっかくの日奈久温泉、少し散策してみましょう。次回へ続きます。
いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR