2014-10

クラビ旅行記(3日目/クラビ空港~タイ航空でバンコクへ) - 2014.10.31 Fri

2014年7月のタイ旅行最終日、帰国の途に着きました。クラビ空港です。

DSCN2329KRB.jpg

この日は本当に雨が多く、またスコールがやって来ました。

窓にたたきつけるような、激しい降りです。外の景色がよく見えません。

DSCN2338KRB.jpg

クラビは小さな空港ですが、LCCも就航しています。タイガーエアでシンガポール、
エアアジアでバンコクやKLなどへのフライトがあるようです。

DSCN2326KRB.jpg

売店やカフェなども少しあります。ムスリムの多い土地柄、お祈り部屋も完備。

DSCN2327KRB.jpg

特に見たいお店も無かったので、早めにタイ航空のカウンターへ向かいました。

スーツケースの検査をするお兄さん達がなぜか「Let It Go」を大合唱しています。

ありのままでと主張するまでもない自由さです。チェックしている感じは全然無かった
けれど、スーツケースには無事にシールが貼られました。ありのままです。

続いてチェックインです。今度はお姉さんが2人いましたが、夫の顔とパスポートの写真を
しげしげと眺め、「一休さんに似ている!」と言って大騒ぎしています。

そう言えば、タイでは昔からアニメ「一休さん」が放映されていて人気があると聞いた
ことがあります。周りのスタッフも次々に集まってきました。口々に一休さん一休さん
言ってます。

いつの間にかみんなして、一休さんのオープニングテーマ曲を歌っています。

夫はそんなに一休さんに似ているかしら。髪型だけちょっと似ているかな。



しかしみんな歌いすぎです。ちょっとしたミュージカルの趣です。こんなにナチュラルに
楽しそうに働いている人たちって、日本ではあまり見かけない気もします。

リアル一休さんに名残惜しそうなスタッフの人たちに別れを告げ、保安検査へ向かいました。

広々とした待合室にはほとんど人がいなくて静かでした。

DSCN2332KRB.jpg

ココナッツ味のスナックを買ったりしていたら、もう搭乗時刻です。

DSCN2335KRB.jpg

機体の写真は、まともなものが残っていません。全然分かりませんが、これです。

DSCN2336KRB.jpg

雨が激しすぎて、飛行機の入口が何やら大変なことになっていました。天井から水が
したたっています。CAさんも大わらわ。水滴をよけつつ、小走りで搭乗です。

DSCN2341KRB.jpg

TG250便、バンコク行きのフライトなのに、飛行機は妙にすいていました。

DSCN2343KRB.jpg

サンドイッチと共に、またもや風邪シロップ味のフルーツジュースが出ました。

DSCN2345KRB.jpg

定刻通りの18:50クラビ発で、20:10にバンコクに着きました。

毎度の事ながら、だらだらと書いてきたクラビ旅行記も次回で最終です。
いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

クラビ旅行記(3日目/タクシーをチャーターしてクラビタウンへ) - 2014.10.28 Tue

2014年7月のクラビ、最終日です。ホテルをチェックアウトして、空港に向かいます。

クラビタウンにちょっと寄り道して、お土産類を調達しましょう。

アオナンビーチエリアのメインロードには、色々なタクシーが看板を出して停まっています。

クラビタウンまで乗るつもりでしたが、運転手さんとお話をしてクラビ空港までお世話に
なることにしました。
アオナン→クラビタウン(買い物をしている間は待機してもらう)→クラビ空港という行程で、
計4時間ほどチャーターして1000B(約3000円)でした。

DSCN2304KRB.jpg

帰国後に調べたところでは、タクシーでアオナンビーチからクラビ空港まで直行
すると600B程度、タウン等へ寄り道する場合は1時間ごとに+200B程度が相場の
ようです。まさにそれくらいでした。ぼったくられていなくて良かったです。

移動中に、ものすごいスコールが来ました。

DSCN2309KRB.jpg

20分ほどでクラビタウンに到着です。

「ヴォーグデパート」というスーパーマーケットの近くで下ろしてもらいました。
念のためという感じで、ドライバーさんが大きな傘を持たせてくれました。

DSCN2321KRB.jpg

交差点にはクラビ原人の像。この辺りで原人の骨が発見されたのだそうです。

DSCN2313KRB.jpg

何枚も原人の写真があります。どんだけ気に入ったんでしょうか。

DSCN2310KRB.jpg

それにしても、さっきの強烈なスコールで、道路のあちこちが冠水しています。

DSCN2312KRB.jpg

側面が完全にオープンエアのソンテウに乗らなくて、本当に良かったです。
雨季には多少コストをかけてでも、バスかタクシーでの移動をおすすめします。

クラビタウンは、ローカルの人々が暮らす街です。リゾートエリアとは少し雰囲気が
違いました。

DSCN2314KRB.jpg

ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」の街のシーンのロケ地でもあったようですね。

DSCN2315KRB.jpg

スーパーやベーカリーで、無事にお土産用のお菓子や食材などを買うことが出来ました。

DSCN2318KRB.jpg

DSCN2319KRB.jpg

左上にナリって書いてあります。むしろコロ助が入ってますけど大丈夫でしょうか。

DSCN2320KRB.jpg

ローカルの人向けの服なども売られています。ぶれぶれですみません。

DSCN2317KRB.jpg

DSCN2316KRB1.jpg

車に戻ると、ドライバーは車のドアを開け放して完全にお昼寝中でした。
起こしたら照れ笑いしていました。どうやらクラビタウンも、治安はとても良いようです。

空港を目指して、車はびゅんびゅん走ります。

DSCN2308KRB.jpg


愛すべきクラビの街が、どんどん後ろへ向かって流れ、遠ざかって行きます。

DSCN2324KRB.jpg

信号待ちの交差点に、何かの像。周辺は手入れが行き届いていて、よく信仰されている
雰囲気です。

DSCN2325KRB.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

クラビ旅行記(3日目/ドリアンを素通りしてアオナンビーチ散策) - 2014.10.25 Sat

クラビ最終日、せっかくなのでもう一度アオナンビーチ辺りをお散歩しました。

宿泊したホテル「パカサイ リゾート」の入口には、タイの国旗がゆらめいています。

DSCN2145KRB.jpg

ホテルを出て、なだらかな坂道を下って行きます。

DSCN2146KRB.jpg

メインロード沿いには、今日も色々な屋台が出ています。

DSCN2220KRB.jpg

果物もあります。ドリアンが割られる前に退散しましょう。

DSCN2221KRB.jpg

強力すぎる香りに怖気づいて、いまだに口にしたことが無いのですが、一度はまると
病みつきになるとか聞きますよね。おいしいのでしょうか。

台北の臭豆腐にも挑戦したことが無いビビりの私には、ドリアンはなかなかハードルが
高い食べ物のひとつです。

全然ピントが合っていませんが、かわいらしい小鳥がいました。

DSCN2165KRB.jpg

ビーチフロントの道路でも車は少なくて、のんびりした雰囲気です。

DSCN2150KRB.jpg

静かなビーチです。

DSCN2163KRB.jpg

もっとくっきり晴れているほうがきれいだけれど、紫外線の強さを考えたら、これくらい
雲が出ているほうが助かります。

DSCN2152KRB.jpg

何気ない景色だけど、何だか心ひかれました。

030KRB.jpg

遠くには石灰岩の崖が見えます。ぐっと増すクラビ感。

031KRB.jpg

ソンテウと呼ばれる乗合タクシーが、そこかしこに停まっていました。

DSCN2154KRB.jpg

この日の午後は空港への移動があります。移動の交通手段をまだ決めていないけれど、
ソンテウに挑戦してみようかしら。

DSCN2166KRB.jpg

とか言っていたら、突如ものすごいスコールがやって来ました。

思わず目の前のバーガーキングに避難しました。さすが雨季です。

アイスコーヒーを片手にじっとしていたら、30分ほどで晴れました。比較的すぐに止む
けれど強烈な雨が、多い時には1日に何度かやってくる、という感じかな。

雨上がりは湿度があがって、もわもわしています。路面もまだ濡れています。

DSCN2295KRB.jpg

クラビ発のフライトは18:50です。空港へ向かう前にクラビタウンにも寄り道したいし、
早めにリゾートエリアを出ることにしましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




関連記事

クラビ旅行記(3日目/ホテル探検~タイマッサージ) - 2014.10.22 Wed

2014年7月のタイ旅行3日目、夜のフライトで日本へ帰る日です。

起き抜けにバルコニーに出て外を眺めていたら、またリスがやって来ました。
大慌てでシャッターを押してみたら、こんなひどい写真が撮れました。

DSCN2272KRB.jpg

何か日本のリスとは違うような気がします。って言うか、これリスで良いんでしょうか。

DSCN2273KRB.jpg

色も形も質感も日本のとは全然違うけど。

のんびり朝ごはんをいただいて、ホテルの敷地内をお散歩しました。

102KRB.jpg

こちらはレストランの隣のラウンジ。朝なのでまだ営業していません。

DSCN2129KRB.jpg

オープンエアで、涼を取る道具は巨大な扇風機のみという潔さ。

DSCN2302KRB.jpg

ちなみにこの扇風機、めっちゃうるさいけど涼しいです。首振り機能は完全に壊れていて
一切回りませんが、マイペンライです。

DSCN2289KRB.jpg

中庭の池にはお魚がたくさんいます。傍らの壺に入っているエサをあげると、魚たちが
ものすごい勢いで集まってきました。

DSCN2286KRB.jpg

レンタサイクルもあります。

DSCN2142KRB.jpg


022KRB.jpg

南国らしく、ぎゅうぎゅうに生えている木や草花がきれいでした。

DSCN2124KRB.jpg

ホテルは小さいので、あっという間に一周してしまいました。

DSCN2123KRB.jpg

お部屋に戻って軽く荷物をまとめ、シャワーを浴びたりしました。

その後はアオナンビーチエリアに再び散歩に出かけたのですが、時系列を無視して、
帰り際に行ったマッサージ屋の写真を載せておきましょう。

チェックアウト後に、ホテルの向かいにあるタイマッサージのお店に行きました。

DSCN2292KRB.jpg

メニューは色々あります。

DSCN2290KRB.jpg

夫は2番のクラシックタイマッサージを選んだようです。前日のビーチとプールで日焼けして
しまった私は9番、アロエヴェラのジェルを使ったトリートメントを受けました。

施術前に新しいシーツを敷き、エアコンを入れてくれます。

DSCN2291KRB.jpg

ひんやりしたジェルで全身をケアしてもらい、マッサージも合わせて受けました。
すっかりほぐれて、良い気持ちです。フライトの前後には必須ですね。

アオナンビーチエリアには、同じような価格帯(200~300B/1h)のマッサージ店は
たくさんあります。スパはホテル内にあるものがほとんどで、街スパはあまり発達
していないようです。

もう少し選択肢があると嬉しいですね。東京のOL等が大挙して押し寄せて来たり
したら、この街にももっとスパが増えるのかしらん。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

クラビ旅行記(2日目/シーフードレストランで夕食~トゥクトゥク) - 2014.10.19 Sun

2014年7月のクラビ旅行、2日目の夜です。
ホテルのプールでのんびり午後を過ごした後、着替えて外に出かけました。

DSCN2148KRB.jpg

アオナンビーチには色々な飲食店が並んでいますが、ビーチフロントの立地でシーフード
レストランが集まっている一画があります。

海の幸を、タイ料理でいただくことにしましょう。

DSCN2242KRB.jpg

18時半くらいだったかしら。まだまだ明るく、良い景色です。BGMはひたすら波音。

119KRB.jpg

シンハービールのおつまみに春巻。ぱりぱり進みます。

086KRB.jpg

メインは魚介です。ロブスター、エビ、魚などの魚介は重さで料金が決まる仕組みです。
調理方法はグリル、フライ、スチームなどから選ぶことができます。辛いものが苦手
ならばシンプルなグリルも良いかもしれません。

どんなものか良く分からなかったけれど、魚のタイ式スチームというものを注文しました。

088KRB.jpg

テーブルで調理です。レモングラスや唐辛子、生姜などがたくさん入ったスープで炊かれました。

090KRB.jpg

ふっくらした食感に、レモングラスの香りが広がります。まさにタイの味。美味です。

パイナップルチャーハンでしめました。何だか浮かれた感じです。

087KRB.jpg

食事中に突如スコールが来ましたが、食べ終わる頃にはすっかり上がっていました。
たっぷり食べてお酒も楽しんで、1300バーツくらいだったかな。大満足です。

ほろ酔いで、雨上がりのお土産もの屋さんを流しました。

DSCN2251KRB.jpg

お店は夜遅くまで開いていますが、今回はほとんど買い物はしませんでした。
タイ風の雑貨を買い込むなら、チェンマイのナイトマーケットのほうが楽しいかなあ。

DSCN2261KRB.jpg

ホテルと反対方向に歩いてきました。また歩いて戻ることも出来る距離だけれど、
一度くらいトゥクトゥクにも乗っておきましょう。

クラビのトゥクトゥクはサイドカーみたいな形で、一風変わった作りです。

DSCN2254KRB.jpg

後ろに乗る形より大人数でも対応できそうです。でもそんなに乗せたら走れないかな。

↓これは別の時に撮った写真ですが、形は同じです。4人くらいは座れそうですよね。

DSCN2169KRB.jpg

乗車金額はドライバーさんと交渉です。ちょっと値切って50バーツでした。
上級者ならもっと値切れそうな雰囲気です。

プーケットのトゥクトゥクは初乗り200バーツという噂を聞きますが、本当かしら。
京都のMKタクシーのほうが安いけど大丈夫かしらん。

091KRB.jpg

意外にひんやり感じる夜の風を切って、ホテルに戻りました。

DSCN2265KRB.jpg

お部屋で少しだけ飲み直しました。クラビ最後の夜が、静かに更けていきます。

094KRB.jpg

翌日へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。








関連記事

クラビ旅行記(2日目/ホテル・パカサイリゾートのプール) - 2014.10.16 Thu

すっかり秋ですね。

静電気でバチっとなることも増え、伸び放題の髪を短くしようと画策しています。

雑誌など見ていますが、何と言うか、ちょうど良いのがなかなかありません。
この歳で「ゆるふわ愛されヘア」みたいな切り抜きを持参しても大丈夫でしょうか。

アラフォー向けヘアカタログの充実を切に願います。タートルネックに絡まない、短めの
ボブ希望です。

と、秋冬モードの話を書いたところで、夏休みのクラビ旅行の話、続きです。



ロングテールボートでライレイウエストビーチからアオナンへ戻ってきました。

もうお昼すぎです。宿泊したホテル「PAKASAI RESORT」へ帰る道すがら、
夫が屋台で焼き鳥を買いました。生々しいビジュアルですが、なかなか美味でした。

079KRBb.jpg

屋台はメインロード沿いにいくつか並んでいて、10~50バーツでパッタイやソムタム、
サテなど色々あります。生ものはちょっと勇気が必要な気がします。

DSCN2300KRB.jpg

さて、プールです。朝食のレストランとバーラウンジの間にある階段を上ります。

DSCN2131KRB.jpg

上階全体がプールになっています。リゾートっぽくて良い感じです。

064KRB.jpg

まずは居心地の良さそうなデッキチェアを選んで座りました。

070KRB.jpg


早朝の風のないタイミングで撮った写真は、また印象が違うので載せておきます。

026KRB.jpg

024KRB.jpg

しっとりした雰囲気の朝のプールもなかなか素敵でした。


ずらりと並んだデッキチェアの外にも、色々な席があります。

DSCN2137KRB.jpg


063KRB.jpg

スタッフが大きなタオルを手渡してくれました。近くにはシャワーもあります。

DSCN2139KRB.jpg

プールサイドバーで、ビールとサンドイッチを注文しました。

067KRB.jpg

アメリカ人の家族連れと、イタリア人男性同士のカップルが泳いでいます。

うら若き男子2人がプールの中で、もつれあっていちゃいちゃと戯れる様子を眺めてちょっと
どぎまぎしているうちに、サンドイッチが届きました。フレンチフライ山盛り。

080KRB.jpg

ちなみにプールはインフィニティ的な作りですが、その先が海とか、そんな素敵な
立地ではありません。ふちまで行って浮いてみると、眼下はホテルの向かいのタイ
マッサージ屋とか、道路を行き交うトゥクトゥクとか、そんな景色です。

DSCN2225KRB.jpg

アジアンリゾートのまったりした雰囲気を楽しむには良いです。ひたすらおしゃれで静かな
プールで寛ぎたい人は、もう少しホテルのグレードを上げるほうがいいかもしれません。

076KRB.jpg

手入れはよく行き届いていて清潔感は充分、ビーチに出かける人も多いせいか、
それほど混んではいませんでした。私たちにはとても心地よいプールでした。

弾丸旅行のさなか、のんびりと過ごすことができました。休暇っぽいです。

069KRB.jpg

ビールの後は、こんな浮かれたフローズンドリンクもいただきました。夏真っ盛り。

078KRB.jpg

クラビ2日目の夜に続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

帰省(2014年10月/とんぼ帰りで帰省感ほとんど無し) - 2014.10.13 Mon

台風19号の影響で、予定を一日早めて、日曜に熊本に戻ってきました。

実家に泊まることなく帰って来てしまったのが若干心残りではありますが、
火曜からの仕事もあるし、無事に帰って来られたので良しとしましょう。

ただの東海地方の旅行のようになってしまったので、旅行記は帰省カテゴリではなく
旅行カテゴリでアップしていこうかしら。

IMG_2492KSI.jpg

台風の勢力は弱まってきているとは言え、まだまだ油断ならないようです。

早く温帯低気圧に変わると良いですね。
今後の進路にあたる皆様、どうぞお気をつけください。

早く良いお天気になるように、夕焼け空の写真でもアップしておきましょう。

IMG_4351KSI.jpg

次回からはまたクラビの旅行記です。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

次の旅行の計画について(2014年10月)  - 2014.10.10 Fri

3連休を利用して、国内旅行に行って来ます。

旅行と言いつつ実家への帰省も含んでいたりして、家族を巻き込んでの計画
なのですが、いかんせん台風19号が気がかりです。

最終日あたりには西日本エリアに影響があると言われています。
飛行機、飛ぶのでしょうか。

今年2月の大雪で、伊丹からの最終便でドキドキした記憶がよみがえりますが、
また無駄に引き寄せることのないよう、今回は問題なく帰って来られると信じて
出かけて来ます。

今回は写真が無いので、中部国際空港の展望デッキをアップしてみます。

075KSM.jpg

2014年のお正月、夕暮れ時に撮ったものです。

中部国際空港には温泉があるらしいという噂は聞きつつ、よく知りません。
長いディレイがあったら、温泉に入ったりしていれば良いのかしら。

ともあれ行ってきます。

いつも読んでくださってありがとうございます。



関連記事

クラビ旅行記(2日目/ライレイウエストビーチ) - 2014.10.07 Tue

タイ旅行2日目、海に行った話の続きです。

046KRB.jpg

100バーツのロングテールボートで、ライレイウエストビーチに着きました。

048KRB.jpg

ものすごくクラビっぽい風景です。
クラビっぽいって言うか、まあ完全にクラビなんですけど。

051KRB.jpg

ガイドブックや観光協会のイメージ写真等によく載っている景色です。

047KRB.jpg

切り立つ石灰岩の崖に、抜けるような青い空、穏やかな海、ロングテールボート。

055KRB.jpg

見たかった景色がイメージそのままで、そこにあります。嬉しいです。

気温は高めですが、日陰に入るとしのぎやすい感じです。
ほど良い木陰を見つけて、ビーチバックからマットを出して寝そべります。

ごろり。

DSCN2194KRB.jpg

寝そべって撮った写真が少し残っています。

DSCN2197KRB.jpg

もはや何を写そうとしたのかも定かではありませんが、

DSCN2196KRB.jpg

何ともぐだぐだな雰囲気だけは伝わるかしらん。実に心地よい時間でした。

ライレイウエストは、船でしかたどり着けない、秘境っぽいビーチではありますが、
ここにもホテルはあります。長期滞在する欧米系のゲストが多いようでした。

053KRB.jpg

小さなお店もいくつかあります。ちょっと歩いてみましょう。

DSCN2207KRB.jpg

カフェバーやお土産屋さん、アイスクリーム屋さんなどが並んでいます。

DSCN2208KRB.jpg

アイスキャンデーを買って、再び定位置。ビーチマットの上に戻りました。

DSCN2210KRB.jpg

ここは賑やかに騒いで楽しむというよりは、ぼんやりと過ごす場所です。

そもそもクラビのビーチは国立公園に指定されている地域も多く、バナナボートや
パラセイリングなどの派手な(?)アクティビティは制限されているようです。

まったりしたビーチが好きな人には、とてもおすすめです。

帰りは再びロングテールボートに乗って、アオナンエリアに戻りました。

DSCN2211KRB.jpg

私はこのライレイ・ウエストだけで満足でしたが、さらに奥にはプラナンビーチ、
ライレイ・イーストビーチなどがあります。

長期滞在する人たちには、あちこち探検してお気に入りのビーチを見つける楽しみが
あるようです。

060KRB.jpg

何も考えずに美しい景色を眺めてだらりと過ごせて、とても贅沢な時間でした。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。







関連記事

クラビ旅行記(2日目/アオナン~ロングテールボート) - 2014.10.04 Sat

クラビ旅行2日目、ホテルの客室にあったビーチバックを持って海へ行きます。

てくてく歩いてアオナンビーチへ。でも今日は、このビーチが目的地ではありません。

DSCN2171KRB.jpg

クラビ名物、ロングテールボートに乗って、ちょっと離れたビーチへ行きます。

アオナンビーチの両端にボートのチケット売り場があります。

DSCN2170KRB.jpg

ベストシーズン(11月~3月)ならば、1日がかりのアイランドホッピングツアーを申し込んで、
たっぷりシュノーケルで遊ぶなんていうのも楽しそうです。

でも残念ながら今は雨季、海の透明度も落ちるしスコールに合う可能性も高いので、
近くのビーチに渡ってみることにしました。近場のライレイビーチまたはプラナンビーチ
までなら、一人片道100バーツ(2014年7月現在)です。

チケットを買ったものの、ボートがどこにも見当たりません。6人以上集まり次第出発と聞き、
どこから舟が来るのかしらと思いつつしばらく待ちました。

ほどなくして呼ばれ、はい乗って、と言われたのは

DSCN2173KRB.jpg

完全に軽トラです。みんなものすごく普通に乗ってるけど、おかしいです。

ボートのチケットを買ったのに、軽トラにぎゅうぎゅうに乗せられて運ばれます。

DSCN2172KRB.jpg

トラックの荷台からの景色。荷物みたいな気分で何だか新鮮。

DSCN2174KRB.jpg

ノパラッタラビーチの外れまで運ばれ、車を降りました。ここでボートに乗ります。
ロングテールボートがいくつも泊まっているのが見えます。

DSCN2175KRB.jpg

船着場なんてものはありません。船頭さんについて浅瀬に泊まっているボートまで海の中を
ざぶざぶ歩いて行って、よいしょっとよじ登ります。自由すぎる運用です。

DSCN2178KRB.jpg

動き出しました。舟の着く場所は、季節によって変わることもあるようです。

DSCN2182KRB.jpg

ダイナミックな石灰岩の崖が見えて来ました。クラビらしい景観を楽しめます。

039KRB.jpg

038KRB.jpg

やはり雨季なので海の透明度は低めですが、エメラルドグリーンで独特の風情があります。

DSCN2186KRB.jpg

それほど大きな揺れもなく、15分ほどでライレイウエストビーチに着きました。

040KRB.jpg

ここにも、もちろん船着場はありません。浅瀬でボートが泊まり、はい下りて、って感じです。

DSCN2188KRB.jpg

船頭さんによっては小さなハシゴをかけてくれますが、何もなければ飛び降りるのみです。
高さは1メートルくらいでしょうか。どこまでもワイルドですね。

とりあえず、ロングテールボートに乗る予定がある人は、かかとを固定できるサンダルで
行くのが良いと思います。そうでないと、乗り降りするだけでどこかへ流されること必至です。

バックストラップのあるビーチサンダルを新調しておいて良かったです。

040 (2)KRB

ともあれ到着しました。さて、どんなところでしょうか。次回へ続きます。






関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (9)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (3)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR