2017-09

台北旅行記(3日目/帰国)  - 2013.09.16 Mon

旧正月の台北旅行、3日目。最終日です。
私たちが乗る飛行機はなんと8:10 台北桃園空港発でした。

今回利用したJTBのパッケージは、「専用車(英語ドライバー)での送迎付き」という
商品で、朝5時過ぎにドライバーさんがホテルに来てくれるというものでした。

早すぎる出発時刻のおかげで、初めてのボックスブレクファストを体験できました。
旅行先で朝早くから出かけることはあまり無いし、早朝のフライトも経験が無かったのです。

チェックインの際、最終日の出発時刻を聞かれ5時と答えたところ、ボックスブレクファストを
用意するとおっしゃっていただけました。ちょっと嬉しい。

朝4時、もそもそと起床してシャワー。
短い旅なので荷物も少なく、パッキングは前夜にすっかり完了しています。

とりあえずコーヒーを淹れ、昨夜お部屋に届いていたマカロンをいただきました。

IMG_4843.jpg

後ろ髪ひかれる思いでお部屋を後にし、ラウンジでチェックアウトしました。
ラウンジのしつらいも、そこまでのアプローチの薄暗さやオブジェも、好みでした。

リージェントの紙袋を二つ渡されました。噂の朝食です。

ロビーに下りると、ドライバーさんが待っていてくれました。外はまだ暗いです。

リージェント台北、名残惜しいです。

パッケージツアーだったのに、春節の繁忙期だったのに、希望した眺望の角部屋を
アサインしてくださってありがとう。ハネムーンデコレーションや、ケーキやシャンパーニュも
ありがとう。日本人ゲストリレーションのMさんにもお世話になりました。

獅子舞のショーも素敵だったし、スタッフのホスピタリティはとても快適でした。

台北は素敵なホテルが本当に多くて、今回も行くまでは本当に悩みました。

前回泊まったグランドハイアットの朝食も忘れ難かったし、眺めの良いシャングリラの
スパも大好きだし、シャーウッドにも泊まってみたいし、Wも出来ちゃったし、
パレ・デ・シンも気になるし。

でももう台北に来る度、きっとリージェントに泊まってしまうのだろうなと思いました。

東京で言うと、帝国ホテルのような存在かもしれません。

もっと新しくてスタイリッシュで、駅にも近い外資系ホテルもあります。
もっとコンテンポラリーモダンとかラグジュアリーとかの雰囲気に長けたホテルもあります。

でも、他にない魅力と安定感がある、という感じ。

東京では、ペニンシュラもコンラッドもパークハイアットも大好きだけど、帝国ホテルで
ないと駄目な時ってありませんか?
その感覚が何となく分かる、というかたには、リージェントはおすすめのホテルです。

もっと日数のある時に台湾に来られるなら、台北ではリージェントを足がかりに、
烏来のスプリングや、日月潭のラルーに行くのもいいなあ。

そんなことを考えている間に、1時間足らずで空港へ到着しました。
ブレブレの写真ですが、朝から混雑しています。旧正月ですもんね。

IMG_5441.jpg

エバーのカウンターはそれほど混雑しておらず、チェックインもスムーズでした。
ようやく朝ご飯の時間です。

IMG_8173.jpg

サンドイッチにカヌレ、バナナ、ミネラルウォーター。4種のサンドイッチは、左から卵、
にんじんのマリネ、ハムとチーズ、スモークサーモンだったかな。どれも美味でした。

帰りのフライトは2時間ちょっとで、定刻どおり11:20に福岡へ帰着しました。
映画は途中までしか見られませんでした。本当に近いです。

明日からはまた、お仕事です。あっと言う間の新婚旅行でした。

行くまでに色々と考え込んだりもしたけれど、行って良かった。
ランギロアでもサントリーニでもモーリシャスでもなかったし、そしてたった3日間の
短い旅だったけど、素晴らしかった。

一生に一度と張り切って、なかなか行けない所に行くのがハネムーンだと思って
いたけれど、それだけでもないかもしれません。

新婚旅行で訪れた場所に、またいつでも気軽に行けるというのも悪くないです。

大好きな台北、次はいつ行けるかな。読んでくださってありがとうございました。





スポンサーサイト

台北旅行記(2日目/二二八和平公園・金品茶樓) - 2013.09.11 Wed

旧正月まっただ中の台北ふれあい街歩き、続きです。

まったり過ごそうと二二八和平公園へ向かいました。

最寄駅は「台大医院」駅です。駅名の由来となった台大医院は、公園路の
反対側にありました。レトロで素敵な建物です。

IMG_1467A.jpg

道を渡って二二八和平公園へ行きましょう。

IMG_3108.jpg


園内は日本人観光客は少ないように思いました。ローカルの人たちが休憩していて、
のんびりとした雰囲気です。緑が多く、色々な鳥の鳴き声が半端なく聞こえてきます。

風情のある建物もちらほら見られました。

IMG_1946.jpg

鯉の餌の自動販売機がありました。

IMG_1023.jpg

鯉に餌をやったりベンチに座って休憩したりして過ごしました。
東京で言えば4月上旬ごろの気候という感じで暖かいです。

国立台湾博物館もこの公園の敷地内ですが、お正月休みで閉まっていました。

IMG_9673.jpg

何をするでもなく公園でぼんやり過ごす、不思議な楽しさでした。
旧正月シーズンでなければ、お店や観光地に夢中になってしまい、そんな贅沢な
時間は取れなかったような気がします。

その後は親光三越でお土産を買いました。それぞれの両親と職場へ、パイナップルケーキや化粧品など。
チープ系は駅の地下街で揃えました。

お茶をするため「台北牛乳大王」へ。
おいしい飲み物が色々あるのと、お店の名前がかわいいので好きです。

フードメニューには期間限定でラクサがありました。おなかが減っていたら食べたかったな。

IMG_5790.jpg


歩き回って疲れたので、今日も足つぼへ行きます。
観光客の多いエリアのマッサージ屋さんは、旧正月でもあまり関係なく営業している
ように思いました。そういうお店では日本語もよく通じます。

夕食はリージェントホテル近くの金品茶樓へ。

事前に調べたところ、鼎泰豊京鼎楼もお休みとのことでした。
旧正月に台北に行かれるかたは、レストランは事前に調べておくことをおすすめします。
他にも気になっていたお店がいくつも休業でした。

金品茶樓は鼎泰豊出身の店主が開いただけあって、とてもおいしかったです。

IMG_4694.jpg

ローカルの家族連れも多く、にぎやかでした。

ふたたびホテルの大班ラウンジで台湾ビールを飲んで、二日目も終了です。





台北旅行記(2日目/行天宮初詣・獅子舞・牛肉麺) - 2013.09.06 Fri

2013年春節の台北、年が明けました。新年好。

朝食を食べに、クラブラウンジへ向かいます。下手な中国語で「新年快楽!」とスタッフさんに
声をかけると、優しい微笑みとともに美しい発音の「新年快楽!」が返ってきました。

あけましておめでとう。

IMG_5223.jpg

シェフがいらっしゃるので卵料理は好きなものを作ってもらえます。
パンの種類も多いですが、ちまきや包子のようなローカルフードもありました。

スモークサーモン、ウィンナー、温野菜に生野菜、ヨーグルトとフルーツをいただきました。

IMG_3403.jpg

調子に乗って「コーヒーを二杯ください」と中国語でオーダーしたところ、何かが
間違っていたらしく一杯しか出てきませんでした。

夫は自分でもう一度注文していました。すみませんすみません。
おいしいコーヒーを飲み、ゆっくりと元旦の朝食を楽しみました。

のんびりと街へ出かけます。この日もとても暖かく、コートなしで大丈夫でした。
冬の台湾、良いですね。

街へ出ると、小さなお店は閉まっていて何だか静か。人通りも少なめです。

IMG_9478.jpg

モスバーガーの店頭も新年仕様でした。
そしてコニーとブラウンのイラスト。LINEは台北でも流行しているみたいです。

地下鉄で行天宮へ初詣に向かいます。駅の名前もそのまま「行天宮」。
台北でとても人気のある関帝廟です。

しかし地上へ出た瞬間からすごい人の波でした。
人ごみでは、スリなんかも気になります。日本でも、初詣の時は同じですね。

人に流されるようにして行天宮へ向かいます。逆流は無理です。
途中で行商のおばちゃんからお供え用のお花を買いました。

入口を前に、すでに大行列です。並びます。元日のお昼前に神田明神へ行くような
ものだから当然ですね。明治神宮よりはマシかなあ、という印象です。

aIMG_0061.gif

周囲の人の真似をしてお花をお供えし、お参りしました。
何をお願いしたのかは秘密です、とか書くとウザいのでやめておきます。

その間にもどんどん参拝客が押し寄せてきます。
お祓いも占いも飛ばし、写真もあまり撮れないまま、早々に退散しました。

行天宮の周囲の個人商店は、残念ながら旧正月休みのようです。印鑑屋さんも
いくつか並んでいたけれど、どれも閉まっていました。
新婚旅行らしく、新しい名前の印鑑を作りたかったのだけれど、残念。

ホテルへ戻りました。リージェント台北の春節のイベントとして、ホテル前で獅子舞の
ショーが見られるというお知らせを見たからです。

太鼓の演奏から始まり、

IMG_4017.jpg

音楽に合わせて獅子舞が出てきました。
日本のものより華やかな色合いで、動きもダイナミックです。

IMG_2340.jpg

こんなことになったりします。

IMG_8988.jpg

そして最後に中の人 ↓

IMG_2524.jpg


おめでたい雰囲気と、エキゾチックな獅子舞。堪能しました。

そうこうしているうちにおなかも減ってきたので、ランチにします。
中山駅から地下街をうろうろしていて見つけた牛肉麺のお店に入ってみました。

IMG_3429.jpg

メニューの書いた紙にチェックを入れて、カウンターのおじさんに渡すシステムでした。

IMG_6238.jpg

しっかり太めの麺に、たっぷりの白菜。柔らかくて滋味深い牛肉。
ベーシックな牛肉麺です。とてもおいしかったです。

カウンターのおじさんに、ハオチーラ、謝謝、とか何とか言ってお店を出ました。
良い笑顔が返ってきました。

台北ふれあい街歩き、もう少し続きます。





台北旅行記(1日目/リージェント台北大班フロア・足つぼマッサージ)  - 2013.09.05 Thu

ハネムーンデコレーションにすっかり魅せられ、ホールケーキとシャンパーニュを
いただきました。

夜市で夕食をとろうかと思っていたけれど、もうおなかがいっぱいです。

とりあえず足つぼを目指して、ホテルの部屋の窓から見えたマッサージ店
皇家巴黎健康養生会館」へ行きました。

IMG_6313.jpg

受付では英語で会話、2名の足つぼが同時に可能とのことでお願いしました。
日本語の話せるスタッフさんも1名いらっしゃいました。

着替え(ショートパンツ)を貸してもらい、40分のコース2名で1000元。
とりたてて安い訳ではないけれど、腕も良く満足できました。

店内は清潔感があり、暖かいお茶とお菓子がサーブされます。台北ナビにも載っている
お店なので、長めのコース希望ならば、事前に予約していくと良いかもしれません。

マッサージが終わると日が暮れてきていました。
ホテルの地下のDFSも早々に店じまいをしていて、すっかり年の瀬モードです。

ゆっくりお酒でも飲もうかとクラブラウンジに向かいました。

IMG_2935.jpg

照明も控えめで大人の雰囲気です。窓際の席からは、101のライトアップが眺められました。
台湾ビールとオードブルをいただきます。

IMG_3087.jpg

飲み物はスタッフのかたがサーブしてくださるシステムです。
フィンガーフードが10種類ほどあって、目移りするほどでした。庶民としては、
ハーゲンダッツのアイスクリームがあるのも嬉しいです。

1時間ほどラウンジで過ごし、部屋へ戻りました。

IMG_0179.jpg

ターンダウンの済んだベッドには、チョコレートが置いてありました。

IMG_0636.jpg

氷もセットしてくれていました。
それほど疲れてはいなかったけれど、フラワーバスにゆっくりとつかりました。

リージェント台北は、やっぱりとても素敵なホテルです。

あちこちで始まった爆竹の音を遠くに聞きながら、眠ってしまいました。





台北旅行記(1日目/福岡空港・リージェント台北) - 2013.09.04 Wed

旧正月まっただ中の台北に、二泊三日の弾丸新婚旅行に行きました。

旅行代金を支払ってからも、実はちょっとだけ揺れていました。

本当は8日間くらいの休暇で、南の島のプール付きヴィラとか取って、何から隠れるのか
知らないけどハイダウェイリゾートっていいよねとか言いたかった。

隙あらば刺してくる変な虫とかちょっとずつ満ち気味の水位とかを気にしながらの、
ビーチで二人きりのキャンドルライトディナーなんていうのもやってみたかった。

日常から離れてのんびりしながら、これからの人生のことをゆっくり考える時間が
欲しかったのかもしれません。

でも現実は二泊三日でバタバタと台北です。ちょっとだけ不満がありました。

でももう気持ちを切り替えて、めいっぱい楽しむしかありません。大好きな台北です。

せっかくなので思い出に残る滞在にしたいものです。
リージェント台北のゲストリレーションに、思い切ってメールを送りました。

「繁忙期なのは承知しているけれど、台北101と公園の側など、できるだけ眺望の良いお部屋が
良いのです。なぜなら私たちの新婚旅行だから」と臆面もなく書いてみました。

こんな図々しいメールが、びっくりするほど素敵なおもてなしになって返ってくるなんて、
この時はゆめにも思っていませんでした。ハネムーンハイですみません。

前日に、JTBから電話がかかってきていました。留守電を聞くと、「明日の福岡は大雪の
予報。空港アクセスにご注意ください。」という旨のメッセージが入っていました。

JTBってやっぱりすごいです。基本的には個人旅行派だけれど、代理店の良さも確かにある。
そんなことをちょっと考えました。

翌朝はとても寒かったものの雪は免れ、無事に福岡空港へ到着しました。


IMG_9928.jpg

噂には聞いていた、エバー航空のキティジェットです。誰得?

機内食に入っていた蒲鉾もキティさんの柄だったのだけど、写真を撮る間もなく完食
してしまいました。

フライトは2時間半ほどで、あっという間に到着しました。九州から東アジア、近いです。

さて、旧暦大晦日の台北です。

1か月くらい進んだ気候、とガイドブックには書いてあったけれど、実際にはもっと
暖かく感じます。桜が咲く頃のような印象でした。
2月は雨の多い時期でもあるようなので、雨だと寒いのかもしれません。

心配していた渋滞もなく、さらりとホテルに到着しました。
待ちわびたリージェント台北です。

IMG_9466.jpg

レセプションには日本人ゲストリレーションのMさんが待っていてくれました。
私が出したリクエストメールに、丁寧な返信をくださった女性です。

大班フロアのクラブラウンジでチェックインしました。そして案内されたお部屋には、


IMG_9208a.jpg


IMG_5471.jpg

なんとハネムーンデコレーションと、ホールケーキにシャンパーニュ。

そしてフラワーバス。リージェントマジックってこれですか。

IMG_0256.jpg

「スタッフみんなで一生懸命考えて、準備したんですよ。」とMさんは素敵に微笑んで
おられました。ありがとうございます、と言うのが精いっぱいでした。

シャーウッドとかシャングリラもいいかなあとか思ってごめんなさい。
この先何度台北に来ても、リージェント一択です。ありがとうございます。

新婚旅行を台北にして、リージェントにして良かった、と思いました。

ハネムーンデコレーションは、水上コテージの天蓋つきベッドじゃなくても良いものです。

ちなみに眺望リクエストについては、101と公園が見られる、コーナーツインの部屋を
アサインしてくださっていました。

みなさんも台北に行かれる時にはぜひ、リージェント台北を。すっかり回し者です。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (9)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (3)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR