2017-11

長崎旅行記(2日目/大浦天主堂・信徒発見のマリア像・グラバー園) - 2017.11.16 Thu

2017年7月の長崎旅行記です。
宿泊した「ホテルモントレ長崎」から、歩いてグラバー園方面へ向かいました。

まずは昨夜、美しいライトアップを見た大浦天主堂。
偶然にも途中の坂道で、くんちの「南蛮船」に出会いました。練習中かな。

P7020276NS.jpg

そうそう、ふと気づけば日曜の朝。ミサがありそうな時間です。

もしかして入れないかなと心配しましたが、ミサは道路を挟んだ「カトリック
大浦教会」で開催されるという事で、大浦天主堂には問題なく入れました。

P7020277NS.jpg

拝観料は大人600円(2017年11月現在)。2018年4月から1,000円に値上げされる
という話です。世界遺産暫定リストに掲載されたことも関係あるのかしらん。

P7020280NS.jpg

1865年に建てられた国宝のカトリック教会。内部は撮影禁止です。

ずっと見たかった「信徒発見のマリア像」は、静かにそこにたたずんでおられました。
250年もひそかに続いてきた隠れキリシタン達が、プティジャン神父に信仰を
打ち明けた(=信徒発見)時に目にした像です。

P7020281NS.jpg

観光客向けの音声解説がずっと流れていたけれど、ここは確かに神聖な祈りの
場なのだな、と思わせるふしぎな空気がありました。

171NS.jpg

満足して、天主堂をあとにしました。

さて、そのままさらに坂を上ってグラバー園に入ります。大人610円(2017年11月現在)。

P7020284NS.jpg

相変わらずすごい坂だけど、エスカレーターがあるので大丈夫。

P7020291NS.jpg

いちばん上はけっこう高台になります。

P7020298NS.jpg

旧三菱第2ドックハウスからの眺め。

P7020294NS.jpg

ゆっくり下りながら散策します。

これ、よくガイドブックとかで見かける景色ですね。

P7020325NS.jpg

旧グラバー住宅です。日本最古の木造洋風建築なのだとか。中まで入れます。

186NS.jpg

敷地内にはたくさんの植物がありました。

P7020315NS.jpg

色とりどりの紫陽花が、ちょうど見ごろという感じ。

P7020312NS.jpg

亀オン亀。

P7020321NS.jpg

グラバー園、何だかすごく長崎らしいところでした。

P7020331NS.jpg

大浦天主堂とグラバー園の話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。












スポンサーサイト

長崎旅行記(2日目/ホテルモントレ長崎の朝食) - 2017.11.12 Sun

2017年7月の長崎旅行記です。
宿泊した「ホテルモントレ長崎」で朝食をいただきました。

P7020267NS.jpg

ポルトガルの宮殿をイメージしたという1階のレストラン「アマリア サロン」です。

昼・夜はイタリアン寄りのメニューで営業しているのだそうです。

P7020260NS.jpg

朝は洋食だけでなく、長崎の郷土料理もいろいろあります。

P7020233NS.jpg

いわしのかまぼこがちょっと珍しいかな。やさしい味の五島うどんが、朝に
ちょうど良い感じです。

161NS.jpg

ひとくち分だけ試した皿うどん。

162NS.jpg

あとは女性に受けそうなものも豊富でした。スムージーとか

166NS.jpg

野菜を練りこんだパンなどが豊富です。女子旅向けな雰囲気でした。

P7020252NS.jpg

デザートではカステラなんかもあります。長崎っぽい。

P7020253NS.jpg

こうやって見ると、長崎って名物が多いですね。豊かな食文化があります。

ゆったりと味わうことができて満足でした。

P7020262NS.jpg

繁忙期などはレストランがいっぱいになってしまい、バンケットルームなども
総動員して対応しているようです。

おなかもいっぱいになったところで、観光に出かけましょう。

P7010224NS.jpg

ホテルの雰囲気に合わせた、レトロなエレベーターがちょっとおもしろい。

P7020388NS.jpg

そしてロピー階のトイレの洗面エリア。ここはまたポルトガル感を出して来ています。

ホテルモントレ長崎の朝でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。








長崎旅行記(1日目/ホテルモントレ長崎に宿泊) - 2017.11.09 Thu

2017年7月の長崎旅行記です。

今回宿泊したのは「ホテルモントレ長崎」。

P7010072NS.jpg

立地が素晴らしくて、路面電車の「大浦海岸」電停から徒歩1分。
オランダ坂、軍艦島クルーズ(コンシェルジュ)の船着き場、大浦天主堂、グラバー園、
新地中華街などが徒歩圏です。コンビニは徒歩1分。

ホテルモントレグループは、それぞれのホテルごとに異なる国をイメージして
作られていると聞きます。ここ長崎は、ポルトガルがテーマなのだそうです。

P7010068NS.jpg

ポルトガルっぽさはところどころに見られます。アズレージョとか。
でも長崎なのに、なぜオランダじゃないのかしらん、、、、まあいいか。

フロントはこんな感じ。

085NS.jpg

レトロな雰囲気で、いわゆる女子旅なんかに良さそうです。

ロビー横には吹き抜けのあるチャペルもありました。

P7020271NS.jpg

宿泊フロアの廊下も南欧風でした。狭さも気にならない不思議。

084NS.jpg

禁煙スタンダードツインルーム。

077NS.jpg

テラコッタっぽい床材がポルトガル風味です。

P7010056NS.jpg

23.2平米。ちょっと狭いけど、1泊だけなら問題ないかな。お水2本が無料でした。

082NS.jpg

クロゼットが激細なので、連泊とか真冬はちょっときついかもしれません。

P7010066NS.jpg

水回りもタイトなつくり。おそうじはよく行き届いていて気持ち良く過ごせました。

P7010060NS.jpg

古さはちょっと気になるけれど、まあこんなものかな。宿泊料金を考えれば
まったく不満はないレベルでした。ここにも柄入りのタイル。

P7010062NS.jpg

アメニティはひととおり。

P7010230NS.jpg

ちょっとした観光旅行で1泊、という時には便利で居心地の良いホテルだと思います。
予約時には稲佐山の中腹のホテルと迷ったけれど、初めての長崎であちこち
うろうろしたかった旅なので、結果的には大満足でした。

P7010217NS.jpg






長崎旅行記(1日目/グラバー園方面からの稲佐山の夜景) - 2017.11.05 Sun

2017年7月の長崎旅行記です。
グラバースカイロードの上で、ネコと遊んでいるうちに夕暮れが近づいてきました。

150NS.jpg

今日の残りのミッションは、夜景を見ることくらいです。
鍋冠山公園というところまで歩いて行ってみることにしました。

124NS.jpg

グラバースカイロードの最上部、グラバー園の裏手から、歩いて15分くらい
かかったかな。

145NS.jpg


標高169メートルの鍋冠山の頂上が、展望台になっています。
駐車場もあり、車で来ることもできるようでした。

132NS.jpg

湾の入口、女神大橋がよく見えました。
ベストコンディションならば軍艦島(端島)まで見えるのだそうです。

127NS.jpg

歩いてきたので、暗くなりきる前に展望台から下り、グラバー園の上まで戻ります。

P7010163NS.jpg

夜景は稲佐山から見るのが一番スタンダードなのだろうけど、こちら側からもなかなか。

函館などと比べて、長崎には美しい夜景を見られるスポットがたくさんありそうです。

P7010173NS.jpg

すっかり日が落ちました。

P7010179NS.jpg

美しいです。

東京や大阪などの都市部でない限りは、いかに立体的に見えるかというところが
夜景のポイントなのかなあ。

P7010180NS.jpg

山肌に貼りつくような建物の灯りや、湾内を行き来する船。

P7010189NS.jpg

なかなかに旅情をかきたてる夜景でした。

歩いてホテルへ戻ります。祈念坂。

P7010203NS.jpg

蚊よけのバングルを身に着けてはいたものの、それなりに刺されていました。

あちこちかきむしりながら歩いていると、見えてきたのは、大浦天主堂。

P7010207NS.jpg

正面にまわってみました。

P7010212NS.jpg

中には入れない時間帯でも、こんな風にライトアップされているのですね。
辺りはとても静か。荘厳な雰囲気でした。

新三大夜景の呼び声にふさわしい、美しい長崎の夜景でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。



【鍋冠山公園】









長崎旅行記(1日目/ツル茶んのトルコライス・グラバー園方面へ) - 2017.10.29 Sun

2017年7月の長崎旅行記です。
長崎にはおいしいものがたくさんあって迷うけれど、べたにトルコライス。

有名店「ツル茶ん」。名前これで合ってる?って不安になりますが、合ってます。

ツル茶んの場所は繁華街の西浜町アーケード(観光通り)を思案橋側に抜けたところ。

P7010104NS.jpg

ランチタイムの混雑する時間をはずしたので、運よく並ばずに入れました。
トルコライスとひとくちに言っても、種類がたくさんありました。

P7010105NS.jpg

夫は一番ベーシックなトルコライス。写真が雑ですみません。

104NS.jpg

トルコライスって不思議な食べ物ですよね。たぶんトルコには無い、と言うか、
そもそも大多数のトルコ人はとんかつを食べなさそうだし。

106aNS.jpg

私はちょっと変わり種のシーフードトルコ。有頭のエビフライなんかものってます。

103NS.jpg

おいしかったです。でもまあ、想像の範囲を超えない味かなあ。

大正14年創業で九州最古の喫茶店なのだそうです。
ただし建て替えられている店内は、どちらかというと昭和末期の香り。

老舗の有名店「ツル茶ん」でトルコライスを食べたという事実には満足しました。
すいていたら、入ってみる価値はあるかも。

おなかもいっぱいになったところで、路面電車でホテルへ移動。

P7010076NS.jpg

ホテルの写真は次回にまとめてアップしようと思います。
荷物を置いて、ふたたび出かけることにしました。夜景まではちょっと時間が
あるけれど、グラバー園方面へ向かいました。

大浦天主堂からずっと上がっていくこともできるけれど、からめ手から攻めるような
アプローチで向かいます。

P7010114NS.jpg

路面電車の終点「石橋」で下車。

P7010115NS.jpg

正面に見えるのが、秘密兵器の「グラバースカイロード」。
住民の方むけに作られたエレベーターですが、観光客でも利用できます。

ずいぶん上まで一気に行けて、とても便利。

P7010117NS.jpg

エレベーターから降りると、長崎の街を一望できます。


120NS.jpg

ちなみになぜか猫がたくさんいました。のんびりお昼寝中。

118NS.jpg

リラックス感すごい。

122NS.jpg

フォートラベルやトリップアドバイザーにもそのように書かれていたので、この
界隈にはいつも猫がいるのかもしれません。

【グラバースカイロード】




ツル茶んのトルコライスと、グラバースカイロードの話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR