2017-11

サイゴン旅行記(メコン川クルーズ・ヴィンチャン寺)  - 2015.05.03 Sun

サイゴン旅行記、そろそろ最後にしましょう。

ベトナム南部へ行くのなら、やっぱり外せないのはメコン川クルーズです。

DSCF9065SGN.jpg

SさんがAlan1で探してくれた現地旅行会社の日帰りツアー(英語)、12USドル。
日本語ツアーは25USドルだったので、迷わず英語にしました。

英語の説明が聞きとれなくても、まあ川だし、見れば大体分かるでしょう。

IMG_81501SGN.jpg

デタム通り(バンコクにおけるカオサンみたいな所らしい)の旅行代理店前に集合です。
高級ツアーの場合は、宿泊しているホテルまで迎えに来てくれるようですね。

大きな観光バス(もちろんエアコン有)に乗って片道2時間ほどだったかな。
途中で一度ドライブインのようなところに立ち寄ったように記憶しています。

DSCF9055SGN.jpg

現地に着きました。ごく簡単な注意事項などを聞いた後、早速クルーズ開始。
まずはこんな小舟に乗ります。漂う秘境感。

IMG_2137SGN.jpg

船頭さんの手漕ぎです。川口浩探検隊みたいな気持ちで進みます。

DSCF9067SGN.jpg

私達を下ろした後は、エンジンを動かしてブーンとかいって猛スピードで去っていきました。
川口浩探検隊の気分はここで一気に吹き飛びます。

お茶とフルーツが出される休憩タイムもありました。濃厚な甘みで美味。

DSCF9059SGN.jpg

その後はガイドさんに連れられて、そこそこのサイズの船に乗り換えます。

DSCF9070SGN.jpg

一気にこんな川幅になるからです。

IMG_6384SGN.jpg

て言うかこれ、川でいいんでしょうか。

DSCF9075SGN.jpg

どちらが上流なのか、どのくらいの深さなのか、さっぱり分かりません。
DSCF9076SGN.jpg

やっぱり広いです、メコンデルタ。

全然スケール感の伝わらない写真でお届けしています。気になる方はぜひ現地へ。

IMG_3263SGN.jpg

安いツアーですがランチもついていました。写真がなくてすみません。
白ご飯に肉野菜炒め、スープ、くらいのものでした。マレー系のグループにはちゃんと
ハラル対応の食事が出ていたようです。12ドルのツアーなのにすごいです。

帰りには、永長寺(ヴィンチャン寺)に寄りました。デコラティブ。

IMG_0756SGN.jpg

そしてお寺さんなのに若干フランス風味です。

IMG_5986SGN.jpg

白くてつるっとした仏像がいっぱいです。これは弥勒菩薩だったかしら。

DSCF9084SGN.jpg

こちらは修復中。布袋和尚かなと思いつつ、ベトナムにも布袋信仰ってあるのかしら?

DSCF9080SGN.jpg

夕方にはデタム通りの出発地点に帰ってきました。
メコンは日没が素晴らしいと聞くので、次の機会があれば泊りがけで行くのもいいのかな。

いつも読んでくださってありがとうございます。




スポンサーサイト

サイゴン旅行記(水上人形劇・シクロに乗ってみた)  - 2015.04.30 Thu

適当な写真と曖昧な記憶でお届けしている2011年9月のサイゴン(ホーチミンシティ)
旅行記、今日も市内観光の話です。

ぜひとも見たいと思っていたのが、水上人形劇です。

IMG_0453SGN.jpg

VIETNAMESE WATER PUPPET SHOWと名乗っていました。そのままですね。

IMG_9104SGN.jpg

北部ハノイあたりが本場のようですが、ここサイゴンにも専門劇場が作られ、本格的な
ショーを手軽に楽しむ事ができます。

DSCF9044SGN.jpg

1日2回、18:30~と20:00~の公演があり、上演前にチケットブースで当日券を
購入しました。

DSCF9045SGN.jpg

席は一番端の列の後ろのほう、Sさんと隣同士ではなく前後並びでした。確実に良い席で
見たいという人は、事前に予約をしておくほうが良いのかもしれません。

DSCF9046SGN.jpg

どんな物語なのか全く分からないまま鑑賞しましたが、不思議と楽しめました。

IMG_2356SGN.jpg

楽器の生演奏による音楽も心地よいです。今回もひどい写真ばかりですみません。

IMG_7588SGN.jpg

ちょっと不気味な人形たちは愛嬌があって可愛くて、そして実に表情豊かです。

DSCF9052SGN.jpg

最後には劇団員の方たちが出てきてご挨拶。おもしろかったです。

DSCF9053SGN.jpg

チケットの値段を忘れてしまいましたが、ベトナムナビのサイトを見ると2011年2月
現在(情報が古いですね)4ドル/12万ドンとの記載がなされています。



その他に、ホーチミンシティで印象深いのはシクロに乗った事かしら。

シクロは、三輪自転車の前に危うげに小さなカゴがくっついている乗り物で、今や外国人
観光客くらいしか利用しないものです。そしてぼろいです。

DSCF9036SGN.jpg

乗ってみました。

とりあえず、圧倒的に遅いです。

車輪がものすごい音をたててきしむばかりで、全然前に進みません。それでも運転手さんは
当然のようにタバコをふかしながら、悠々とペダルを漕いでいます。

DSCF9037SGN.jpg

余りに進まないので、そのうちだんだん笑えて来ます。実に愛すべき遅さです。

IMG_9173SGN.jpg

サイゴンは、アジアの大都会です。この街はいつの間にか、シクロのスピードなど追い
越してしまったのだと思います。

さっぱり追い付けないバイクの群れを遠巻きに眺めながら、そんなことを考えました。

IMG_0761SGN2

真剣な移動手段には全く向いていないけれど、アトラクションとして一度くらい乗ってみる
価値はあると思います。

サイゴン旅行記、次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




サイゴン旅行記(統一会堂・中央郵便局・聖母マリア教会) - 2015.04.27 Mon

2011年9月のベトナム、サイゴン(ホーチミンシティ)旅行記です。

街の観光に出かけた分の写真です。

まずは統一会堂。南ベトナムの大統領官邸として使われていた建物です。
しかし外観写真が無いというまさかの事態。すみません。

敷地の入口にあるブースでチケットを購入して、内部を見学できます。

DSCF9005SGN.jpg

1960年代に建てられたもので、なかなか魅力的なモダニズム建築でした。

DSCF9010SGN.jpg

ただでさえ大きな建物ですが、見学可能なエリアが予想以上に広く、なかなか
時間がかかりました。

DSCF9015SGN.jpg

ベトナム戦争の作戦を練っていた部屋とか、大統領の住居部分とか、日本語の説明書きも
ありました。もちろんリーフレットもあります。

DSCF9009SGN.jpg

と言いつつ、それぞれ何の部屋だったか全く覚えていません。

DSCF9013SGN.jpg

そして何かの剥製。剥製?ぬいぐるみ?ロボ?

DSCF9008SGN.jpg

屋上にはヘリポートがありました。

DSCF9016SGN.jpg

写真が残っていないのですが、実は一番興味深かったのは地下です。

細い廊下がうねうねと続いていて、クランクも多め。脱出用の隠し通路などもあるようです。
軍事施設らしさがあって、とても面白い所でした。

DSCF9017SGN.jpg

続いて向かったのは、フランス植民地時代の面影が残る、聖母マリア教会。

IMG_5508SGN.jpg

斜め向かいには中央郵便局があります。ここはフランスですか。

DSCF9021SGN.jpg

でも中に入ると、センターにホーチミンおじさんの顔。やっぱりベトナムです。

DSCF9022SGN.jpg

DSCF9024SGN.jpg

床を彩るタイルも、いちいちおしゃれでした。

IMG_9510SGN.jpg

こちらは市民劇場です。この直後にスコールが来てダッシュで移動したので、詳細は
全く分かりません。すみません。

IMG_7028SGN.jpg

最後はベンタイン市場です。ちらっと中にも入りましたが、ほとんど買い物はしませんでした。

DSCF9086SGN.jpg

少し果物を買って、ホテルの部屋で食べたくらいです。

日本人女性が好むような雑貨などは、ベンタイン市場よりもドンコイ通りのこじゃれた
ショップをのぞくほうが早いと思います。

サイゴン市街そのものは小さいので、買い物にある程度の時間をかけても、1日あれば
回れると思います。ざっくりしたまとめですみません。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






サイゴン旅行記(ルネッサンス・リバーサイドホテル・サイゴン) - 2015.04.24 Fri

2011年9月のサイゴン(ホーチミンシティ)旅行記、宿泊したホテルの話です。
ブログを書き始める前で、iPhone3等で適当に撮った写真です。見づらくてすみません。

出発2週間前に急に決めた旅行だったので、とにかく空きがあって安く泊まれる5つ星、
ということで宿を選びました。

ルネッサンス・リバーサイドホテル・サイゴン(Renaissance Riverside Hotel Saigon)です。

その名の通り、サイゴン川のほとりに建つホテルです。脳内BGMはもちろん井上陽水。

1階のエントランス周りはごく普通。

IMG_0058SGN.jpg

途中階の大きな吹き抜けが印象的でした。下にはアトリウム・ラウンジがあります。

IMG_4969SGN.jpg

ベトナムのランタン、大好きです。

DSCF9001SGN.jpg

クラブフロア&リバービューの客室の評判が良いのですが、残念ながら一般フロア&
シティビューの利用でした。

DSCF8994SGN.jpg


とは言え割と端の方の客室だったので、ちらっと川も見えました。両方ビュー。

IMG_8707.jpg

シティの方は特別素敵な眺めではありません。それでもアジアの大都会らしい、
ごちゃごちゃした雑多な風景は好きなので、それなりに楽しめました。

DSCF9089SGN.jpg

屋上にはプールがあります。夕方から夜になるまで、プールサイドで過ごしました。
川からの風がよく通るので、思った以上に涼しいです。

IMG_4647SGN.jpg

プールサイドから眺めたサイゴン川は、ミルクティー色の大河。

DSCF9088SGN.jpg

付近に橋がなく、渡し船で移動する人々の姿が見えました。そして対岸は森。

DSCF9087SGN.jpg

朝食のレストランについては、前回も少し書きました。日替わりのデザートや焼きたての
パンなどをテーブルまでサーブして回ってくれたりもしました。

IMG_7326SGN.jpg

総じて何も問題無く、コストパフォーマンスの良いホテルだったと思います。

そうそう、歩いて数分のところには「マジェスティックホテル・サイゴン」がありました。

IMG_7336SGN.jpg

フランス植民地時代から営業している老舗であり、開高健が愛した宿としてもその名を
知られています。それにしてもひどい写真。

IMG_9762SGN.jpg

コロニアルな雰囲気のロビーが、とても素敵でした。

IMG_8590SGN.jpg

またサイゴンに行くことがあったら、パークハイアットも良いけれど、やっぱりマジェスティックに
泊まってみたいです。

IMG_6397SGN.jpg

次回は観光の話かな。いつも読んでくださってありがとうございます。




サイゴン旅行記(ホーチミンシティで食べた物) - 2015.04.21 Tue

ディスカバリー九州キャンペーンを引き続き一人で開催中ですが、ちょっと飽きて
来ました。古い旅行の写真が出てきたので、しばらくアップします。

2011年9月のベトナム、サイゴン(ホーチミンシティ)へ行った時のものです。

フィンランド&エストニアへ一緒に行った、Sさんとの二人旅です。

直前になって急に思い立ち、決めた旅行でした。成田からJALに乗り、3泊5日。
大して下調べもせず、色々とSさん任せにして出かけました。

短い旅ながら、とても楽しめました。今日は、サイゴンで食べた物の写真にしましょう。

朝ごはんには牛肉のフォー。体にしみわたる美味しさです。

IMG_7554SGN.jpg

朝食のおいしいホテルだったので、毎日たっぷりいただきました。

DSCF9096SGN.jpg

どうやら焼きそばを食べた日もあるみたいです。

DSCF8999SGN.jpg

そしてオムレツもしっかり焼いてもらっているようですね。

IMG_477SGN.jpg

昼はあちこち観光に出かけました。ベンタイン市場近くの「バクダンアイス」で休憩。

IMG_4779SGN.jpg


物騒な響きですが爆弾ではなく「bach dang」、ベトナム語です。200円位だったかな。

夜は大好物のバインミー。この写真では全然おいしそうに見えませんが、ニョクマムと
パクチーが主張して素晴らしい味わい。ローカルビールによく合います。

IMG_9734SGN.jpg

最終日には、パークハイアットサイゴンにアフタヌーンティーに出かけました。

IMG_0918SGN.jpg

アフタヌーンティに生春巻きが出てくるなんて初めてで、楽しかったです。

IMG_9855SGN.jpg

シルバーのポットはとても優雅。ぶれぶれの写真ですみません。

IMG_1985SGN.jpg

コロニアル風のラウンジは天井が高く、くつろげる空間でした。

DSCF9102SGN.jpg

表通りのバイクの喧騒も、嘘のような静けさです。

DSCF9101SGN.jpg

改めて見ると、食べ物の写真が意外に少ないです。

ブログを始める前のことで、どんな風に写真を撮っていたかもあまり覚えていないけれど、
おいしいものを目の前にして、カメラも忘れ夢中になっていたのだと思います。

ベトナムは、本当に本当にごはんが美味しいです。また行きたいなあ。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR