2017-11

クラビ旅行記(4日目/スワンナプーム空港~帰国) - 2014.11.03 Mon

弾丸クラビ旅行も最終日。後はもうタイ航空で乗り継ぎ、日本に帰るだけです。

DSCN2364KRB.jpg

バンコク・スワンナプーム国際空港で4時間ほどの乗り継ぎ時間です。

DSCN2362KRB.jpg

スワンナプームでは、4時間くらいあっと言う間に過ぎますね。夜ご飯も食べたいし、
少しくらいPANPURIの化粧品なんかも買いたい。
ジムトンプソンズのお店もあるし、象さん売りすぎのお土産もの屋さんも冷やかしたい。

DSCN2356KRB.jpg

そもそも広いので、乗り継ぎの移動だけでもけっこう時間がかかります。
空港職員もセグウェイで移動中。

DSCN2363KRB.jpg

レストランもたくさんあるけれど、最後はやっぱりタイ料理です。シーロム・ヴィレッジと
いうお店に入りました。タイ東北部の料理もあって、南からの帰国時には嬉しいです。

DSCN2360KRB.jpg

パッポンカリーとカオソイをいただきました。チェンマイにもまた行きたい。

110KRB.jpg

112KRB.jpg

ふと見ると、クラビタウンで水たまりにはまったせいか、何だか足が汚れています。

この空港にはラウンジが使えない庶民派の強い味方、貸しシャワーがあるようです。
試しに使ってみることにしましょう。

通路にあるタッチパネル式のフロアガイドで検索をかけて、辿り着きました。

Louis' Tavern Dayroom & CIP Loungesという名前のトランジットホテルの中です。

DSCN2352KRB.jpg

入口はいくつかあるので、出発点によってアクセス方法は変わるかもしれません。

DSCN2354KRB.jpg

シャワーのみの利用の場合、大きなバスタオル貸出込で350B。(2014年7月現在)

DSCN2353KRB.jpg

200Bならば毎回使うのになあ。でも夜のフライトの前に、シャンプーをしてメイクも
落とせたので満足です。

DSCN2366KRB.jpg

帰りのフライトはTG648便、00:50BKK発、08:00FUK着です。またもや沖止め。

何だか気分がすぐれなくて、朝ごはんをパスしたので写真がありません。
ほぼ定刻通り、8時少し前に福岡空港に着きました。

DSCN2369KRB.jpg

毎度の弾丸旅でしたが、とても楽しい休暇を過ごすことができました。

実際のところ、クラビは買い物やスパは充実していないし、いわゆる観光名所もそれほど
ありません。日本からのパッケージツアーもあまり多くは無いですよね。

今回買ったのも、圧倒的に食べ物が多かったような気がします。雑貨やタイシルク製品
などは、欲しいものがほとんどありませんでした。

DSCN2374KRB.jpg

それでもクラビは、刺激は少ないのに何だかじわじわ楽しくて魅力的なところです。
雨季でなくベストシーズンなら、海と山の景観だけで、もう何もいらないと思えそうです。

DSCN2235KRB.jpg

まったりしていて居心地も治安も良好。個人的にはとても好きなタイプのリゾートでした。

自然豊かなビーチリゾートでだらだらと過ごしたい、安いマッサージとタイ料理でOK
という人には、とてもおすすめです。

118KRB.jpg


クラビ好きです。最後まで読んでくださってありがとうございました。





スポンサーサイト

クラビ旅行記(3日目/クラビ空港~タイ航空でバンコクへ) - 2014.10.31 Fri

2014年7月のタイ旅行最終日、帰国の途に着きました。クラビ空港です。

DSCN2329KRB.jpg

この日は本当に雨が多く、またスコールがやって来ました。

窓にたたきつけるような、激しい降りです。外の景色がよく見えません。

DSCN2338KRB.jpg

クラビは小さな空港ですが、LCCも就航しています。タイガーエアでシンガポール、
エアアジアでバンコクやKLなどへのフライトがあるようです。

DSCN2326KRB.jpg

売店やカフェなども少しあります。ムスリムの多い土地柄、お祈り部屋も完備。

DSCN2327KRB.jpg

特に見たいお店も無かったので、早めにタイ航空のカウンターへ向かいました。

スーツケースの検査をするお兄さん達がなぜか「Let It Go」を大合唱しています。

ありのままでと主張するまでもない自由さです。チェックしている感じは全然無かった
けれど、スーツケースには無事にシールが貼られました。ありのままです。

続いてチェックインです。今度はお姉さんが2人いましたが、夫の顔とパスポートの写真を
しげしげと眺め、「一休さんに似ている!」と言って大騒ぎしています。

そう言えば、タイでは昔からアニメ「一休さん」が放映されていて人気があると聞いた
ことがあります。周りのスタッフも次々に集まってきました。口々に一休さん一休さん
言ってます。

いつの間にかみんなして、一休さんのオープニングテーマ曲を歌っています。

夫はそんなに一休さんに似ているかしら。髪型だけちょっと似ているかな。



しかしみんな歌いすぎです。ちょっとしたミュージカルの趣です。こんなにナチュラルに
楽しそうに働いている人たちって、日本ではあまり見かけない気もします。

リアル一休さんに名残惜しそうなスタッフの人たちに別れを告げ、保安検査へ向かいました。

広々とした待合室にはほとんど人がいなくて静かでした。

DSCN2332KRB.jpg

ココナッツ味のスナックを買ったりしていたら、もう搭乗時刻です。

DSCN2335KRB.jpg

機体の写真は、まともなものが残っていません。全然分かりませんが、これです。

DSCN2336KRB.jpg

雨が激しすぎて、飛行機の入口が何やら大変なことになっていました。天井から水が
したたっています。CAさんも大わらわ。水滴をよけつつ、小走りで搭乗です。

DSCN2341KRB.jpg

TG250便、バンコク行きのフライトなのに、飛行機は妙にすいていました。

DSCN2343KRB.jpg

サンドイッチと共に、またもや風邪シロップ味のフルーツジュースが出ました。

DSCN2345KRB.jpg

定刻通りの18:50クラビ発で、20:10にバンコクに着きました。

毎度の事ながら、だらだらと書いてきたクラビ旅行記も次回で最終です。
いつも読んでくださってありがとうございます。





クラビ旅行記(3日目/タクシーをチャーターしてクラビタウンへ) - 2014.10.28 Tue

2014年7月のクラビ、最終日です。ホテルをチェックアウトして、空港に向かいます。

クラビタウンにちょっと寄り道して、お土産類を調達しましょう。

アオナンビーチエリアのメインロードには、色々なタクシーが看板を出して停まっています。

クラビタウンまで乗るつもりでしたが、運転手さんとお話をしてクラビ空港までお世話に
なることにしました。
アオナン→クラビタウン(買い物をしている間は待機してもらう)→クラビ空港という行程で、
計4時間ほどチャーターして1000B(約3000円)でした。

DSCN2304KRB.jpg

帰国後に調べたところでは、タクシーでアオナンビーチからクラビ空港まで直行
すると600B程度、タウン等へ寄り道する場合は1時間ごとに+200B程度が相場の
ようです。まさにそれくらいでした。ぼったくられていなくて良かったです。

移動中に、ものすごいスコールが来ました。

DSCN2309KRB.jpg

20分ほどでクラビタウンに到着です。

「ヴォーグデパート」というスーパーマーケットの近くで下ろしてもらいました。
念のためという感じで、ドライバーさんが大きな傘を持たせてくれました。

DSCN2321KRB.jpg

交差点にはクラビ原人の像。この辺りで原人の骨が発見されたのだそうです。

DSCN2313KRB.jpg

何枚も原人の写真があります。どんだけ気に入ったんでしょうか。

DSCN2310KRB.jpg

それにしても、さっきの強烈なスコールで、道路のあちこちが冠水しています。

DSCN2312KRB.jpg

側面が完全にオープンエアのソンテウに乗らなくて、本当に良かったです。
雨季には多少コストをかけてでも、バスかタクシーでの移動をおすすめします。

クラビタウンは、ローカルの人々が暮らす街です。リゾートエリアとは少し雰囲気が
違いました。

DSCN2314KRB.jpg

ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」の街のシーンのロケ地でもあったようですね。

DSCN2315KRB.jpg

スーパーやベーカリーで、無事にお土産用のお菓子や食材などを買うことが出来ました。

DSCN2318KRB.jpg

DSCN2319KRB.jpg

左上にナリって書いてあります。むしろコロ助が入ってますけど大丈夫でしょうか。

DSCN2320KRB.jpg

ローカルの人向けの服なども売られています。ぶれぶれですみません。

DSCN2317KRB.jpg

DSCN2316KRB1.jpg

車に戻ると、ドライバーは車のドアを開け放して完全にお昼寝中でした。
起こしたら照れ笑いしていました。どうやらクラビタウンも、治安はとても良いようです。

空港を目指して、車はびゅんびゅん走ります。

DSCN2308KRB.jpg


愛すべきクラビの街が、どんどん後ろへ向かって流れ、遠ざかって行きます。

DSCN2324KRB.jpg

信号待ちの交差点に、何かの像。周辺は手入れが行き届いていて、よく信仰されている
雰囲気です。

DSCN2325KRB.jpg

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。







クラビ旅行記(3日目/ドリアンを素通りしてアオナンビーチ散策) - 2014.10.25 Sat

クラビ最終日、せっかくなのでもう一度アオナンビーチ辺りをお散歩しました。

宿泊したホテル「パカサイ リゾート」の入口には、タイの国旗がゆらめいています。

DSCN2145KRB.jpg

ホテルを出て、なだらかな坂道を下って行きます。

DSCN2146KRB.jpg

メインロード沿いには、今日も色々な屋台が出ています。

DSCN2220KRB.jpg

果物もあります。ドリアンが割られる前に退散しましょう。

DSCN2221KRB.jpg

強力すぎる香りに怖気づいて、いまだに口にしたことが無いのですが、一度はまると
病みつきになるとか聞きますよね。おいしいのでしょうか。

台北の臭豆腐にも挑戦したことが無いビビりの私には、ドリアンはなかなかハードルが
高い食べ物のひとつです。

全然ピントが合っていませんが、かわいらしい小鳥がいました。

DSCN2165KRB.jpg

ビーチフロントの道路でも車は少なくて、のんびりした雰囲気です。

DSCN2150KRB.jpg

静かなビーチです。

DSCN2163KRB.jpg

もっとくっきり晴れているほうがきれいだけれど、紫外線の強さを考えたら、これくらい
雲が出ているほうが助かります。

DSCN2152KRB.jpg

何気ない景色だけど、何だか心ひかれました。

030KRB.jpg

遠くには石灰岩の崖が見えます。ぐっと増すクラビ感。

031KRB.jpg

ソンテウと呼ばれる乗合タクシーが、そこかしこに停まっていました。

DSCN2154KRB.jpg

この日の午後は空港への移動があります。移動の交通手段をまだ決めていないけれど、
ソンテウに挑戦してみようかしら。

DSCN2166KRB.jpg

とか言っていたら、突如ものすごいスコールがやって来ました。

思わず目の前のバーガーキングに避難しました。さすが雨季です。

アイスコーヒーを片手にじっとしていたら、30分ほどで晴れました。比較的すぐに止む
けれど強烈な雨が、多い時には1日に何度かやってくる、という感じかな。

雨上がりは湿度があがって、もわもわしています。路面もまだ濡れています。

DSCN2295KRB.jpg

クラビ発のフライトは18:50です。空港へ向かう前にクラビタウンにも寄り道したいし、
早めにリゾートエリアを出ることにしましょう。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。




クラビ旅行記(3日目/ホテル探検~タイマッサージ) - 2014.10.22 Wed

2014年7月のタイ旅行3日目、夜のフライトで日本へ帰る日です。

起き抜けにバルコニーに出て外を眺めていたら、またリスがやって来ました。
大慌てでシャッターを押してみたら、こんなひどい写真が撮れました。

DSCN2272KRB.jpg

何か日本のリスとは違うような気がします。って言うか、これリスで良いんでしょうか。

DSCN2273KRB.jpg

色も形も質感も日本のとは全然違うけど。

のんびり朝ごはんをいただいて、ホテルの敷地内をお散歩しました。

102KRB.jpg

こちらはレストランの隣のラウンジ。朝なのでまだ営業していません。

DSCN2129KRB.jpg

オープンエアで、涼を取る道具は巨大な扇風機のみという潔さ。

DSCN2302KRB.jpg

ちなみにこの扇風機、めっちゃうるさいけど涼しいです。首振り機能は完全に壊れていて
一切回りませんが、マイペンライです。

DSCN2289KRB.jpg

中庭の池にはお魚がたくさんいます。傍らの壺に入っているエサをあげると、魚たちが
ものすごい勢いで集まってきました。

DSCN2286KRB.jpg

レンタサイクルもあります。

DSCN2142KRB.jpg


022KRB.jpg

南国らしく、ぎゅうぎゅうに生えている木や草花がきれいでした。

DSCN2124KRB.jpg

ホテルは小さいので、あっという間に一周してしまいました。

DSCN2123KRB.jpg

お部屋に戻って軽く荷物をまとめ、シャワーを浴びたりしました。

その後はアオナンビーチエリアに再び散歩に出かけたのですが、時系列を無視して、
帰り際に行ったマッサージ屋の写真を載せておきましょう。

チェックアウト後に、ホテルの向かいにあるタイマッサージのお店に行きました。

DSCN2292KRB.jpg

メニューは色々あります。

DSCN2290KRB.jpg

夫は2番のクラシックタイマッサージを選んだようです。前日のビーチとプールで日焼けして
しまった私は9番、アロエヴェラのジェルを使ったトリートメントを受けました。

施術前に新しいシーツを敷き、エアコンを入れてくれます。

DSCN2291KRB.jpg

ひんやりしたジェルで全身をケアしてもらい、マッサージも合わせて受けました。
すっかりほぐれて、良い気持ちです。フライトの前後には必須ですね。

アオナンビーチエリアには、同じような価格帯(200~300B/1h)のマッサージ店は
たくさんあります。スパはホテル内にあるものがほとんどで、街スパはあまり発達
していないようです。

もう少し選択肢があると嬉しいですね。東京のOL等が大挙して押し寄せて来たり
したら、この街にももっとスパが増えるのかしらん。

次回へ続きます。いつも読んでくださってありがとうございます。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR