2017-07

東京旅行記(ゆりかもめ・青空からのゲリラ雷雨) - 2014.08.09 Sat

2014年6月の東京滞在、残りの写真をアップします。霧の中のスカイツリー。
完全に手前のマンションにピントが合っていてすみません。

DSCN2032DJ.jpg

驚いたのと同時に、とても良くなったなあと思ったのが、ゆりかもめの新型車両です。
7300系、2014年1月にデビューしたようですね。

DSCN2058DJ.jpg

新交通システムの類は車両そのものが小さいし、効率よく座席を配置するのはなかなか
難しいのだろうと思います。それでも以前のボックスシートは、あまりに狭かったですよね。

仕事で東京ビッグサイトに行った時など、重い資料をたくさん持った状態で見知らぬ
おじさまと膝を突き合わせてあのシートに座るのはちょっとつらいものでした。

新型車両のロングシートは、畳んだベビーカーやカートを抱えていても動きやすそうです。
ただしある意味で、ゆりかもめらしさはちょっと薄れたかもしれません。

豊洲から有明方面へゆりかもめで移動しました。抜けるような青空です。

DSCN2059DJ.jpg

東京には空が無い、なんて泣かないでほしいものです。高村光太郎も大変ですね。

この辺りは、オリンピックにむけて色々とスクラップ&ビルドがなされているようでした。
私が東京に来るのはせいぜい年に1度くらいのものです。次に見る時には、どんなことに
なっているのかしら。

DSCN2060DJ.jpg

大都市の景観って不思議です。この空の下のどこかにいる、昔好きだった人のことを
ちょっとだけ思い出してみたくなります。

DSCN2063DJ.jpg

いよいよ熊本へ戻る時間が近づいてきて、羽田へ向かおうかという頃に、ゲリラ豪雨が
やってきました。あんなに良いお天気だったのに。

DSCN2065DJ.jpg

ものすごい雨です。同時に雷も激しくなってきました。

DSCN2066DJ.jpg

路肩に溢れ出す雨水。空港バスの中から眺めているだけでも、ちょっと怖いくらいの
降りようでした。水を跳ね飛ばしながら、バスは羽田第1ターミナルを目指します。

1時間ほどで雨は止みましたが、雷の影響もあってフライトが少し乱れていました。
搭乗口がサテライトに変更になり、とぼとぼ歩いて向かいます。

DSCN2067DJ.jpg

2月の大雪の伊丹80分ディレイ事件が思い起こされて、ちょっとドキドキします。

DSCN2069DJ.jpg

帰りはクラスJも空いておらず、普通席の利用でした。

東京-熊本間のフライトは1時間40分。改めて考えると遠いですよね。逆方向へ
飛んだら上海に着いてしまいます。

DSCN2070DJ.jpg

もうちょっと近いと嬉しいなあ。

今回も弾丸の東京滞在でした。読んでくださってありがとうございました。




スポンサーサイト

東京旅行記(隅田川の橋めぐり・浅草) - 2014.08.06 Wed

2014年6月の東京滞在、観光らしいことはほとんどしていません。

宿泊した蔵前のゲストハウス「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」から歩いて浅草まで
行ってみたことが、唯一の観光です。

宿から2分も歩けば、隅田川でした。

DSCN2000DJ.jpg

まずは蔵前駅からすぐの厩橋。

DSCN2002DJ.jpg

川沿いを、浅草へむかって歩きます。屋形船がたくさん停泊しています。

DSCN2003DJ.jpg

DSCN2004DJ.jpg

続いて駒形橋です。真ん中だけアーチが上にある、不思議なリズム感のある橋です。

DSCN2005DJ.jpg

橋の真ん中から東京スカイツリーが生えているみたいな写真になってしまいました。

さらに進むと、吾妻橋が見えて来ました。
厩橋、駒形橋、吾妻橋すべて、昭和初期にかけられたものなのだそうです。

DSCN2006DJ.jpg

橋の下から水上バスが姿を現しました。人がぎゅうぎゅうに乗っているようです。

雑多な雰囲気が、何とも良い眺めです。東京の水辺って、ノスタルジイをそそります。

私が東京に住み始めたのは22歳の時でした。
それまではビルばかりで怖い街だと思っていたけれど、実際に暮らしてみて初めて、
こんなに親水性の高い街なのだと知ったような気がします。

吾妻橋あたりから道路へ上がりました。

DSCN2008DJ.jpg

神谷バーの前を抜けて、久々の雷門。東アジアからの観光客が多い印象です。

DSCN2011DJ.jpg

仲見世は大混雑でした。田舎暮らしに慣れると、東京の人ごみは何だか怖いです。

DSCN2012DJ.jpg

浅草寺にお参りしましょう。

DSCN2014DJ.jpg

手水場に韋駄天さんなんていましたっけ?

DSCN2016DJ.jpg

お参りしたあとは六区方面へ抜けて、のんびりお茶をしました。

004DJ.jpg

やっぱり隅田川界隈から浅草って、いいところですね。

束の間の東京散策、楽しかったです。いつも読んでくださってありがとうございます。




東京旅行記(Nui. HOSTEL & BAR LOUNGEで朝食) - 2014.08.03 Sun

東京で宿泊したゲストハウス、Nui. HOSTEL & BAR LOUNGEの話、続きです。

DSCN2054DJ.jpg

今日は共用部分とカフェスペースを紹介します。

水回りは共同で、24時間利用可能です。洗面、トイレ、シャワーブースは各階にあり、清潔感も充分です。

DSCN2051DJ.jpg

150円でバスタオルを借りました。シャンプーとボディーソープは備え付けがあります。

キッチンとランドリーは最上階にあります。長期滞在の人には必須ですね。

DSCN2034DJ.jpg

何やらおしゃれ感が半端ないダイニングキッチンです。

DSCN2033DJ.jpg

その隣はライブラリースペースでした。サブカル系図書が並んでいて緊張します。
ロンリープラネット系も複数言語で置いてあるので、外国人ゲストには便利かもしれません。

DSCN2038DJ.jpg

小さいノートPCで仕事をしている若い男性もいました。ノマドってやつでしょうか。

DSCN2040DJ.jpg

2台の共有PCが置いてありましたが、皆Wi‐Fi利用がメインのようでした。

DSCN2041DJ.jpg

各階の移動にはエレベーターが1台、貨物用でかなり大きいものがあります。階段も
普通に使うことができます。ニュアンス系の写真たちが階段室を彩っていました。

DSCN2031DJ.jpg

1階にはカフェ&バーラウンジがあり、宿泊者でなくても利用できます。

朝ごはんをいただきましょう。9時にオープンです。

カウンターには焼きたてのパンが何種類か並んでいます。宿泊客は飲み物が100円引に
なるので、パン2つとアイスアメリカーノをいただいて500円ほどでした。

046DJ.jpg

ゆっくりと朝食をいただいた後は荷物をまとめ、チェックアウトしました。
初めてのゲストハウス滞在が、滞りなく完了しました。

東京には本当に色々な宿があるけれど、こういうところに来るのもひとつの選択肢として
おもしろいと思います。

DSCN2035DJ.jpg

今回は気のおけない友人と二人の滞在だったので、手ごろな価格で居住性も高そうな
ザ・ゲートホテル雷門 by HULICやホテル龍名館東京を検討していたのですが、思いきって
ゲストハウスに挑戦してみて良かったです。

山谷の安宿にもちょっと行ってみたかったけど。

DSCN2045DJ.jpg

ある意味で、とても東京らしい宿でした。

DSCN2048DJ.jpg

オリンピックを控えて、この大都市がどんな風に変わっていくのか分かりませんが、
こういう宿泊施設は絶対に必要で、そして魅力的なものだと思います。

次回も東京の写真かな。いつも読んでくださってありがとうございます。





東京旅行記(Nui. HOSTEL & BAR LOUNGEでゲストハウス初体験)  - 2014.07.31 Thu

2014年6月の東京、泊まった場所の話です。

今回はホテルではなく、初めてゲストハウスというものを使ってみました。

DSCN1994DJ.jpg

旅行は大好きだけれど、今までにゲストハウス・ホステル・ドミトリーの類を利用した
ことはありませんでした。そもそも、バックパッカー的な旅というものが未体験です。

サラリーマンの短い休暇を使っての旅行ばかりなので、カオサンとかデタムの安宿よりは、
リバーサイドエリアの5つ星ホテルに泊まりたいのです。

でも、やっぱり一度くらい、バックパッカー系の宿にも行ってみたい。
そして年を重ねるごとに、未経験者では入って行きづらくなりそうな気もします。

という訳で、東京でゲストハウスデビューしてみることにしました。しかも1泊のみ。

30代後半でデビューって大丈夫なんでしょうか。ドキドキしながら、初心者にも
ハードルが低そうな、新しくて何やらおしゃれなゲストハウスを選びました。

DSCN1998DJ.jpg

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

ヌイ、と読みます。開業2年足らずですが、評判はなかなか良いようですね。

DSCN1997DJ.jpg

場所は蔵前、やや渋めのエリアですが、大江戸線と浅草線が利用でき、浅草も徒歩圏。
足回りは悪くないです。

ゲストハウスデビューと言いつつ、ビギナーにとって、8人部屋は勇気が必要です。

高級ホテル滞在のつもりだった友人Mちゃんを巻き込んで、2段ベッドの2人部屋に
泊まることにしました。

一人あたり3,400円でした。安いです。男女混合の8人部屋ならば、一人2,700円から
利用できるようです。

さて、どんなお部屋でしょうか。2人部屋は、普通の鍵です。(8人部屋はナンバー式。)

DSCN2024DJ.jpg

扉に漂うおしゃれ感がすごいです。入ってみましょう。

DSCN2025DJ.jpg

木製のがっしりした二段ベッド。天井カセットのエアコンと個人用コンセント。

DSCN2028DJ.jpg


DSCN2026DJ.jpg

他にはハンガーが二本と、小さな机が一台に丸イスが二脚。

たぶん一般的な安宿に必要な設備類は、充分すぎるくらいに備えているのだと思います。
素人すぎるレポートで、笑わないでくださいね。

でも本当に初めてのことばかりで、とても新鮮で楽しい体験でした。

DSCN1999DJ.jpg

水回りなどの共用部・1階のカフェバーについては、次回の記事で書きます。

DSCN1996DJ.jpg

いつも読んでくださってありがとうございます。




東京旅行記(神保町/はちまきの天ぷら・月島/麦のもんじゃ) - 2014.07.28 Mon

6月の東京滞在で、何を食べたかという話です。

素材で言うなら、今住んでいる九州には素晴らしいものがたくさんあります。
おいしい野菜や新鮮な魚介、良質なお肉もすべて東京より安く手に入ります。

そして何となくおしゃれなカフェやバーなんかも、今や地方都市にもあふれています。
まあパンケーキブームが微妙に遅いとか、そういうことは少しあるけれど。

042DJ.jpg
↑熊本のパンケーキです。ホットケーキとパンケーキってどう違うんでしょうか。

そんな風に考えると、東京での食事をどうするか、というのはなかなか難しい問題です。

ミシュランに掲載されるようなフレンチや鮨も東京の楽しみのひとつだけれど、今回は
そういう高級店には全く行きませんでした。

結局のところ今回の滞在では、熊本に進出していないチェーン店とか、濃い味の蕎麦つゆ
とか、月島のもんじゃとか、そういうものに心ひかれました。

久しぶりの神保町で、すずらん通りの天ぷら屋さん「はちまき」。
このブログに時々コメントくださっている桃尻さんとご一緒しました。

DSCN2021DJ.jpg

昭和6年創業の老舗らしいのですが、私は全く知りませんでした。
20代のころ、仕事で数か月間このエリアに通っていたことがあるのですが、とにかく
安くておいしいお店が多い街なので、全然回りきれていないようです。

江戸前風なものが食べたくて、海老穴子天丼を選びました。1300円。

017DJ.jpg

てっぺんに骨せんべいが乗っていて、ちょっと嬉しいです。

つゆはかなり黒めの濃い口です。もう少し薄いほうが好みではありますが、久々に
味わう東京っぽさに、何だか心ときめきました。

018DJ.jpg

ふわふわとした食感で、さくさく感はありません。この辺りも、個人的な好みとは
ちょっと違うかな。カラッと揚がっているほうが好きです。

それでも1300円という価格を考えれば、なかなか良いです。店員さんの接客も心地よく、
くつろげる雰囲気でした。障子が破れているような気もしますけど

DSCN2019DJ.jpg

神保町界隈で天ぷらと言えば、やっぱり山の上ホテルが一番だと思いますが、軽く
10倍くらいのコストがかかります。しめにいただく天バラがとても好きなので、誰か
連れて行ってください。

食後は上島珈琲に移動してお茶をしました。上島珈琲、残念ながら熊本未出店です。
およそ2年ぶりにアイス黒糖ミルク珈琲をいただいて満足です。

コーヒーを片手に、桃尻さんがネットショップで販売している手作りの指輪を見せて
もらい、気に入ったものを少し購入したりもしました。

DSCN2022DJ.jpg

宣伝は好きではないので、さらっと紹介。桃尻さんのショップはこちらです。

翌日は月島でもんじゃをいただきました。もち明太チーズです。

DSCN2056DJ.jpg

東京生まれの人びとが語る、もんじゃ愛の強さってすごいなといつも思います。


DSCN2057DJ.jpg

部外者がおいそれと手を出せない雰囲気を感じます。

しかし如何せん短い滞在で、あまり食べ歩き出来なかったのが心残りです。次回行きたい
お店をストックしておくことにします。読んでくださってありがとうございました。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。3日に1度を目途に
更新する旅行記ブログです。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (0)
東南アジア (31)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (7)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (1)
中国 (41)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (10)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (21)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (24)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (7)
その他 (35)
旅のお仕事 (20)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR