2017-09

京都旅行記(2日目/離宮八幡宮・伊丹から熊本へ) - 2017.02.26 Sun

2016年11月の京都旅行2日目、そろそろ熊本へ戻る時間になりました。
関東から来た友人たちとはJR山崎駅でお別れです。

PB064270KSG.jpg

最後にひとりで駅前の「離宮八幡宮」へ参拝。
きっと昔は大きかったんだろうなと思うようなお宮さんです。

366KSG.jpg

大山崎界隈そのものが、昔はずいぶん栄えていたようですね。

天下分け目の天王山、山崎の街を初めてじっくり歩けて楽しかったです。

PB064274KSG.jpg

さて、そろそろ空港へ移動しましょう。

PB064273KSG.jpg

阪急とモノレールを乗り継いで、伊丹につきました。

368KSG.jpg

帰りのフライトは、プレミアムクラスを選んでいました。

これは最近ひとりでこっそり進行中の「いかに不惑を迎えるかプロジェクト」の
一環です。
40歳を迎えるにあたりやってみたいことや考えてみたいことが色々あるので、
ひとつずつこなしていこうと思っています。

PB064278KSG.jpg

ひとりで、そして自分の稼ぎでプレミアムクラスに乗ってみる、というのが
今回のミッション。

これはやってみて良かったです。

PB064279KSG.jpg

20代のころ、景気の良い男性に連れられてJALのファーストクラスラウンジに
入って、何だここはと驚いたものです。その後さらに搭乗したら、CAさんが
挨拶に来たりして更に度胆を抜かれたことを思い出します。

そういう時にスマートにふるまえる大人になりたいと思ったけれど、気付けば
もう40歳が見えて来ました。

例えばCAさんに上着を預けるのとかって、なんか気恥ずかしくないですか。

そういうのをさらっとできたら良いなと思うのです。

国内線のプレミアムクラスならば、ちょっとした差額で乗れることだし、
試しにひとりで利用してみることにしました。

PB064282KSG.jpg

ラウンジで休憩。日曜の夕方だけあって、そこそこ混雑していました。

携帯の充電などしながらのんびり過ごして、優先搭乗ぎりぎりに乗り込みました。

PB064288KSG.jpg

CAさんが挨拶に来て下さったところで、上着をあずけます。
どぎまぎしながらミッションコンプリート。

PB064289KSG.jpg

夜おそくに熊本に着くフライトだったので、食事が出るのも嬉しかったです。

PB064291KSG.jpg

祇園「にしかわ」のお弁当で、最後に京都の余韻にひたりました。

370KSG.jpg

総じて快適で便利なプレミアムクラス。今後も、たまには使ってみようと思います。

年に1度の京都旅行、満喫しました。2017年も、どこかで時間を取ろうかな。
いつも読んでくださってありがとうございます。





スポンサーサイト

京都旅行記(2日目/サントリー山崎蒸留所・椎尾神社)  - 2017.02.23 Thu

2016年11月の京都旅行2日目、大山崎散策の続きです。

348KSG.jpg

やっぱりここは外せないかなという事で、やってきました。

351KSG.jpg

サントリー山崎蒸留所。大好きなシングルモルトウイスキー「山崎」を
作っているところです。京都から大阪へ向かう電車からよく見えるやつ。

見学ツアーの予約はしていなかったので、自由に見て回れるゾーンだけ
うろうろしました。

ちなみに飛び入りでも空きがあればツアーに入れますが、団体さんと
かぶったりすると厳しいです。週末などは事前予約がベターのようですね。

PB064254KSG.jpg

建物内には小さなミュージアムと立ち飲みバーカウンターのほか、
ファクトリーショップがあります。

見学ツアーまでの時間つぶしに見ている人も多いようでした。

PB064256KSG.jpg

サントリーの広告関係、いつ見てもおしゃれです。

353KSG.jpg

ここもフォトジェニックですね。ウイスキーのボトルがずらり。

PB064258KSG.jpg

SNS映えするところが流行る昨今、ウケそうな雰囲気です。

355KSG.jpg

せっかくなので、バーで一杯。ほとんど飲んだ後の写真ですみません。

357KSG.jpg

最近はお酒にすっかり弱くなってしまったけれど、やっぱりおいしいです。

PB064261KSG.jpg

一杯だけいただいた後、ショップで夫へのお土産を購入。満足です。

そうそう今回の収穫は、蒸留所の裏手にある神社にお参りしたことです。

PB064268KSG.jpg

椎尾神社。

359KSG.jpg

並びには集落があり、近隣にお住まいのかたが普通に参拝にいらしている
ようでした。

361KSG.jpg

済んだ空気の静かな森。鳥のさえずる声が辺りに響いています。

362KSG.jpg

いいところでした。

360KSG.jpg

天王山の伏流水が湧いています。
「山崎」がおいしいのには、この水の果たす役目も大きいのでしょうね。

さて、旅の終わりが近づいてきました。そろそろ空港に向かいましょうか。

京都のはずれ、大山崎の話でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。




京都旅行記(2日目/宝積寺・ランチ難民・聴竹居)  - 2017.02.17 Fri

2016年11月の京都旅2日目、大山崎町の街歩きの続きです。

アサヒビール大山崎山荘美術館のあとは、近くのお寺さん「宝積寺」へ。

PB064236KSG.jpg

風情のある山寺です。宝寺とも言われています。

PB064228KSG.jpg

ぶれぶれの金剛力士。

PB064234KSG.jpg

法要が行われていたので、残念ながら御堂の中には入れませんでした。

334KSG.jpg

小ぶりな三重塔だったけれど、紅葉シーズンには映えますね。

337KSG.jpg

引き算の美という感じの色合い。

PB064230KSG.jpg

なんかかわいい。
適度に枯れた雰囲気で、ぎらぎらしていないお寺さん、なかなか良かったです。

拝観後は、天王山を下りていきます。

今回の大山崎観光は総じてとても良かったのですが、唯一の誤算がランチ。

駅近くにいくつかあるレストランや食事処が、どこも満席。

街に人がそれほどいないのに、食事ができる店はすべて入店待ちの状態でした。
観光客だけでなく、地元の人もいるということなのかな。

339KSG.jpg

あちこち回りましたが全滅。阪急の大山崎駅の高架下、パン屋さんのイートインで
簡単にいただきました。

京都のメロンパン。

PB064237KSG.jpg

大山崎に行く時はランチに要注意かもしれません。早めに入るほうが良いかな。

気を取り直して、モダニズム建築を見に行きましょう。

PB064243KSG.jpg

「聴竹居(ちょうちくきょ)」。

PB064244KSG.jpg

天王山の山裾にひっそりとたたずむ、昭和初期の建物です。

PB064246KSG.jpg

懐かしくてモダンで、いい雰囲気。

344aKSG.jpg

藤井厚二という建築家の自邸だった建物です。

346aKSG.jpg

ちなみに事前予約をすれば内部まで見学できるのだそうです。
出たとこ勝負の私たちは外観と庭だけ堪能。

森を抱いて、森に抱かれて建つ家です。こんな家に住んでみたい。

PB064247KSG.jpg

とても素敵なところでした。桜の季節も良さそうです。

堪能しました。そろそろ残り時間もわずかになってきたので、最後は
ベタにサントリーに行きましょう。

天王山の街、大山崎町の話でした。
いつも読んでくださってありがとうございます。






京都旅行記(2日目/アサヒビール大山崎山荘美術館)  - 2017.02.14 Tue

2016年11月の京都旅2日目、引き続き大山崎町の観光地をめぐります。

310KSG.jpg

天王山の山麓に、見どころが点在しています。

PB064210KSG.jpg

目指すは「アサヒビール大山崎山荘美術館」。

PB064211KSG.jpg

JR・阪急の駅前から無料のシャトルバスも出ていますが、山道が平気なら
歩くのも楽しいと思います。それなりに距離はあるので、季節にもよるかな。

PB064215KSG.jpg

ちらほらと紅葉しているので、楽しみながらアクセスできました。

316KSG.jpg

天王山のふもと、森に抱かれるようにひそやかに佇む美しい建物です。

PB064221KSG.jpg

大正から昭和初期にかけて建てられた「大山崎山荘」をベースに、安藤忠雄氏の
設計による展示棟を増築した美術館です。

残念ながら内部は撮影禁止。美しいところでした。

323KSG.jpg

思った以上に敷地は広大で、美術館の展示面積もなかなか広いという
印象でした。

PB064222KSG.jpg

もともとの山荘の持ち主とアサヒビールの初代社長に親交があったということで、
アサヒビールが受け継いだのだそうです。

イノシシ注意。

PB064218KSG.jpg

メインの建物のバルコニーから外を眺めることができます。正面が八幡市方面。
紅葉の向こうには、石清水八幡宮のある男山が見えました。

PB064224KSG.jpg

バルコニーと、隣接する洋室がカフェになっています。
のんびりお茶をするのも良さそうですね。

PB064225KSG.jpg

コレクションだけでなく、建物そのものや庭もあちこちが素敵です。

PB064227KSG.jpg

安藤忠雄氏設計の展示室では、クロード・モネの「睡蓮」などをゆっくりと鑑賞しました。

PB064223KSG.jpg

京都市内の混雑ぶりが嘘のような静けさです。大山崎町、穴場かもしれません。

「アサヒビール大山崎山荘美術館」の話でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。





京都旅行記(2日目/西倶をチェックアウト・大山崎町へ)  - 2017.02.11 Sat

2016年11月の京都旅、2日目です。曇り空でした。

PB064194KSG.jpg

意外と時間があったので、ひとりで宿の辺りを少しだけ散歩しました。

306KSG.jpg

レトロな銭湯なんかがあって、なかなか良い感じです。

PB064183KSG.jpg

京都っぽいです。メジャーな観光地とは違う、ふつうの京都。

ベタな観光地も楽しいけれど、何でもない街を歩くのもおもしろいですね。

PB064195KSG.jpg

宿に戻って朝食のパンをみんなでいただいた後、チェックアウトでした。

あらかじめ約束しておいた時間にオーナーが来られ、鍵の受け渡し。
そのまま車で京都駅まで送っていただきました。

はじめての町家ステイ、満喫してコンプリートです。

PB064198KSG.jpg

今回利用した「京町家 西倶」さんは、最近増えてきた京都の町家宿の中でも、
もはや古株という感じのお宿です。

民泊ブームだけれど、法律の整備も追い付いていない現状では、やっぱり私は
西倶さんのように旅館業法に則った許可を取って営業しているところがいいかな。

民泊に関する法律や制度が今後どうなるか、気になるところではありますね。



さて、2日目の観光。11月初旬、山なら紅葉狩りもできそうなタイミングです。
鞍馬や栂尾、高雄あたりのお寺さんでのんびり過ごそうかと思っていました。

それでも、1日目の街中の混雑ぶりを見て計画変更。

京都駅から東海道本線で移動です。大阪方面行きの普通列車に乗り約15分、
山崎駅で下車。

ここは京都の端、大山崎町です。大阪との境にあたります。

PB064199KSG.jpg

ホーム、ガラガラでした。これは人の少なさに期待できそう。

PB064200KSG.jpg

サントリーの山崎蒸溜所にだけは何度か来たことがあるけれど、他は
ほとんど知りません。一度ゆっくり歩いてみたいと思っていた街です。

JR山崎駅の目の前にあるのが「妙喜庵(みょうきあん)」というお寺さん。

千利休が残した国宝の茶室「待庵」がここにあります。

なんと2畳しかないという、狭小戸建の元祖みたいな建物ですが、ふらりと見学に
訪れることはできません。入口にはこんな案内書き。

PB064203KSG.jpg

待庵の見学は、往復はがきで1ヶ月以上前に申し込む必要があります。
アポなし訪問はもちろん、メールや電話での予約も不可です。

桂離宮あたりも昔はそんなシステムだったけれど、時勢に合わせてオンライン
申込ができるようになりました。それでも妙喜庵は一切の逃げ道なしのようです。

同窓会の案内すらも往復はがきでは来ない昨今、この方式はすごいですね。

私のように、生ぬるい気持ちで見てみたい人にはこちらがおすすめ。

PB064204KSG.jpg

「大山崎町歴史資料館」に原寸大の「待庵」のレプリカが展示されています。
JR山崎駅から徒歩6分、大人200円(2017年2月現在)。

写真がなくてすみません。想像より大きい建物だったのが意外でした。
2畳の茶室、とは言うものの、次の間があるので実質3畳あるんですね。

初めて歩く大山崎町、知らないことばかりでなかなか楽しめそうです。

いつも読んでくださってありがとうございます。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (9)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (3)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (22)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR