2017-11

ホテル宿泊記(コンフォートホテル中部国際空港) - 2016.12.17 Sat

2016年10月の帰省ついでに利用した「コンフォートホテル中部国際空港」の
写真をアップしておきましょう。その名のとおり、セントレア利用の前後泊に
ぴったりの宿です。

PA073905CHC.jpg

空港直結という意味では「中部国際空港セントレアホテル」がターミナルを
出て目の前にあるという素晴らしい立地ですが、その分宿泊料も高めです。

PA073907CHC.jpg

コンフォートホテルは、そこからフラットな通路を歩いてのアクセスです。
空港徒歩5分の表示です。雨風はしのげるし、段差もないので特に問題なし。
連休のタイミングでも割安感がありました。

PA073910CHC.jpg

複数の航空会社のクルーが定宿にしているらしく、パイロットやCAさんを
たくさん見かけました。

部屋の広さは充分。

PA073916CHC.jpg

大きなスーツケースを広げるスペースがある事は、エアポートホテルに
おいてはやっぱり重要。

PA073925CHC.jpg

最近珍しくなりつつある、カンカンに明るい会議室みたいな照明。

PA073931CHC.jpg

風情はありませんが、ビジネスユースで、がっつり書類を読み込みたい、
みたいな時にはいいかな。

PA073922CHC.jpg

水回りはごく普通のビジネス仕様。

PA073924CHC.jpg

特に問題はありませんでした。

PA073927CHC.jpg

冷蔵庫。空港ターミナルビルを出てすぐのコンビニで、飲み物を買って
来ると良いと思います。

PA073921CHC.jpg

ちなみにフロント脇に無料のドリンクベンダーがあるので、コーヒーなどは
ここを利用できて便利でした。

PA083945CHC.jpg

朝になりました。海側のお部屋からの眺望。

PA083935CHC.jpg

朝ごはん。1Fのカフェレストランでバフェです。

PA083939CHC.jpg

和洋いろいろ。高級感はないけれど、居心地良好でした。

PA083940CHC.jpg

レストランの近くにはフィットネスジムも。長距離フライトの前後など、
需要がありそうです。

PA083937CHC.jpg

コンフォートホテル中部国際空港の話でした。

PA073920CHC.jpg

いつも読んでくださってありがとうございます。







スポンサーサイト

ホテル宿泊記(天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本) - 2016.11.23 Wed

熊本のホテルのことをひとつ書いておきましょう。
「天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本」に、2016年の8月末に泊まった時の写真です。

P8243695DMK.jpg

4月の熊本地震の影響で4ヶ月以上も休業を余儀なくされていましたが、ようやく
再開するという知らせを聞き、久々に温泉に入りに行くことにしました。

P8253717DMK.jpg

会社帰りにそのまま歩いていける近さ、ふらりと寄って、泊まってしまいましょう。

ロビーにあるドリンクベンダー。チェックイン時に渡してくれるおしぼりなども含め、
こういうちょっとしたサービスが、このホテルのブランディングに一役買っているのかな。

P8243696DMK.jpg

暑い日だったこともあって、どちらもとても嬉しかったです。

全国津々浦々にあるドーミーインシリーズ、最大の特徴は天然温泉ですね。

P8243689DMK.jpg

小さいながらも露天風呂があるのが素敵。

P8243688DMK.jpg

開口部に面した内風呂に、サウナもあります。

P8243690DMK.jpg

そして15時から翌朝10時まで、深夜でも利用できるのが嬉しいところ。便利です。

P8243691DMK.jpg

もうひとつのドーミーイン名物は、夜鳴きそば。1階レストランで21:30~23:00までの時間、
宿泊者は無料でいただけます。半玉分くらいの量なので、何やかんやで完食します。

P8243705DMK.jpg

ちょっと懐かしい感じの、お醤油ベースの中華そば。たっぷりの海苔。

P8253713DMK.jpg

近所の居酒屋にでも行って軽く飲んで、ホテルの夜鳴きそばでしめる。
これがドーミーインに泊まる時の正しいお作法だと思います。

満足してお部屋に戻ります。宿泊フロアに着いて、エレベーターホール近くの自販機
コーナーに立寄ります。製氷機と電子レンジも置かれていました。

P8253715DMK.jpg

お部屋は決して広くはないけれど問題なし。ダブルルーム15平米。

P8243666DMK.jpg

デスク脇にTV。無料Wi-Fiも良好な使い心地でした。

P8243671DMK.jpg

館内着は作務衣。温泉や朝食会場にはこれを着て行ってOKです。

P8243676DMK.jpg

冷蔵庫は洗面台の下。

P8243674DMK.jpg

使いやすい水回り。洗面ボウルは小さ目ですが特に支障はなし。

P8243672DMK.jpg

お風呂は温泉大浴場を利用することを想定して、浴槽なしでシャワーブース
だけの作りにしているのも、合理的で良いと思います。

P8243679DMK.jpg

朝ごはんはパンやヨーグルトもありますが、和食の熊本名物が豊富でした。

P8253712DMK.jpg

辛子れんこん、だご汁に高菜めし。博多の明太子もあるので白ご飯も捨てがたい。

P8253710DMK.jpg

ごく近場でリフレッシュできた滞在でした。スタッフのかたの対応もいつも素晴らしいです。

ドーミーイン熊本の話でした。熊本にお越しの際は、選択肢のひとつにどうぞ。

いつも読んでくださってありがとうございます。






ホテル宿泊記(中部国際空港セントレアホテル) - 2015.11.07 Sat

帰省のついでに、一年ぶりに中部国際空港セントレアホテルを利用しました。

2015年10月です。昨年と変わり映えしませんが、写真をアップしておきましょう。

IMG_9259CRH.jpg

中部国際空港セントレアホテルは全221室、空港直結という立地が最大の魅力です。

仕事を終えて、熊本空港発の最終便で中部国際空港に着いたのが21:30のこと。

DSCN6018CRH.jpg

預入手荷物を受け取り、チェックインしたのは22時くらいだったと思います。

IMG_9261CRH.jpg

ダブルベッドの客室は32㎡。そこそこゆったりとした印象でした。

IMG_9272CRH.jpg

IMG_927ACRH.jpg

スタンダードツインも同じ広さです。カップルでの利用でスーツケースを二つ広げたい、と
いうような場合は、有効床面積の広いダブルベッドの客室をおすすめします。

IMG_9270CRH.jpg

航空機の離着陸に伴う騒音は、今回も特に感じませんでした。

DSCN6019CRH.jpg

総じて好きなホテルですが、夜遅くの到着の場合は食事に困るのが難点です。

21:30の到着の場合、空港のレストランはほぼ終わっています。
2階の到着ロビーにある刀削麺屋さんか、ホテル隣のカフェバーPRONTOの二択。

PRONTOに行ってみましたが、なんと入口に行列が出来ていました。
東方航空のCAさん達も、制服姿でキャリーケースを携えて並んでいます。

仕方なく隣のファミリーマートでお酒と食糧を調達し、お部屋で飲みました。
もう少し、夜遅い時間でも食事が出来る場所があると嬉しいです。

さて、ごはんも食べたし、お風呂にしましょう。安定の水回り。

IMG_9265CRH.jpg

IMG_9268CRH.jpg

IMG_9269CRH.jpg

IMG_9267CRH.jpg

洗い場のあるビューバスです。客室面積を考えれば、上出来の広さでしょう。

IMG_9266CRH.jpg



朝になりました。滑走路でドリームライナーがお仕事中。おつかれさまです。

DSCN6020CRH.jpg

朝食はロビー階の「レストラン コスモス」です。

DSCN6023CRH.jpg

高級感はありませんが、空港ビューが楽しく、けっこう好きです。

DSCN6024CRH.jpg

ついついやってしまう小倉トースト。

IMG_9278CRH.jpg

子どものころから見かけていたせいか、小倉トーストがとてつもなく奇異な食べ物の
ように語られるのが不思議です。あんぱんと大して変わらないですよね。

IMG_9275CRH.jpg

バフェでたっぷりいただきました。宿泊プランに含まれない場合も、朝食は1,620円で
利用することができるようです。

深夜に実家に着くよりは気楽で、のんびり過ごせました。

フライトの前後泊にはおすすめのホテルです。いつも読んでくださってありがとうございます。






ホテル宿泊記(ニューオータニ熊本) - 2015.02.17 Tue

再びごく近所のことで恐縮ですが、熊本のホテルの話です。
冬休みに「ニューオータニ熊本」に宿泊する機会があったので、レビューします。

018OTN.jpg

ニューオータニと言えば東京、紀尾井町ですね。



東京は素敵なホテルが多いけれど、ここのエグゼクティブフロア「禅」では本当に
素敵な時間を過ごすことが出来ます。お部屋やラウンジも完成度が高くて居心地が良いし、
何よりもスタッフの方々のホスピタリティが、滞在の満足度を大きく上げてくれます。

夏季のガーデンプールも、都心なのにリゾート感たっぷりで良い雰囲気です。

ブログを始めるずっと前に宿泊したので、写真が全然なくてすみません。

019OTN.jpg

さて、熊本のオータニです。どちらかというとオータニインに近いような、カジュアルな
ホテルではありますが、快適な滞在が出来ました。

スタッフの方々の接客の心地良さは、やっぱりオータニです。

場所はJR熊本駅から徒歩1分の近さです。早朝や深夜の新幹線利用などには、とても
便利な立地です。

ただし熊本の中心市街地は、駅から離れています。ホテルから歩ける範囲で馬刺しを
つまみに一杯やりたい、みたいな旅ならば、以前ご紹介したホテルキャッスルやホテル
日航のほうが良いかなと思います。

005OTN.jpg

宿泊したお部屋の広さは24.5㎡、駅前ならこんなものかな。

006OTN.jpg

私は近所なので身軽に行きましたが、大きなスーツケースを広げるには狭いかもしれません。

012OTN.jpg

ベッドはハリウッドツインでした。幅100CMです。

004OTN.jpg

年末年始の繁忙期でお部屋を選べるほど残っていなかったのですが、普通のツインの
客室ももちろんあります。ラージツインなら35㎡、ベッドも幅130CMになるようです。

窓からはJR熊本駅が見えました。丸くて平べったい屋根の下は、市電乗り場です。

008OTN.jpg

深夜になり終電の時刻を過ぎると、こんな感じです。

015OTN.jpg

水回りもごく平均的な作りです。ロープを張ってものを干すことも可能でした。

010OTN.jpg

こう見ると古いけれど、手入れが行き届いていているので全く問題はありません。

009OTN.jpg

朝食は1階のレストラン「フォンタナ・ディ・オータニ」でビュッフェ形式でした。
なかなか混雑していたので、さくっと取って済ませました。

022OTN.jpg

と言いつつ、オムレツまで作っていただいたようですね。

023OTN.jpg

レセプションやお部屋係のスタッフの方たちの接客が、とても良かったです。
お部屋についてちょっと面倒なお願いをした事にも、快く対応して下さいました。


熊本を訪れる方は、選択肢のひとつとして参考にしていただければと思います。

いつも読んでくださってありがとうございます。


 

ホテル宿泊記(熊本ホテルキャッスル・桃花源・九曜杏)  - 2014.12.12 Fri

熊本ホテルキャッスル宿泊記、続きです。

今回は完全に地元なので、観光などに出かける予定はありません。
めいっぱいホテルステイを楽しむことにしましょう。おこもりします。

夕食は地下にある四川料理のレストラン「桃花源」に行ってみました。

027CSL.jpg

ホテルキャッスルは、料理がおいしいことで評判です。

最近では日航ホテルのほうが格上という評価もなされているようですが、バンケット
ではキャッスルにも根強い人気があるのだそうです。
料理の美味しさが決め手で、ここで結婚披露宴を開いた、という知人もいました。

まずは青島ビール。

028CSL.jpg


食事はコースをいただきましたが、ちゃんと写真を撮らなかったようです。

037CSL.jpg

美しい前菜盛り合わせ。奥のゼリー寄せ、気に入りました。

036CSL.jpg

エビチリ。はじけるような歯応えとシャキシャキの野菜で美味しくいただきました。

038CSL.jpg

イカと野菜の炒め物かな。シンプルな塩味だけど滋味深い味わい。

029CSL.jpg

デザートまでしっかりいただいたようです。

この後は前回の記事で書いたお部屋に戻り、ライトアップされたお城など眺めながら
飲み直しました。繁華街も近いので、もちろん外に飲みに行くことも出来ます。

030CSL.jpg

それほど大きくはないけれど、寝心地の良いベッドでたっぷり眠りました。



さわやかな朝です。宿泊客の国旗が飾られているというエントランスが見えました。

DSCN2558CSL.jpg

朝食は1階のレストラン「九曜杏(くようあん)」です。

044CSL.jpg

入口には加藤清正モデル(?)の兜が鎮座していました。漂う熊本感。
これをかぶった状態でおじぎとかしたら、大変なことになりませんか。

043CSL.jpg


和定食と洋定食をひとつずつ取りました。

042CSL.jpg

ごく一般的なアメリカンブレイクファストも選べますが、ちょっと珍しいなと思いサンドイッチの
セットにしてみました。昭和っぽさにキュンとなります。

和定食は白ご飯もありますが、おかゆを選びました。

039CSL.jpg

やさしめの味付けで朝にちょうど良い感じです。遠方から旅行で訪れる人には、もう少し
郷土色があっても良いのかな。

でもどちらもとても美味しかったです。

部屋に戻って少し休んで、チェックアウトの時間までのんびり過ごしました。
ものすごく近場ながら、不思議なほどリフレッシュできる滞在でした。満足です。

008CSL.jpg


いつも読んでくださってありがとうございます。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新は木曜・日曜の週2回。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
東南アジア (32)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (1)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (16)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
中国 (47)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (16)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (47)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (6)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (24)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
日帰り小旅行 (125)
旅に出たくなる本と映画 (25)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (37)
旅のお仕事 (23)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR