2017-07

北海道旅行記(3日目/中島公園・豊平館・道立文学館) - 2013.08.29 Thu

初めての北海道旅行も3日目、あっという間に東京に戻る日が来ました。

今日は行きたいところが違ったので、先輩たちとは別行動です。

チェックアウトして荷物を預け、近所を散策しました。この日もさわやかな気候でした。

市電のある街に行ったら、とりあえず乗ることにしています。
目的地は中島公園方面、地下鉄もありますが、やっぱり市電に乗りましょう。

IMG_8500.jpg

ことこと走ります。「中島公園通」電停で下車しました。

中島公園内を歩いて文学館を目指します。
ゆったりと広くて気持ちの良い公園です。日ざしもほどよく、散歩日和です。

何だかきれいな建物が見えた、と思ったら豊平館でした。

IMG_8324.jpg


もともとホテルだったという洋館は、気品があります。

建物前の広場はオープンカフェになっています。ちょっとお茶でも、と思い席に
着いたのですが、気になるメニューがあったので早めのランチにしました。

IMG_4258.jpg


ホワイトカレーです。蟹と帆立のサイズ感が半端ないです。
カレーそのものはあっさり目ですが、ほどよくスパイスも効いておいしかったです。

札幌市の観光サイトによると、豊平館は2012年から4年ほど、耐震工事のため休館中のようですね。

おなかを満たした後、公園内をさらに歩いて北海道立文学館へ向かいました。

北海道に来たからには、アイヌユーカラに関するものが見たかったのです。

知里幸恵の「アイヌ神揺集」は名著ですね。大好きです。
と言ってもそんなに語れるほど、造詣が深い訳ではないのですが。

アイヌ神謡集

アイヌ神謡集
価格:567円(税込、送料別)



ちなみにこの本、岩波文庫で赤ラベルなので「外国文学」のカテゴリなんですね。

アイヌの文学は「日本文学」には入らない。

政治的、行政的には、現在アイヌは無理やり日本に入っているけれど、文化や歴史を
考えると、全然日本では無いのかもしれません。
そうなると沖縄の「おもろそうし」は日本文学で良いのかしら。

簡単には答えが出なさそうなので、展示を見ましょう。

常設展は400円です。知里幸恵のほかにもアイヌ文学の展示がありました。

北海道が舞台の文学作品、北海道出身の作家に関する資料もたくさんあります。
伊藤整や亀井勝一郎が北海道出身とは知りませんでした。

日曜のお昼時、館内は貸切状態でした。ゆっくり見られて良かったです。

先輩たちと合流し、いよいよ帰路に着きました。JRで新千歳空港へ向かいます。

彼女らはサッポロファクトリーに行ってきたとのことでした。それもなかなか楽しそう。

chitose.jpg


新千歳空港でおいしい味噌ラーメンを食べて、今回の旅は終了です。

ramen.jpg

札幌付近だけで二泊三日、北海道は本当に広いです。

その後函館を訪れる機会にも恵まれたけれど、まだまだ未踏の地です。
洞爺や知床、礼文島などにもいつか行きたいと思っています。

読んでくださってありがとうございました。



旅ポケドットコム





スポンサーサイト

北海道旅行記(2日目/柿崎商店・ニッカウヰスキー・小樽) - 2013.08.29 Thu

もう2年も前の北海道旅行のことをぽつぽつ思い出しながら書いています。

二日目は余市と小樽の観光です。バスもありますがJRで向かいました。
小樽で乗り換えです。

小樽から先は列車の本数も減るので、時刻表を確認してから出かけると良いと思います。


IMG_9802.jpg


札幌よりも小樽よりも余市にひかれて、今回の旅行を計画しました。
6月は積丹の雲丹も解禁。ニッカウヰスキーの蒸留所も魅力的です。

札幌駅を出てから1時間ほどで、余市駅に着きました。
なんだかとても遠くに来たような気分になれる、素敵なところでした。

どう考えてもランチは雲丹です。JR余市駅を出て徒歩1分の有名店、柿崎商店さんへ行きました。

IMG_4247.jpg

到着したのは土曜の11時過ぎ、すでに数人待ちでした。回転は早いです。

レジで注文しお会計を済ませたのち、席に案内されるシステムです。

さて、丼が来ました。

uni.jpg


自分史上最高のウニ丼でした。香り、食感、風味。おいしいです。

まぐろの赤身丼、鮭といくらの親子丼は1000円前後。
雲丹は時価、3種類ほどから選べました。写真の丼で2500円くらいだったかな。

3人で行ったので、3種類頼んでトッピング部分をシェアし、謎の海鮮丼のような状態で
いただきました。少しお行儀は悪いですが、大衆的なお店なのでつい。どれも美味でした。


食べ終わった12時頃には数十人待ちの大行列でした。車で来る人も多いようです。

その後は歩いてニッカウヰスキー余市蒸留所へ行きました。
柿崎商店さんから徒歩2分ほどの近さです。

IMG_7646.jpg


IMG_3122.jpg


蒸留所、というものが好きです。

サントリーの「山崎」が好きで、山崎蒸留所もとても好きです。
白州蒸留所も素敵なところだったので、ニッカにも行ってみたいなと思っていました。

ビール工場も楽しいけれど、ウィスキーの蒸留所のほうがずっと好きです。
「工場」というだけあって、ビールは完全に工業製品の様相なんですよね。

もちろんそれは悪いことではないし、そのおかげで安くおいしいビールを安定して
供給されるのだけれど、でも何と言ったら良いのかしら。

ウイスキーの蒸留所は、時間の流れ方が違います。

カスクが10年単位でごろごろ眠っている貯蔵庫。辺りに立ち込める、ふくよかな香り。

IMG_0747.jpg


余市蒸留所は登録有形文化財に指定されているだけあって、趣があって美しい所でした。

IMG_4467.jpg


ポットスチルに注連縄が巻かれているのも興味深いものでした。

IMG_9055.jpg


見学はフリーでも可ですし、ガイドさんに案内していただくことも出来ます。
どちらも無料で、試飲もできます。私たちはガイドさんの案内で見学しました。

試飲では余市、竹鶴、アップルワインがいただけます。さんざんウイスキーについて
語っておきながら、アップルワインも気に入りました。あまり市販されていないのが残念です。

併設されているショップでは関連商品やお酒を買うことができます。蒸留所ならではの
シングルカスクのウィスキーを1本と、おつまみになりそうなチョコレートをひとつ購入しました。

その後は再びJRで小樽へ移動しました。
運河や北一硝子などを観光しましたが、写真が残っていません。あんまり興味なかったのかな。
激しいにわか雨が来て、海沿いのためか風も強く、写真が撮れないほどでした。
少し肌寒かったです。

雨が止んだ後の夕景が、かろうじて1枚。

otaru.jpg


実物はもっと素敵だった気がします。小樽の人すみません。

夕食は海猫屋さんへ。雰囲気があって居心地の良いお店でした。

umineko.jpg


カニのトマトクリームパスタがおいしかったです。タコのカルパッチョも食べたかな?
お酒はビールにワイン、レモンチェッロなんかもあり、楽しめます。

食後はミーハー心たっぷりにルタオのお菓子を買って、再び列車で札幌へ。
満喫した1日でした。





北海道旅行記(1日目/時計台・JRタワー展望室) - 2013.08.28 Wed

初めて北海道に旅行に行ったのは2011年6月上旬のことです。
30歳を過ぎても北海道は未踏の地でした。

寒いの?おいしいの?広いの?時計台はがっかりなの?確かめに行ってみたい。

よく遊んでもらっている先輩は、北海道大好きでよく行っているとのこと。
私も行ってみたいな、の一言で、一緒に札幌エリアに旅行できることになりました。
6月はぼちぼち安く、観光も楽しめるシーズンなのだそうです。

女3人でANAの羽田-新千歳便に乗り込みました。
フライトは1時間半ほどです。空港からはJRで札幌駅へ向かいました。

気候はとても爽やかです。この日は、東京で言うとGWごろの感じでした。

GetAttachment.jpg

札幌駅近くでスープカレーをいただきました。ミーハー心も適度に満たされます。

ホテルはモントレエーデルホフ札幌でした。パッケージツアーを利用すると安いです。



他には札幌パークホテル、クロスホテル札幌、JRタワーホテル日航札幌 、
札幌グランドホテルも検討しました。

札幌駅からのアクセスの良さとコストでモントレエーデルホフを選びました。
JR札幌駅からカートを引いて歩いて行けたし、ビル内にはセイコーマートもあります。
雪の季節でなければ、立地は悪くないと思います。

ホテルに荷物を預け、市内観光に向かいました。

旧道庁

旧道庁


時計台

時計台


日本3大がっかりの呼び声高い、札幌の時計台です。
一体どんなにかがっかりなんだろうと期待して向かったのに、あれっ、という感じでした。

何て言ったらいいのかしら。そこそこかっこよくて、レトロで素敵でした。
もっともっと、がっかりしたかった。ある意味、逆にがっかりかもしれん。残念です。

その後は札幌駅に戻り、JRタワー展望室へ上がってみました。

360°の眺望がのぞめ、カフェもあります。夕景から夜景に変わるまで1時間半ほど、
ゆっくり過ごしました。

夕景

yukei.jpg


夜景

IMG_1904.jpg

きれいでした。テレビ塔がちっさくて良い感じです。

その後、すすきの方面に向かう途中に見たテレビ塔は、こんな感じになっていました。

TVtower.jpg


その後は色々おいしいものを食べたり飲んだり飲んだり飲んだりして
写真を撮るのも忘れていました。

日付が変わったころにホテルへ戻りました。翌日へ続きます。



旅ポケドットコム





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。3日に1度を目途に
更新する旅行記ブログです。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (0)
東南アジア (31)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
ヨーロッパ (43)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
台湾 (7)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (1)
中国 (41)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周荘 (10)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (41)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
沖縄 (38)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (36)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
国内その他 (21)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
日帰り小旅行 (124)
旅に出たくなる本と映画 (24)
帰省 (11)
ホテル (9)
温泉 (7)
その他 (35)
旅のお仕事 (20)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR