FC2ブログ

2020-03

台湾旅行記(台中ちらっと観光・宮原眼科・彩虹眷村) - 2019.06.27 Thu

2018年11月の台湾あちこち旅、台中の話です。

IMG_9012hl.jpg

レイクリゾート日月潭へのアクセスは、台中から車を使いました、というのを
前回ちらっと書きました。その前後、台中でうろうろした時の写真たちです。

IMG_2540hl.jpg

日月潭から台中へ戻るのに使ったのはバス。長距離バスなので、乗っていれば
着く感じです。「水社遊客中心」のバスターミナルでチケットを買って乗り込みます。

乗り心地はふつう。場合によってはめっちゃ寒いこともあるらしいですね。

IMG_9017hl.jpg


台中ではやっぱり外せないのが宮原眼科。
インスタ女子に紛れてアイスクリームを食べました。

IMG_9019hl.jpg

日本語のメニューをくれるので、チェックして渡せばOKです。

リアルに食べきれる量はこのくらいなのだけど↓

IMG_9023hl.jpg

ビジュアル的にはこのくらい欲しいのかも↓

IMG_9021hl.jpg

アイスクリーム3つにスペシャルトッピング、というのを選ぶとこうなるらしい。

そしてもうひとつ台中のメジャー観光地と言えばここ、「彩虹眷村(Rainbow village)」。

IMG_2472hl.jpg

黄さんという香港出身のおじいちゃんが描いた壁画たち。

IMG_8878hl.jpg

再開発で取り壊される運命だった古い建物たちにたっぷり絵を描いたことで
有名な観光地になり、そのまま保存されているのだそうです。

IMG_8879hl.jpg

楽しいですね。ちなみにめっちゃ混んでました。

IMG_8877hl.jpg

雰囲気的には賑わっていても良いけれど、人が映り込みがちなので写真の難易度高め。

【彩虹眷村(Rainbow village)】



ほかには中国寺院の雰囲気たっぷりの「南天宮」も良いです。ここはガラガラ。

IMG_2546hla.jpg

「南天宮」の中国語発音が下手すぎたらしく、タクシーでさっぱり通じませんでした。
必殺筆談で乗り切ったけれど、やっぱり発音難しいなあ。

IMG_9016hl.jpg

もう少し話せるようになりたい、と今回も思うことしきりでした。

IMG_2544hl.jpg

辰野金吾系の旧台中駅舎なんかもあります。1917年、日本統治時代のもの。

駆け足の台中、なかなか楽しかったです。
台中の話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト



台湾旅行記(日月潭・ローレルヴィラ) - 2019.06.20 Thu

2018年11月の台湾旅行、中部のレイクリゾートである「日月潭」の話です。
にちげつたん、と読みます。ライター仲間7人で出かけました。

IMG 2508lv

台中からバス、あるいは車をチャーターして行くのが一般的かな。
1時間半くらいで着きました。

IMG_2501lv.jpg

標高がやや高めのレイクリゾートで、台湾の人にとっても行楽地のようです。
ボートもけっこう混んでいました。

宿は水車埠頭の近くに建つ「桂月村」という小さなホテル。
Laurel Villa B&B(ローレルヴィラ)とも言い、エクスペディアで予約しました。

IMG_2518lv.jpg

おかみさんは日本語がめちゃくちゃ流暢。
オーナーやそのお母さん?は日本語は不可なので、英語や中国語で
コミュニケーションを取る感じです。

IMG_2502lv.jpg

タオルアートが可愛い。ゆったりしていて快適でした。

IMG_2505lv.jpg

水回りも広々。トイレは東南アジア・南アジアっぽいシャワーつきでした。

IMG_2503lv.jpg

ドライヤーの袋に突然ファンシー感を入れてくるあたり、台湾っぽくて好きです。

そうそう日月潭と言えば、高級ホテルフリークならば「ラルー」を連想するかな。

一応ちらっと調べたけど、ルームチャージで5万は下らないので今回は見送り。
アフタヌーンティーだけでもと思いきや、直前の電話では満席でアウトでした。

IMG_8913lv.jpg

入口だけ見学してきました。おしゃれか。いつかリベンジしたいな。

さて、ローレルヴィラのお楽しみは早朝サイクリングのアクティビティ。
宿のオーナーが湖を周囲のサイクリングロードへ連れて行ってくれます。
IMG_8999lv.jpg

レンタサイクル屋さんで100元(2018年11月のレートで400円弱かな)だけ払って
自転車を借りる実費が必要ですが、アクティビティそのものは無料。

IMG_9001lv.jpg

この日は雲が多くてイマイチ、とオーナーは言っていたけれど、神秘的な朝もやも
悪くなかったかな。

IMG_2525lv.jpg

ラルー島も見えました。

IMG_8984lv.jpg

ところどころ、止まって休憩したり写真を撮ったり。

IMG_8917lv.jpg

薄手のウインドブレーカーを着てちょうど良いくらいの気候でした。

IMG_2536lv.jpg

日によってはきれいな朝焼けが見えたりもするらしい。

自転車を返してホテルへ戻ると、1階で朝食の支度ができていました。

IMG_9004lv.jpg

ロビー周りのスペースだけでなく、庭のテーブルも使えます。

IMG_9005lv.jpg

こじんまりしたスペースだけど、センスがあって味も良い。すてきな朝ごはんでした。

IMG_9006lv.jpg

日月潭は紅茶の産地なので、コーヒー派の人も紅茶を試すと良いかも。


【Laurel Villa B&B】




日月潭には1泊して、翌日午前中に台中へ戻りました。
のんびり過ごすと楽しいところです。サイクリングは自分で自転車を借りて好きな
時に回るのも良いかも。

IMG_9009lv.jpg

水社埠頭の界隈には、リゾートホテルのほかにちいさな市街地もあります。
飲食店やお土産屋さん、ゲストハウスが並んでいます。

日月潭の話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。






関連記事

台湾旅行記(タロコ渓谷・太魯閣国家公園) - 2019.06.13 Thu

2018年11月の台湾旅行記です。

いつからか、何となく自分の旅テーマのひとつとして「大きな自然災害のあった
土地にこそ、のんきに観光に出かける」というのがあります。

IMG_8787hl.jpg

もちろん落ち着いてから、というのが前提だけど、深刻ぶらずに素直に
その土地を楽しみに行くのです。

2018年2月の「花蓮地震」以降、台湾東部はずいぶん観光客が減っていると聞き、
さらに地震の影響もあったと言われるタロコ渓谷へ行ってみることにしました。

IMG_8749hl.jpg

タロコツアーは花蓮から行く人気のアクティビティなので、ツアー会社にお願い
することもできるけれど、今回はツアーではなく車をチャーターして回って
もらいました。出発地点や交通事情にもよるけれど、花蓮市内から1時間くらいかな。

タロコ渓谷、タロコ峡谷とも言いますね。
太魯閣国家公園という、日本で言う国立公園にようなものに指定されています。

IMG_8762hl.jpg

獅子のかわいさと渓谷美

IMG_8768hl.jpg

川沿いの散策路

IMG_8767hl.jpg

天然のトンネル!

IMG_8775hl.jpg

すごい透明度です。もとは色々な少数民族(原住民)が住んでいたようです。

IMG_8778hl.jpg

石を渡っていく野生の猿の親子が見えました。全然写せてないけど。

IMG_8807hl.jpg

2018年11月現在では、一部落石で通れなくなっている道もありました。

それでも迂回路が整備されているので、主だった景勝地へ行く分には、特に
支障はなかったように思います。

このあたりが一番有名かな。「燕子口」という場所です。

IMG_8810hl.jpg

この辺りはヘルメット着用が義務らしく、ドライバーさんがトランクからヘルメットを
取り出して手渡してくれました。

ガイドツアーや私たちのようにカーチャーターで行く場合は、安全なルートを
選んでもらえるし、ヘルメットも用意されます。

IMG_8799hl.jpg

完全に個人で回るというようなケースでは、まずビジターセンターへ行って情報収集
するのも良いかもしれません。

IMG_2423hl.jpg

そんな訳で、ある程度注意すべきところもあるけれど、美しい渓谷美を眺めに、
ゆっくり出かけたいところです。

ここが終着点「天祥」。お寺さんのほか、お土産屋さんやレストランもあります。

IMG_2442hl.jpg

移動中はあいにく雨だったので今ひとつだけど、花蓮からタロコへ行く途中には
海沿いの美しい景勝地も色々あるようです。

IMG_8740hl.jpg

全然伝わらない写真ですみません。

【タロコ渓谷、太魯閣国家公園】



タロコ渓谷の話でした。いつも読んでくださってありがとうございます。





関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

さえ

Author:さえ
ようこそ。旅行記ブログです。
更新頻度は週に1度、木曜が目安です。
九州在住/1970年代生まれ/
事務仕事/兼業ライター/
時々主婦です。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ

未分類 (1)
南アジア (1)
2019年5月カトマンズ (1)
東南アジア (44)
2010年7月ホイアン (3)
2011年7月チェンマイ (8)
2011年9月サイゴン (5)
2014年7月クラビ (15)
2017年9月ビエンチャン (13)
2019年2月シンガポール (0)
ヨーロッパ (54)
2012年8月フィンランド・エストニア (20)
2016年6月ウラジオストク (23)
2018年5月パリ (11)
台湾 (20)
2013年2月台北 (6)
2017年5月高雄 (10)
2018年11月花蓮・台北・日月潭 (4)
中国・香港・マカオ (56)
2011年6月無錫 (2)
2013年12月上海 (13)
2015年7月上海・蘇州 (16)
2017年3月蘇州・周庄 (16)
2018年1月香港・マカオ (9)
2018年5月蘇州・周庄 (0)
韓国 (18)
2013年9月プサン (5)
2014年5月プサン (13)
九州 (51)
2015年1月宮崎 (6)
2015年2月鹿児島 (7)
2015年7月上天草 (7)
2015年12月別府 (8)
2016年4月鹿児島 (5)
2016年7月ハウステンボス (4)
2016年12月博多 (4)
2017年7月長崎 (8)
2018年12月奄美大島 (0)
2019年1月大分 (2)
沖縄 (41)
2015年1月沖縄 (12)
2016年1月沖縄 (11)
2017年1月宮古島 (15)
2017年12月沖縄 (3)
東京 (12)
2013年8月東京 (1)
2014年6月東京 (6)
2016年12月東京 (5)
京都 (41)
2012年12月京都 (1)
2013年5月京都 (1)
2014年2月京都 (13)
2015年4月京都 (11)
2016年11月京都 (10)
2017年9月京都 (5)
国内その他 (26)
2010年2月和歌山 (1)
2011年6月札幌・小樽・余市 (3)
2014年10月伊勢・岐阜 (11)
2015年10月神戸 (6)
2017年4月大阪・奈良 (3)
2018年10月群馬 (2)
日帰り小旅行 (129)
旅に出たくなる本と映画 (28)
帰省 (12)
ホテル (9)
温泉 (8)
その他 (49)
旅のお仕事 (38)
【番外】熊本地震 (6)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

PR